山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ワークマン「バーサタイルメリノ ミドルソックス」は、もっと早く出会いたかった高機能靴下。

ウール素材の防臭効果や吸放湿性は冬だけでなく夏にも役立つ機能なので、もし「バーサタイルメリノ ミドルソックス」はもっと早く出会えていたらこの夏のメイン靴下になっていたかも、と思います。

子供と遊んでいて破れたラルフ・ローレンのシャツを自分でリペアしたら、服により愛着が湧きました。

破れたことに気付いたときはちょっとはヘコみましたし、リペアする前は正直「面倒だなぁ」と思っていたりしたのですが、こうやってリペアが終わってみると、「これはこれでいいもんだ」と思えるようになるから不思議です。

NIGO®の珠玉のヴィンテージアーカイブが揃う「未来は過去にある”THE FUTURE IS IN THE PAST”」展に、絶対に訪れてもらいたい理由。

新宿の文化学園服飾博物館で開催されている、「未来は過去にある”THE FUTURE IS IN THE PAST”」に行ってきました。会期は2022年9月14日(水)~ 2022年11月13日(日)です。

Amazonセールでお安くなっている「チープアシックス」まとめ。【9/27 23:59まで】

ご紹介しているチープアシックスの多くは返品無料。 なので、自宅で自分の納得ができるまで履き心地を試せます。 また、手持ちの服との相性を確かめることができるというメリットもあります。 「そんなに安いのに本当に履き心地良いの?」とか「写真では良さ…

【下北沢流行通信】若者に圧倒的人気のスウェットの次に、トラックジャケットが流行るかもしれない3つの理由。

下北沢で着用している人が目立つようになったトラックジャケット。これまで人気だったスウェットに代わり、流行するのではないかと考えています。

仕事も遊びもこれ一着。ワークマン×山田耕史「フワテック 2WAYアーバンパンツ」。

ワークマン×山田耕史共同開発「フワテック 2WAYアーバンパンツ」の僕的に注目のポイントがベルトループの下のワンタック。一般的に、タックが入っているとシルエットが丸っこくなり、リラックスのある雰囲気が生まれます。

意外と多い、吉祥寺の古本屋。バラエティ豊かな8店をご紹介。

神保町以外に古本屋が充実した街はもう東京にはないんだろうか?という疑問を持ち、グーグルマップで調べまくったところ、どうやら吉祥寺に古本屋が多いことを知りました。

今の気分にぴったりの1992年の木村拓哉と、3年後に流行るかもしれない1995年の木村拓哉。

今から3年後の2025年には、1995年の木村拓哉さんのようなセクシーファッションが台頭している可能性も、十分あると思います。

気楽に着られる軽暖アウター。ワークマン×山田耕史「フワテック リバーシブルスイングトップ」。

ワークマン×山田耕史「フワテック リバーシブルスイングトップ」は汎用性の高いシンプルなデザインのスイングトップなので、一般的なカジュアルアイテムとの相性が非常に良好です。

【英国王室御用達】チャールズ3世からロイヤルワラントを与えられた、23のファッション系ブランド。

新しい英国王となったチャールズ3世がロイヤルワラントを与えた182ブランドの中から、「クロージング&アクセサリーズ」つまりファッション関係の23ブランドをピックアップしてご紹介します。

ワークマン2022年秋冬新製品発表会レポート。

ワークマンは今後特にワークマンシューズに注力するようです。日常生活を便利にしてくれる高機能なシューズは、開発の余地がまだまだ残っていると思います。

あなたの知らない「チープアシックス」の世界。

チープアシックスは、低価格が故にデザイン的な要素は必要最低限に抑えられています。とはいえ、スニーカーに求められる「歩く」「走る」ための機能性は十二分に備えているのも特徴です。

チャールズ3世が生み出したファッションの価値観。スーツも革靴も50年以上愛用し、破れたらパッチを当てて着る。

チャールズパッチとは、チャールズ3世が着用している革靴に当てられたパッチのこと。チャールズ3世が着用している革靴屈曲部の側面にパッチが当てられています。

これが最進化型ガチワークウェア。ワークマン×山田耕史「アーバンワークウエア ジャンパー・カーゴパンツ」

ワークマン×山田耕史「アーバンワークウエア ジャンパー・カーゴパンツ」現場向けのガチワークウエアながら、日常でも着られる普通っぽいデザインを追求しています。

古着の街、原宿の定番古着屋巡りと、竹下通りの閑静な路地裏の美味しいアジアン麺。

原宿のお手頃な価格の古着屋さんと、アジア料理をモチーフにしたラーメンが美味しいお店をご紹介しています。