山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【2023年新作】ワークマン×山田耕史「耐久撥水アーバンシェルジャケット」徹底レビュー。シンプルデザインを極めたガチワークウェア。

ワークマン×山田耕史共同開発「耐久撥水アーバンシェルジャケット」は、一般的なワークウェアのイメージを覆す、究極なまでにシンプルで洗練されたデザインに仕上がっています。

【2023年新作】ワークマン×山田耕史「リペアテック超軽量×遮熱ミリタリーカーゴパンツ」徹底レビュー。夏に嬉しい機能が多数追加でアップデート。

ワークマン×山田耕史「リペアテック超軽量×遮熱ミリタリーカーゴパンツ」2023年新作はパッカブル機能がアップデート。そして、UVカット、接触冷感、遮熱などの夏に嬉しい機能が追加されています。

【2023年新作】ワークマン×山田耕史「リペアテック超軽量×遮熱シェフパンツ」徹底レビュー。とにかく軽い。そして色が綺麗。

ワークマン×山田耕史「リペアテック超軽量×遮熱シェフパンツ」は撥水加工に加えてUVカットや接触冷感、そして2023年verから新しく加わった遮熱機能など、暑い夏に嬉しい機能を多数備えています。

【2023年新作】ワークマン×山田耕史「超撥水シェフパンツ」徹底レビュー。今年のシェフパンツは色が良い!

2023年春夏のシェフパンツはなんと言っても色が良い。 今回は、全部で6色展開される中から僕が特に良い色だと感じてピックアップした、フラミンゴ(ピンク)、コーデュロイホワイト、グリーン、ライトブルーの4色をご紹介します。

【2023年新作】ワークマン×山田耕史「超撥水ワイドチノパンツ」徹底レビュー。僕の理想がカタチになったチノパンツ。

「ペットボトルを入れても邪魔にならないパンツが欲しい」と、ワークマンの中の人にリクエストして生まれたのが、ワークマン×山田耕史「超撥水ワイドチノパンツ」です。

アツいのは桂正和に貞本義行。高騰が続く古着アニメTシャツ市場の現在。

僕のカルチャー史を語る上で欠かせない漫画家である桂正和が今海外でカルト的人気を博しており、しかも古着Tシャツまでもが人気になるなんて、想像もしていませんでした。

僕が選んだ最強の冬の外遊び服と、年末年始にオススメの神戸子連れスポット。

夏と冬に帰省するときは、持って行く服をかなり吟味します。 ずっと子供たちと過ごすので、基本的には汚れても構わない服。 ですが、やはりその時点で一番着るのが楽しみな服ということも、重要な要素です。

神戸は古着の街になるのか?終焉のモトコーと古着屋開店ラッシュの元町商店街。(美味しくて安い中華屋もご紹介)

元町商店街はアーケード街なんですが、「ビッグタイム」も「グレープフルーツムーン」も、間口はそれほど広くはありませんが、どの店舗も奥行きが結構ある上にアーケード街の店舗を活かした古着屋さんでは珍しい2階建てになっているので、商品量が非常に多く…

古着人気が2023年は全国的ブームになる可能性。

僕が頻繁に訪れている下北沢や原宿では、今の所ファッション感度が高い層の間でも古着人気はまだ衰えていないように見えます。 それに加え、地方都市でも古着屋さんが多数新規出店しているとなると、想像もつかない数のマス層が古着に触れるようになるのでし…

「チープアシックス」のランニングシューズ、JOG 100 2はスニーカーの到達点なのかも。

JOG 100 2を選んだ決め手はまず、カラーバリエーションに真っ白があること。 そしてもうひとつはデザインなのですが、実際にJOG 100 2を手にしてから気付いたのが、「チープアシックス」のデザインの完成度でした。

2022年も古着の年でした!古着の楽しみ方が広がる記事まとめ。

2022年6月に公開した、こちらの記事。 www.yamadakoji.com 結局、現時点では古着人気の衰えは感じられず、むしろ裾野を広げている感すらあります。 たいていはレギュラー古着、たまにデザイナーズアーカイブと、いつの間にか僕の買う服のほとんどが古着とな…

【重要なお知らせ】2023年「山田耕史のファッションブログ」がバージョンアップします!

当ブログの知的な読者の方にもっと読み応えのある記事をお届けするためには、有料化が必要という結論に達しました。

川久保、田中、チャラヤン、ヴィヴィアン、ラフ、ラング…2022年ファッションデザイナー記事まとめ。

川久保玲よりもレアなヘルムート・ラングのロングインタビューや、ヘルムート・ラング自身が関わった企画が多数掲載された1992年の雑誌を神保町でディグりました。 他ではなかなか読めない内容だと思います。

年末年始に一気読み!2022年読み応えのある人気記事・長文記事まとめ。

2022年の当ブログで最も多くの方に読んでいただいた記事では世界一のセレブとも言える、チャールズ3世の意外なファッション観をご紹介しています。

【ベストバイ】42歳のおじさんが2022年に使って着て、本当に良かったアイロンと靴下とトランクス。

2022年のベストバイを振り返ってみると、やはり僕も42歳のおじさんなんだなぁ、ということを実感します。おじさんになったからと言って加齢に抗うのではなく、できるだけ周りに迷惑をかけることなく、加齢といい感じに付き合っていけたらと思っています。