山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ファッション考察

パンクファッションが格好良いのは「必然性」があるから。

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、パンクファッションの生みの親として広く知られています。そのクリエイションのルーツは、彼女の生い立ちにありました。

ラフ・シモンズのクリエイションのルーツは、東京の男子高校生だった。

1990年代、初期のラフ・シモンズのクリエイションのルーツに、東京の高校生たちの服装があったことを知り、僕は非常に驚きました。

1986年にリーバイスが生み出した「ドッカーズ」のスラックスがアメリカ人の必需品となった歴史的背景。

ジーンズ需要が冷え込む中、リーバイスが見出したのは、ベビーブーマーに向けての、オフィスカジュアルとしてのスラックスという空白市場です。

世界のファッションを制した「裏原系」は、「黒の衝撃」を超えるセカンドインパクトなのかもしれない。

1990年代のブームのときはファッション界が「認めてくれなかった」裏原系。 ですが、2000年代からNIGO®氏らの活動に影響を受けた世界中の裏原系チルドレンたちが、ファッションのメインストリートで大活躍するようになります。

往年のDCブランド「パパス」に、今僕がとっても惹かれている理由。

僕がパパスに惹かれるポイントだと思うのが以下の3つのキーワード。 ・トラディショナルだけどカジュアル ・袖を通すといい感じに力が抜けた雰囲気 ・ものすごく上等な生地を使っている

最近、体のラインが出るインナーを着ている若い女性が増えている理由を、真面目に考察してみました。

去年あたりから気になっていたのが、体のラインを見せるインナーを着ている女性が非常に多くなっている、ということです。今回はその理由を、最近のファッションの傾向を踏まえて自分なりに真面目に考察してみました。

安室奈美恵が火付け役。日本のメンズY2Kブランド「バーバーリーブラックレーベル」はネクストヴィンテージになるか?

バーバリーブラックレーベルは三陽商会が展開していたバーバリーのライセンスブランド。日本企業ならではの絶妙なバーバリーチェックのアレンジが特徴的です。

『りぼん』の表紙を飾り、全国の小中学生の憧れとなった「地雷系ファッション」の系譜。

1990年代に原宿のファッションフリークに愛されたロリータ・ゴスロリは、2010年代には新宿歌舞伎町の不良の象徴となり、2020年代の今は全国の小中学生の憧れのファッションとなっています。

【下北沢流行通信】若者に圧倒的人気のスウェットの次に、トラックジャケットが流行るかもしれない3つの理由。

下北沢で着用している人が目立つようになったトラックジャケット。これまで人気だったスウェットに代わり、流行するのではないかと考えています。

今の気分にぴったりの1992年の木村拓哉と、3年後に流行るかもしれない1995年の木村拓哉。

今から3年後の2025年には、1995年の木村拓哉さんのようなセクシーファッションが台頭している可能性も、十分あると思います。

【英国王室御用達】チャールズ3世からロイヤルワラントを与えられた、23のファッション系ブランド。

新しい英国王となったチャールズ3世がロイヤルワラントを与えた182ブランドの中から、「クロージング&アクセサリーズ」つまりファッション関係の23ブランドをピックアップしてご紹介します。

あなたの知らない「チープアシックス」の世界。

チープアシックスは、低価格が故にデザイン的な要素は必要最低限に抑えられています。とはいえ、スニーカーに求められる「歩く」「走る」ための機能性は十二分に備えているのも特徴です。

チャールズ3世が生み出したファッションの価値観。スーツも革靴も50年以上愛用し、破れたらパッチを当てて着る。

チャールズパッチとは、チャールズ3世が着用している革靴に当てられたパッチのこと。チャールズ3世が着用している革靴屈曲部の側面にパッチが当てられています。

Tシャツタックイン率を下北沢でガチ調査してわかった、若者の「普通」の着こなし。

下北沢駅前で調査した、20代の男女のTシャツタックイン率は39%でした。

あいみょん、トラヴィス・スコット着用。Y2Kジーンズブランド、ディーゼルが大復活。

トラヴィス・スコットとあいみょんという、ファッショシーンに大きな影響力を持つミュージシャン2人がディーゼルを着用しているようです。

2022年は「Tシャツタックイン」元年!30年振りに到来した「Tシャツタックイン」時代はいつまで続く?

1978年のPOPEYEではTシャツタックインが当たり前の着こなしのようでした。1992年が仮にTシャツタックアウト元年だとすると、1992年から2022年までがTシャツタックアウト時代と言えるでしょう。

【下北沢流行通信】モテ系男子の新定番ファッション?ロック系黒Tシャツをジーンズにタックイン。

ロック系黒Tシャツジーンズタックインの服装は、下北沢で観察していると、リア充と言いますか、陽キャと言いますか、女の子にモテそうな雰囲気の男の子がよく着ているような気がします。

世界中で人気!”ウエスト折り返しディッキーズ”が大流行すると予想する、とてもシンプルな理由。

現在、世界的に流行している”ウエスト折り返しディッキーズ”。僕は今後日本で更に大流行するのではないかと予想しています。

帽子を被ると具体的にどれくらい涼しくて、日焼け防止になるのか、調べてみました。

何もしない場合に比べて、帽子を着用すると約3度涼しくなり、紫外線量は約10分の1になることがわかりました。

小松菜奈、在原みゆ紀着用。高騰中のデサントアディダスの人気の秘密と、まだ手頃に買える穴場ショップ。

小松菜奈さんや在原みゆ紀などの著名人が着用して人気が高まっているデサントアディダスですが、まだ手頃な価格で購入可能な古着屋さんもあります。

夏にリネン素材のシャツを着ると気持ちが良いのには、こんな科学的な理由がありました。

リネンシャツはコットンTシャツの、5分の1くらいの時間で乾くので、汗に濡れた服が不快な僕にとって夏場に着ると最も気持ちが良い服です。

令和のオシャレ、「Tシャツタックイン」は44年前もオシャレだった。【1978年 POPEYE】

今や若者の間ではスタンダードになった、Tシャツのタックイン。44年前の1978年のPOPEYEでは、今の若者の服装とそっくりとバランスの、タックインスタイルが主流でした。

昔の服は高かった?1996年POPEYEの「安い服」特集を検証してわかった、90年代の価値観。

”賢く、安くオシャレする。”という特集の1996年9月10日号のPOPEYEで、昔の服が高かったのかどうか検証してみました。

「油ギッシュなオジサン」=オシャレ、という時代がもう少しでやって来る?

「ツヤ髪」が人気の昨今。40代向けメンズファッション誌UOMOで、オイルを使う整髪が提案されていました。

2022年は古着ブームの終わりの始まりなのか。

今後、古着の人気はどうなっていくのでしょうか。僕は今回の古着ブームで、どれだけ多くの人に古着の魅力が伝わっているかが鍵になると思っています。

ユニクロがメジャーになる前は、「普通の人」はどこで服を買っていたのか?

手頃な価格で、つくりも良く、デザインもそこそこ。そんなユニクロが一般的になるまでは、「普通の人」はどこで服を買っていたのか?

たった1枚のシャツが教えてくれた、田中啓一の創造性と川久保玲の革新性。

縮絨をファッションデザインに取り入れた川久保玲の革新性。 その革新性を取り入れつつ、大人が着て恥ずかしくない服を作り出す田中啓一の創造性。

【下北沢流行通信】エアフォースワン、フィラに続く、ネクストトレンドシューズが見えたかも。

下北沢ではナイキのエアフォースワン、フィラのスニーカーの次に、ドクターマーチンやローファーといったレザーシューズの人気が高まっています。

【下北沢流行通信】東京一のファッションの発信地、下北沢の最新の若者ファッションをご紹介します。

現時点で下北沢は東京一のファッションの発信地。新企画【下北沢流行通信】を立ち上げ、僕が下北沢で見つけた新しい若者ファッションをご紹介してみることにしました。

毛玉取りブラシでニットの毛玉取ってみたら、服のメンテナンスが生む価値に気付かされた。

「洗濯塾の毛玉取りブラシ」は少し手間がかかるものの、スッキリと毛玉が取れます。