山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

季節の花に学ぶ綺麗な色使い。【普通の古着】でつくる、夏らしい色合い。

ひまわりやハイビスカス、朝顔など夏に咲く花を参考に、【普通の古着】で夏らしい色合いのコーディネートをつくってみました。

【ワークマンと普通の服】猛暑に負けない涼しさと快適性。「リペアテック超軽量ショートパンツ」と、普通のカレッジTシャツ。

ワークマン×山田耕史共同開発「リペアテック超軽量ショートパンツ」は、その涼しさと軽さと便利さで、僕の夏用短パンの新定番として毎日着用しています。

【ブログで古着屋】昭和に描かれた明るい未来。1985年つくば万博Tシャツ。【デッドストック】

1985年に開催された、つくば万博のキャラクターコスモ星丸のTシャツです。

【Boon 1995年】下北沢の古着スタイルはサーフ&スケーター。

前回に続いて、以前、【ファッションアーカイブ】でご紹介した、Boon 1995年6月号の特集、”’70s末「異素材」古着をGETせよ!”というをピックアップしてご紹介します。 www.yamadakoji.com 今号一冊全部を駆け足でご紹介した記事はこちら。今回はこの記事から…

【Boon 1995年】サーフ、BMX、モトクロス。70s古着の魅力を徹底解剖。

Boon 1995年6月号の特集”’70s末「異素材」古着をGETせよ!”のご紹介です。

聖地コムデギャルソン青山店と、聖地の住人が教えてくれた裏路地のラーメン。

約20年前、強い憧れを抱いていた聖地コムデギャルソン青山店を訪れたときに、スタッフの方に教えてもらったのが、だるまやでした。

もっと気軽に使えるミシンが開発されれば、もっと服が大切にされるのでは。

アンケートによると、服を捨てるきっかけとして一番多いのが、ほつれ等の痛みだったようです。ということは、ほつれや痛みが簡単に直すことができれば、捨てられてしまう服も少なくなるのではないでしょうか。

数カ月間屋外で風雨に晒された、めちゃくちゃ汚いTシャツを真っ白にした方法。

数カ月前から行方不明になっていたUniqlo Uの白いTシャツがボロボロになって帰ってきました、熱湯ワイドハイターで普通に着られるくらいまで綺麗になりました。

「油ギッシュなオジサン」=オシャレ、という時代がもう少しでやって来る?

「ツヤ髪」が人気の昨今。40代向けメンズファッション誌UOMOで、オイルを使う整髪が提案されていました。

曇りの日は洗濯物を屋外で干すべきか?科学的根拠から検証してみました。

曇りの紫外線量は快晴の約6割。雨が降っていないのであれば屋外に出したほうが太陽光の紫外線による殺菌の恩恵は受けられるので、今後は曇りの日にも積極的に屋外に出そうと思います。

ふなばしアンデルセン公園で決定。疲れにくい公園遊びパンツはワークマン×山田耕史「AERO STRETCH 2WAYスラックス」。

「軽さ」と「動きやすさ」、そして「今着たいと思うデザイン」を兼ね揃えた公園遊びパンツとした選んだのがワークマン×山田耕史「AERO STRETCH 2WAYスラックス」です

神保町で僕が足繁く通うファッション系に強い古本屋まとめ。と、行列店ボンディの絶品ビーフカレー。【トーキョーディグ】

世界でも有数の規模の神田古書店街とも呼ばれる神保町一帯の古本屋集積地の中から、ファッション系に強い古本屋を中心にご紹介します。

子供に壊されても泣かないサングラス。H&Mで999円。

消耗品と言うと、靴下や下着などが代表的だと思いますが、僕的にはサングラスのほうがよっぽど消耗品。H&Mのサングラスは999円なので気軽に買い替えられます。

新宿駅周辺でサクッと。メンズファッションのトレンドをチェックする15ショップ+α。【トーキョーディグ】

ショップやブランドが提案している現在のトレンドをチェックするために僕が周っている新宿のお店をご紹介します。

子供のスニーカーの強烈な臭いが「セスキ炭酸ソーダ」の浸け置き洗いで完全になくなりました。

子供のスニーカーの酷い臭い。セスキ炭酸ソーダに浸け置き洗いすることで、簡単に落ちました。

【グーグルマップ付き】ヘルムート・ラング本人がウィーンの行きつけスポットを案内!【1992年】

ウィーンを愛するヘルムート・ラング本人が案内するウィーン観光ガイド。

2022年は古着ブームの終わりの始まりなのか。

今後、古着の人気はどうなっていくのでしょうか。僕は今回の古着ブームで、どれだけ多くの人に古着の魅力が伝わっているかが鍵になると思っています。

子供の水遊びパンツの決定版。ワークマンの水陸両用ショートパンツ。

ワークマンのキッズアイテム「水陸両用撥水パッカブルジュニアショートパンツ」は水遊びにもアウトドアにも使える万能パンツです。

【1992年】ヘルムート・ラングと川久保玲と山本耀司。”シンプル”の背景にあるもの。【流行通信】

90年代初頭、”シンプル”は2022年の今で言うSDGsのような、軽薄なトレンドワードになっていたようです。ですが、ヘルムート・ラングの”シンプル”はそんな”似非シンプル”とは一線を画していました。

清流!西丹沢の川遊びで意外に役立った、ワークマンのアウトドアチェア。

西丹沢の清流での川遊びで役立ったのが、ワークマンのアウトドアチェア「燃え広がりにくいローチェア」「アルミローチェア」でした。

丹沢の清流を満喫。「ウェルキャンプ西丹沢」で子連れキャンプ&「中川温泉ぶなの湯」で水遊び。

神奈川県の「ウェルキャンプ西丹沢」でキャンプ、「中川温泉ぶなの湯」で水遊びを楽しんできました。

下北沢の入りやくてゆっくり選べる古着屋さん12店と、貝出汁スープが美味しいのラーメン屋さん。【トーキョーディグ】

デザートスノーや西海岸など、下北沢初心者、古着初心者にも入りやすくて選びやすく、価格も比較的手頃な古着屋さんを12店ピックアップしてご紹介します。

【1992年】ヘルムート・ラングが確立したファッションの新様式。【インタビュー】

ヘルムート・ラングと同じく、ジル・サンダーもミウッチャ・プラダも80年代に人気だったファッションデザイナーとは全く違った価値観を持っていることが充分に想像できます。

【1992年】ヘルムート・ラングが愛する街、ウィーンを形作った建築家オットー・ワーグナー。【インタビュー】

オットー・ワーグナーをはじめとした建築家たちが、19世紀末から20世紀初めに美しいウィーンの街を形作りました。20世紀の終わりに登場したファッションデザイナー、ヘルムート・ラングはそのウィーンの街から強くインスパイアを受け、ウィーンを拠点に世界…

服に染み付いた柔軟剤のにおいが「セスキ炭酸ソーダ」「クエン酸」ですっきり落ちました。

服に染み付いて普通の洗濯では落ちない柔軟剤のにおいが、セスキ炭酸ソーダとクエン酸を使う方法ですっきり落ちました。

ユニクロがメジャーになる前は、「普通の人」はどこで服を買っていたのか?

手頃な価格で、つくりも良く、デザインもそこそこ。そんなユニクロが一般的になるまでは、「普通の人」はどこで服を買っていたのか?

西荻窪から吉祥寺。替え玉が絶品のラーメン屋、古本市、古着屋巡り。【トーキョーディグ】

西荻窪の麺尊 RAGE、吉祥寺のthe Apartment、古本市「TOKYO BOOK PARK」、その他吉祥寺のリユースショップや古着屋さんをご紹介しています。

【古着】理想の真っ白のズボンにようやく出会えた。ドイツ海軍トラウザーズ。【2,200円】

楽天市場店で見つけたドイツ海軍のトラウザーズのレビューです。色は真っ白。シンプルなデザインでストレートシルエットで2,200円というお手頃価格。

ワークマンでアウトドアを快適に。5月のキャンプで役立ったウェア3選。

キャンプで重宝したワークマン「リペアテック超軽量シェフパンツ」「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH シームレスミドルジャケット」「メリノウール 長袖丸首シャツ」のご紹介です。

【1992年】ヘルムート・ラングが語る、人々が不安なときに求める特別なデザイン。【インタビュー】

ヘルムート・ラング、ミウッチャ・プラダ、ジル・サンダー。ミニマルなデザインを得意とするこの3人のデザイナーが世界的な人気を集めた理由は単なるファッショントレンドだけでなく、世紀末という特別な時代を生きる人々がそういったデザインを求めていたか…