山田耕史のファッションブログ

ファッションをもっと楽しく、もっと自由に。

ファッション考察

10年前のファッションが最もダサく、20年前のファッションが最も新鮮に感じる説。

マルイの通販カタログ、メンズヴォイの2007年号を起点に、どの時代のファッションが今の感覚で「アリ」「ナシ」なのか分析してみました。

「鬼ダサ」ファッションの発信源を追跡してみた。

約10年前、2010年の女性のファッションが「鬼ダサ」であるというツイートに共感のリプライが多数寄せれられていました。何故「鬼ダサ」と感じるのか、その原因を探ってみました。

海外インスタで再評価されている日本のファッションブランドまとめ。

日本のファッションブランドのアイテムを販売&アーカイブしている海外インスタグラムアカウントのまとめ。どんな日本ブランドが海外で再評価(評価)されているかがわかります。

高価なレアものだけがヴィンテージじゃない。思い出の詰まった”マイヴィンテージ”の贅沢さ。

広く世間的に価値を認められたモノの良さはもちろんありますが、自分だけ、或いは限られた周りの人だけにしか価値がわからない、自分だけの思い入れが詰まった「マイヴィンテージ」アイテムのような存在もあっていいでしょう。

2020年を振り返る。人気記事トップ5カウントダウン!

なんとなく当ブログの今年1年分のデータを見てみると、アクセス数の多い記事のラインナップの顔ぶれが意外だったので、2020年を振り返りつつご紹介していきます。

次代に文化を引き継ぐ。インスタグラムでアーカイブされるファッション。

インスタグラムでは多種多様なファッションがアーカイブされています。アーカイブ化されることによって、文化が次代に引き継げることは非常に価値があると思います。

2020年代、日本が世界に誇るカルチャーはファッションになるかもしれません。

現在、日本のファッションビジネスは総じてあまり元気がありませんが、このようなインスタグラムの盛り上がりを見ていると、 まだまだ日本のファッションの注目度は高い、というか2020年代に入って新たに日本のファッションブランドのムーブメントが生まれつ…

若者がジーンズを穿かなくなったのではなく、むしろ今までがジーンズバブルだった説。

今ジーパンが売れずに若者のジーンズ離れ、と言われているのはジーンズバブルが終わってしまっただけではないでしょうか。

大人は知らない。90年代のファッション誌を熟読する女の子たち。

雑誌の売上が激減しているという話題を見かけました。雑誌は完全にオワコン、という雰囲気があるようですが、僕は現在雑誌は隠れたブーム中で今後復権の可能性も十分あると思っています。が、

ヴィンテージモンベルのデザインが独創的かつ完成度が高い理由。

去年、神戸の実家近くのリサイクルショップで出会って以来、どハマリ中のヴィンテージモンベル。 www.yamadakoji.com www.yamadakoji.com 根気強くディグっては、収集し続けています。ある程度集まったらオンラインで古着屋さんを始めるつもりです。 最近よ…

栗野宏文さんが語る、ユニクロの服との上手な付き合い方。

栗野宏文さんの初の書籍「モード後の世界」。今回は、ユニクロをはじめとするブランドとの付き合い方について。栗野さんはユニクロの服を”ご飯と味噌汁”と評します。

日本人ファッションデザイナーがクリエイティブな理由は「性」にある。

栗野宏文さんの初の書籍「モード後の世界」。今回のテーマは、日本人デザイナーはなぜクリエイティブなのか。栗野さんはセダクション=性的誘惑性という視点で分析しています。

栗野宏文さんが語る最上級のおしゃれは「印象に残らない服装」。

ユナイテッドアローズの立ち上げメンバーで、僕が敬愛する栗野宏文さんの初の書籍「モード後の世界」。読みどころ満載の内容のなかから、今回はおしゃれとは何なのか、というポイントに絞ってご紹介していきます。

大御所が断言。気鋭の若手は拒否。「ファッショントレンド」は、もう終わり。

ユナイテッドアローズの立ち上げメンバーで僕が敬愛する栗野宏文さんの初の書籍「モード後の世界」が発売されました。多くの人に読んで貰いたいので、僕が特に共感したポイントをご紹介します。

突き抜けた個性は時代や言葉の壁を超えて評価される。オールド丸井系PPFMに熱狂する海外ファン。

一部で評価され始めているオールド丸井系。実は、海外にもオールド丸井系ブランドの1つであるPPFMの熱狂的なファンが存在することがわかりました。

イッセイミヤケのシャツをお直しに出して考えた、服のコストパフォーマンス。

思い出の2000年頃のイッセイミヤケメンのシャツを入手しました。少しダメージがあったので、コーダ洋服工房でお直しに出しましたが、コストパフォーマンスが高い服とは一体どういうものかと考えさせられました。

【未来予測】2021年のファッション誌ではダッドスニーカーがズタボロに叩かれます。

コロナ禍がファッションに与えた影響は数多くあるでしょうが、そのなかで僕が大きいと思うのは、ラグジュアリーストリートブームを終わらせたことです。 // ラグジュアリーストリートブームを流行らせたのは訪日中国人だった説 以前の記事でもご紹介しました…

古着ブームの火付け役?人気のインスタグラム古着メディアまとめ。

若者の古着ブームの今、インスタグラムの古着メディアが多数存在し、1万人以上のフォロワーを抱えるアカウントも少なくないことに驚いたので、人気のあるアカウントをまとめてみました。

「希望」や「誇り」としてのファッション。

カニエ・ウェストは「エアジョーダンを履きたくてたまらない」そうです。おそらく、黒人男性にとってマイケルジョーダンは「希望」や「誇り」の象徴ではないかと思います。

2163億円はブランドの値段ではなく、シュプリームが発信してきた”地元カルチャー”の価値。

シュプリームがVFコーポレーションに買収されました。買収金額の2163億円は、地元ニューヨークの文化を発信し続けてきたことがシュプリームの価値であるという考察です。

大人は知らない。下北沢で古着に熱狂する若者たち。

下北沢で開催されていた古着のイベントに若者たちが大行列。今、若者に古着ブームが到来していますが、そのことがファッション系メディアではほとんど報じられていません。

服は値段が安ければ安いほど面白い説。

値段が高い服にはそれなりの価値がありますが、有名ではなくても格好良いものはたくさんあります。最近は僕は「人気がない→安い」ということを逆手に取って、「安いこと」を基準に服を探すようになりました。

「こういうときだからこそ、進む。」川久保玲が語るコロナ禍でのクリエイション。

コムデギャルソンの川久保玲のインタビューが地上波のニュース番組で放送されました。現在の状況に対する考えや、クリエイションの根底にある思いなど、心を揺さぶられる内容です。

「似合う」「似合わない」は関係ない。服は着続ければ、その人そのものになる。

日本のメンズファッションのゴッドファーザー、石津謙介。彼が「似合う」「似合わない」について語った言葉をご紹介します。

シャツ選びに困ったらラルフ・ローレンをトレファクとかで買っておけばいいんじゃないかと。

クオリティの高さに定評のあるラルフ・ローレン。なかでもシャツは季節を問わず、そして着る人も問わずオススメできます。

見たこともないキャップが欲しい?なら、メルカリディグが面白いですよ。

キャップが欲しくなり、リアルでもネットでも様々なお店をリサーチをして一番面白いと思ったのが、メルカリで低価格で出品されている商品をディグることです。見たこともないアイテムと出会えます。

”カワイイ”カルチャーの原点。中原淳一が語る「美しさ」「美しい服装」「あなたらしくあること」。

ほぼ日刊イトイ新聞に掲載されていた丸山敬太さんのインタビューで語られた板中原淳一さんの言葉に強く感銘を受けました。そこで読んでみた書籍「ひまわりみだしなみ手帖 」で共感した内容をご紹介します。

【後編】タータンチェックの歴史。伝統の象徴であり反骨精神の象徴でもある。

タータンチェックの歴史のなかでも、ファッションや音楽との関係にフォーカスしてご紹介します。

【前編】タータンチェックの歴史。法律で禁止されたことのある柄。

書籍「図説 タータン・チェックの歴史 」をベースに、タータンチェックの歴史をご紹介しています。

「軍服は悪性の美」。デザインの視点から見たナチス・ドイツの戦略。

ナチス・ドイツをデザインの視点から紐解いた書籍「RED ヒトラーのデザイン」。デザイナーからの評価も高い軍服をはじめとしたナチス・ドイツのデザインの特徴を紹介しています。