山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ファッション考察

広がる「パール男子」はファッションのジェンダーレス化の象徴となるか。

パール男子は、ファッション感度の非常に高いイノベーター層だけのトレンドに終わると思っていたんですが、今年に入ってそうでもなさそうだと感じるようになりました。パール男子を普通に街で見かけるようになったんです。

「黒の服は暑い」という、当たり前の話。

黒色は光を吸収する、ということはなんとなくで知っていましたが、じゃあ実際の数値的にどれくらい吸収するのか?白色とどれくらい違うのか?ということは知らなかったので、調べてみました。

1995年のロサンゼルス。スケーターに一番人気のスニーカーはヴァンズでもナイキでもなく…

1995年のロサンゼルスのスケーター達に最も人気を集めていたブランドが、ヴァンズでもナイキでもなく、エアウォークです。

ラルフローレンが今またニューヨークのスケーターに注目されている理由。

定番的なブランドであるラルフローレンに、また新しい価値が生まれ始めているそうです。その価値を与えているのは、現在のファッションをリードする若いスケーターたちです。

日本人が今も憧れる「フレンチファッション」と、その伝道師フリッパーズ・ギター。

フリッパーズ・ギターがメンズとレディスの架け橋となり日本に根付かせたフレンチファッションは、今も変わらず日本人の憧れであり続けています。

「フレンチファッション」はセルジュ・ゲンズブールとポール・ウェラーから生まれた。

メンズファッション誌「2nd」の7月号でフレンチファッションがわかりやすく解説されていたので、僕なりにまとめてご紹介してみます。

なぜ今たくさんのファッション好きがこぞってメルカリで服を買っているのか。

10代、20代のときにファッションに熱中し、良いモノを買っていた人たちが今オジサンになり、様々な理由でモノを手放すために使っているので、メルカリに良いモノが集まっているようです。

1998年のプラダ。最も美しくミニマルデザインを表現したメンズファッション。

ミニマルデザインの定義である「装飾を排除した、必要最低限の機能からなるデザイン」をメンズファッションで最も美しく表現したのが1998年春夏のプラダではないかと思います。

カニエ・ウェストの最近の服装から、次なるトレンドカラーを予想してみた。

数年前までカニエ・ウェストの服装でよくあった、ベージュを基調とした同系色の色使いが、昨年日本で大流行していたことに気が付きました。

【歴史から知るヒッピー】合言葉「LOVE」とファッション、スティーブ・ジョブズが受け継いだ精神。

ヒッピーのファッションはネイティブアメリカンをはじめ、インドやアフリカ、東欧、中近東などの民族衣装が多く取り入れられています。これは、物質中心のアメリカ的志向からドロップアウトし、自然回帰を求める意識が基になっています。

【歴史から知るヒッピー】ベトナム戦争、公民権運動、そして、サマー・オブ・ラブ。

1967年にヘイト・アシュベリーに中心として生まれた社会現象がサマー・オブ・ラブと呼ばれ、その中心となった既成社会の保守的な価値観を否定し、非暴力的かつ精神的な方法で世界を変えようとした若者たち、およびそのムーブメントをヒッピーと呼びます。

【歴史から知るヒッピー】ヒッピー誕生前夜のアメリカ。第二次世界大戦からビートジェネレーションまで。

第二次世界大戦から1950年前、ヒッピー誕生前のアメリカでビートというカルチャーが生まれました。

ビッグシルエットの流行、終了のお知らせ。で、次に来るトレンドは?

数ヶ月前からビッグシルエットの服装の若者を見掛ける頻度が下がってきているな、と感じていました。そして、つい最近確信したのがビッグシルエットの流行の終了です。

服のクオリティが高い=ファッション的に正しい、という訳ではない。

これまで、ファッションと言えばブランドものなどの高級品こそ正義、というような価値観が強かったと思いますが、最近改めて服のクオリティが高い=ファッション的に正しい、という訳ではないんだな、と思うようになりました。

ジブリやディズニーの古着Tシャツが数十万円!今一番イケてるのはアニメTシャツ。

落ち着いてきた古着のバンドTシャツ人気。代わりに価格が上がっているのがアニメTシャツ。特にジブリやディズニーのアイテムが人気のようです。

若者が数万円の古着Tシャツを喜んで買う理由。

ファッション誌OCEANSに掲載されている「ヴィンテージT沼にハマる好事家対談」と題された対談で、昨今の古着Tシャツの高騰について語られています。

ビームスはナイキのようなブランドになることができるのか?

トーヨーカドーでビームスの名前が入ったタオルが売られていました。ビームスデザインという会社による商品です。

オジサンがファッションの感性をアップデートするのに最も効果的な方法。

オジサンがファッションの感性をアップデートする方法、それは、若者が沢山いる街を歩くことです。大事なのはファッション感度が高い若者たちが多い環境に身を置くことです。

ついに全国ネットのテレビで特集。本格到来した第二次古着ブームはいつまで続く?

4月30日に放送された日本テレビのZIP!で古着が特集されました。2020年11月の段階ではテレビはおろか、ファッション誌やファッション系サイトでもほとんど報じられていませんでしたが、約半年で全国ネットの情報番組に取り上げられるくらいの大きなブームな…

ワークマンのスーツを着たら見えてきた、スーツの未来。

ワークマンのスーツは着心地や動きやすさが一般的なスポーツウェアと同じくらい快適。一般的なスーツのネガティブな要素である、堅苦しさやメンテナンスの面倒臭さがほぼゼロです。 では、スーツのポジティブな要素ってなんでしょう?僕が一番に思いつくのは…

どんなファッションにも「寿命」がある。

10年前に大手量販店やジーンズカジュアルショップで売られていたファッションを見てオシャレだと感じる人はまずいないでしょうし、そもそもそのような服を着ている人もほとんど存在していません。そのファッションは「終わった」と言えるでしょう。

アラフォーオジサンのファッションが10年前で止まっている理由。

10年前のファッション誌に掲載されている服装を、今のアラフォーオジサンでもよく見かける気がします。その理由はファッションのアップデートにあるのではないかと考えました。

2010年代はファストファッションの時代、そして2020年代は古着の時代になる?

2010年代前半はファストファッションブームが巻き起こりました。 その後、ファッション業界にはこれといったブームは起こっていませんでしたが、もしかしたら昨今の古着ブームは2010年代のファストファッションブームに続く、2020年の一大ムーブメントになる…

10年前の雑誌を研究してわかった「時代感」が強く出るコーディネートの特徴。【STREET JACK 2010年10月号】

10年前の雑誌、STREET JACK 2010年10月号を見ながらファッションにおける「時代性」とは何かを考えていきます。

アメリカ企画のチャンピオンやグラミチが日本で買えなくなるかもという噂。

日本でのファッションブランドビジネスを語る上で切っては切れない存在である、大手総合商社のライセンス。最近 伊藤忠商事がガンホーのライセンスを取得した他、チャンピオンやグラミチなどもアメリカ企画の商品が手に入れにくくなるという噂があります。

ダサい服の象徴?「スーパーで売ってる部屋着」の良さをご紹介します。【新プロジェクト】

とあるアパレルメーカーからオファーをいただきました。「スーパーの衣料品コーナーで売られているような服の良さを見つけて欲しい」というプロジェクトです。

【トレファクディグ】なんてことないけど、なんかいい。オールドGAP”じゃない”古着のGAP。

一般的な古着屋さんだとそこそこなお値段になってしまっている90年代オールドGAPは、リサイクルショップならば古着市場よりも割安な値段でディグれることがあります。オールドGAP”じゃない”古着のGAPならば、更にお手頃価格でディグれます

インスタグラムを分析して見えた、海外でウケるブランドの特徴。

現在海外インスタグラムアカウントにウケているブランドにはいくつか共通点があることに気付きました。 そのひとつが”ロック感”です。

10年前のファッションが最もダサく、20年前のファッションが最も新鮮に感じる説。

マルイの通販カタログ、メンズヴォイの2007年号を起点に、どの時代のファッションが今の感覚で「アリ」「ナシ」なのか分析してみました。

「鬼ダサ」ファッションの発信源を追跡してみた。

約10年前、2010年の女性のファッションが「鬼ダサ」であるというツイートに共感のリプライが多数寄せれられていました。何故「鬼ダサ」と感じるのか、その原因を探ってみました。