山田耕史のファッションブログ

ファッションをもっと楽しく、もっと自由に。

【POPEYE1987年7月1日号】山本耀司がバブル景気真っ只中に語った男服の本質。【80sアーカイブ】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210302162131j:plain

90年台のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、90sアーカイブ。これまでの記事はこちら。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

1987年7月1日号POPEYE

さて、今回は90sアーカイブと銘打っていながら80年代の雑誌をご紹介します。1987年7月1日号のPOPEYEです。

f:id:yamada0221:20210302104905j:plain

 

1987年ってどんな年?

1987年、僕は7歳。なので、ファッションに目覚めるのはまだまだ先。というか記憶もあいまいなので、そもそも1987年ってどんな年だったんだっけ?と思ってウィキペディアを調べてみました。

ja.wikipedia.org

「安田火災がゴッホの「ひまわり」を53億円で落札」「東京都の1年間の地価上昇は85.7%。銀座などで1坪1億円を突破するところも」なんて話題からは日本の経済が上り調子だったことが伺えます。

ファッションと馴染みが深いのは「西武百貨店渋谷店隣にロフト1号店が開業」あたり。

個人的には「神戸市営地下鉄西神・山手線の学園都市駅 - 西神中央駅間が開業し全通」というニュースに強く時代を感じました。

アサヒスーパードライが発売されたのも1987年。実家はずっとこれでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 【送料無料】アサヒ スーパードライ 350ml×2ケース 48本【北...
価格:9230円(税込、送料無料) (2021/3/2時点)

楽天で購入

 

 

1987年のヒット曲は名曲揃い

当時のカルチャーはどんな感じだったんでしょうか。僕の記憶に強く残っている1987年のヒット曲をピックアップしてみました。飛鳥涼が手掛けていた光GENJIの2曲はやっぱり名曲ですねぇ。

光GENJI「STAR LIGHT」

www.youtube.com

「ガラスの十代」

www.youtube.com

TM NETWORK「Self Control」

www.youtube.com

THE BLUE HEARTS「リンダリンダ」

www.youtube.com

徳永英明「輝きながら…」

www.youtube.com

 

アニメも名曲揃い

1987年に放送されていたアニメはこんな感じ。NHKのアニメ三銃士は、オープニング曲の夢冒険が最高過ぎます。

www.youtube.com

シティハンターのエンディング、TM NETWORKのGet Wildはもちろん不朽の名曲。

www.youtube.com

ビックリマンも見てましたねぇ。

www.youtube.com

 

人気ゲームシリーズが始まった1987年

ファミコンもやってました。ロックマンシリーズやファイナルファンタジーシリーズが始まったのも1987年。

www.youtube.com

www.youtube.com

ドラクエは2が発売されました。

www.youtube.com

 

1987年はバブル景気真っ只中

ウィキペディアによると、バブル景気のスタートは1986年12月から。つまり、この号が出た頃の日本はバブル景気真っ只中。以下の記述のように、世相はかなり浮かれていたようです。

1987年に入ると現象は経済全体に波及し、土地に対する需要が高い限り決してこの景気は終わらないという楽観論が蔓延した。特に株式は1987年10月に起こった米国ブラックマンデーによる世界同時株安の影響を世界で最初に脱出し、高値を更新したことから日本株に対する信任が生じた。その後、投機が投機を呼ぶ連鎖反応が起こり、「岩戸景気」「神武景気」に続く景気の呼び名を公募する記事が、雑誌を賑していた。

ja.wikipedia.org

 

表紙はヨウジヤマモト

そんな好景気もあってでしょう。特集は「夏休み幸せ(ウッシッシ)読本」 

f:id:yamada0221:20210302104938j:plain

ウッシッシはおそらく、当時の人気司会者だった大橋巨泉さんからでしょう。

www.iza.ne.jp

www.youtube.com

目次下に表紙のクレジットが。

f:id:yamada0221:20210302104953j:plain

こちらのコーディネートは全てヨウジヤマモト。今のヨウジは硬派な印象が強いので、こうやった花束を持って微笑んでいるっていうビジュアルは新鮮ですね。

f:id:yamada0221:20210302104905j:plain

4店舗目のハードロックカフェがダラスにオープンしたそうです。

f:id:yamada0221:20210302105012j:plain

アルバの時計の広告。

f:id:yamada0221:20210302105029j:plain

この赤の、格好良いですね。

f:id:yamada0221:20210302105047j:plain

富士フィルムのVHSテープ広告。時代です。

f:id:yamada0221:20210302105103j:plain

ジェットスキーの広告なんて初めて見ました。バブリー!

f:id:yamada0221:20210302105121j:plain

100万円くらいするんですね。

f:id:yamada0221:20210302105136j:plain

左ページはファッション小ネタ。今だとかなり値上がりしてそうなユーロアディダス。

f:id:yamada0221:20210302105148j:plain

キャプテンサンタが人気だったんですね。

f:id:yamada0221:20210302105205j:plain

「60年代ポップスは不果たして復活するか!」

f:id:yamada0221:20210302105223j:plain

サントリーの缶ビール、これどなたでしょ。サングラスしててもわかるくらいの当時の人気アイドルでしょうか。

f:id:yamada0221:20210302105241j:plain

キース・ヘリング来日。

f:id:yamada0221:20210302105258j:plain

ニコンのカメラ。

f:id:yamada0221:20210302105315j:plain

オートフォーカス。

f:id:yamada0221:20210302105331j:plain

マンダムの広告は松田優作。

f:id:yamada0221:20210302105343j:plain

パトリックのプラティニモデル。

f:id:yamada0221:20210302105400j:plain

 

バブリーなリゾート特集

モダンなデザインのニッカウイスキー広告。

f:id:yamada0221:20210302105424j:plain

血液型占いはお金がメイン。これもやっぱりバブル期ってことなんでしょうか。

f:id:yamada0221:20210302105442j:plain

これは確実にバブルですね笑。リゾート特集。

f:id:yamada0221:20210302105504j:plain

f:id:yamada0221:20210302105523j:plain

f:id:yamada0221:20210302105540j:plain

アイドルキスマーク。こういう企画、令和のアイドル雑誌とかでもあるんでしょうか?

f:id:yamada0221:20210302105557j:plain

村上里佳子さん。

f:id:yamada0221:20210302105614j:plain

f:id:yamada0221:20210302105629j:plain

森口博子さん。

f:id:yamada0221:20210302105647j:plain

森口博子のETERNAL WINDはガンダムシリーズ中最高の名曲だと思っています。

www.youtube.com

こういうページからも、なんかお気楽な時代の空気が感じられるような。

f:id:yamada0221:20210302105703j:plain

f:id:yamada0221:20210302105719j:plain

f:id:yamada0221:20210302105737j:plain

f:id:yamada0221:20210302105754j:plain

 

西海岸スケーターを打ち出すビームス

さて、ファッション。ビームスです。「ビジョンのパンツにヴァンズの靴この夏の定番です」だそうで。西海岸スケーターな雰囲気ですね。

f:id:yamada0221:20210302105810j:plain

イタリアのゼニア。

f:id:yamada0221:20210302105822j:plain

スウォッチとタイメックス。

f:id:yamada0221:20210302105840j:plain

テクニクスってコンポも出してたんですね。

f:id:yamada0221:20210302105857j:plain

当時の僕は自動車が大好きで、新聞紙の折込の自動車の広告を熟読していました。当時の自動車のデザインは今も大好きですし、自動車に関わらず僕のデザイン的な好みのベースはこの時代に形作られた気がします。

f:id:yamada0221:20210302105915j:plain

ムーンスター広告。

f:id:yamada0221:20210302105931j:plain

 ベンチャースニーカー。クラリーノということは合皮ですね。この頃は合皮がウリになってたんでしょうか?

f:id:yamada0221:20210302132532j:plain

 

アイドル的人気時代のダウンタウン

「僕の幸せ私の幸せ」という特集。いとうせいこうさんの肩書が「キング・オブ・クリエーター」

f:id:yamada0221:20210302132548j:plain

f:id:yamada0221:20210302132605j:plain

ダウンタウン!

f:id:yamada0221:20210302132625j:plain

若い!

f:id:yamada0221:20210302132643j:plain

関西でアイドル的人気だった頃ですね。

f:id:yamada0221:20210302132700j:plain

「あきまへんねん」とか「やさかいなあ」って笑

f:id:yamada0221:20210302132717j:plain

ホンダ広告。

f:id:yamada0221:20210302132732j:plain

パイオニアCDSプレイヤー広告。

f:id:yamada0221:20210302132751j:plain

レーザーディスク。

f:id:yamada0221:20210302132809j:plain

 

古臭さを感じないファッションページ

ファッションアイテムプレゼントページ。全体的にあまり古臭さを感じません

f:id:yamada0221:20210302132828j:plain

右端のエスピエーグルというブランド、調べてみるとヒロミチナカノの中野裕之さんが手掛けていたVIVAYOUのメンズラインだそうです。ジャケットのカタチがかなり特徴的ですね。パンツはスウェットでしょうか?ぽってりとした革靴も面白いですね。

真ん中は後にマルイ系の代表格となるジュンメン。

f:id:yamada0221:20210302132844j:plain

右ページ右はメンズフランドル。後にイネドなどを展開するフランドルのメンズブランドでしょう。

右ページ左のシューシャインボーイというブランド、僕シャツ持っているんですよ。15年位前に実家近くのリサイクルショップで購入して今でも着ているんですが、80年代のブランドとは知りませんでした。

左ページ左は僕も一時期お世話になったメンズビギ。ナンバリングのポロシャツの下にクルーネックでスラックスにタックインという、かなり個性的なスタイリング。

f:id:yamada0221:20210302132902j:plain

 

タイムレスな魅力のアニエスベー

左ページ左のブルーのセットアップはアニエスベー。このスタイリング、2021年のキャンペーンフォトと言われても気付かなさそうな、タイムレスな良さがあります。

f:id:yamada0221:20210302132918j:plain

リゾート感たっぷりのジンの広告とプレゼントページ。

f:id:yamada0221:20210302132935j:plain

家電。テレビにラジオが付いていたんですね。ケンウッドのスピーカーのデザインが格好良いです。

f:id:yamada0221:20210302132952j:plain

留守番電話も当時はまだ新しい機能だったんですよね。

f:id:yamada0221:20210302133005j:plain

スポーツアイテム。

f:id:yamada0221:20210302133022j:plain

アシックスのミルフォードαというモデル。多分当時小学2年生の僕が穿いていたのも、こんな感じのスニーカーだったんでしょう。

f:id:yamada0221:20210302133035j:plain

このアシックスのサルティスというモデル、ウォーキングシューズのようですがなかなかのナイスデザイン。復刻しませんかね。

f:id:yamada0221:20210302133051j:plain

アディダスのバッシュ、トップテンとサッカーシューズ。こちらにもクラリーノの文字が。当時のトレンド素材だったぽいですね。

f:id:yamada0221:20210302133108j:plain

そしてナイキ。ザ・マックという初見モデル。「ジョン・マッケンローのアドバイスによって発売されたシューズ」とありますが、今でいうシグネチャーモデルということでしょうか。

f:id:yamada0221:20210302133125j:plain

グルーミング系、そして当時のプレゼントの定番だったテレホンカード。

f:id:yamada0221:20210302133142j:plain

 

全国バーゲン情報

モノクロページはバーゲン情報。

f:id:yamada0221:20210302133200j:plain

アバハウスやチューブ、ミルクボーイ、ヒステリックグラマーなど。

f:id:yamada0221:20210302133217j:plain

先述のシューシャインボーイ。マルイや百貨店に店舗があったようです。

f:id:yamada0221:20210302133228j:plain

原宿にビブレがあったんですね。

f:id:yamada0221:20210302133245j:plain

ビームスFのセール。

f:id:yamada0221:20210302133302j:plain

コールハーン、定価が28,000円とかなりお安いですね。

f:id:yamada0221:20210302133318j:plain

知らないショップもたくさんありますね。

f:id:yamada0221:20210302133334j:plain

デザイナーズを主に扱うインターナショナルギャラリービームス。ピエロ・バンケッティとニック・コールマン、両方知らないんですが、当時の人気ブランドだったんでしょうか。

f:id:yamada0221:20210302133351j:plain

デプト、アストアロボット、ボイス、ハリランなど。

f:id:yamada0221:20210302133407j:plain

ファッションビル、マルセルのセール広告。

f:id:yamada0221:20210302133424j:plain

「人気のD/Cブランド」。

f:id:yamada0221:20210302133440j:plain

ロート製薬の目薬、ジーの広告。「目がシベリアだ。」というキャッチコピーもデザインも、かなり個性的。

f:id:yamada0221:20210302133456j:plain

日立広告。

f:id:yamada0221:20210302133513j:plain

 

1987年の理想のライフスタイル

「男の幸せ追求読本」。シャープ提供による家電を軸としたライフスタイル&インテリア提案ページ、って感じでしょうか。多分、当時の理想のライフスタイルがこんな感じだったのでは。

f:id:yamada0221:20210302133531j:plain

「ロフト少年」。部屋の写真にイラストの人物、そして右下にはライフスタイルを想起させる短編小説的なのが。

「音はラジカセで、という考え方が新しいと思う。そんな考え方をする僕はやっぱり新しい。」…なんか凄い文章ですが、これってマジなんでしょうか?それとも、ちょっと風刺が入っていたりするのでしょうか。今の僕には当時の空気感がわからないので判別できません…。

f:id:yamada0221:20210302133551j:plain

「流行少年」。ロードバイクとかサイクリングジャージとか流行っていたんですね。テレビの下にあるの、ファミコンとディスクシステムが一体になった、ツインファミコンでしょうね。友達の中でも持っているの1人くらいのレアな存在でしたね。

f:id:yamada0221:20210302133607j:plain

「アート少年」。スケボーの上にはダンクらしきナイキのスニーカーが。

f:id:yamada0221:20210302133623j:plain

「メカ少年」。

f:id:yamada0221:20210302133640j:plain

「16ビットの理想形を追求したこのワークステーション」、本体とディスプレイ合わせて50万円近く。

f:id:yamada0221:20210302133658j:plain

泉麻人さんのコラム。

f:id:yamada0221:20210302133714j:plain

トーストマニュアル。今のポパイの誌面にも通ずる雰囲気。

f:id:yamada0221:20210302133731j:plain

S-VHSデジタル編集ビデオ、27万円也。

f:id:yamada0221:20210302133751j:plain

最後は分類集計機能つき電卓のPR。

f:id:yamada0221:20210302133808j:plain

ソニー広告。

f:id:yamada0221:20210302133824j:plain

先程も出ていたアシックスのミルフォードα。非常に良い配色。

f:id:yamada0221:20210302133841j:plain

カラーバリエーションもいい感じ。

f:id:yamada0221:20210302133858j:plain

カセットテープ広告。玉置浩二。

f:id:yamada0221:20210302133915j:plain

コラムページ。

f:id:yamada0221:20210302133934j:plain

カルチャーページ。

f:id:yamada0221:20210302133951j:plain

シンプリー・レッド。

www.youtube.com

メカ系。やっぱり当時の自動車のデザインは大好きです。

f:id:yamada0221:20210302134008j:plain

書評ページ。

f:id:yamada0221:20210302134024j:plain

次号は韓国特集。

f:id:yamada0221:20210302134041j:plain

マクセルのカセットテープ広告。

「カ・キ〜ンと抜ける高音が、ボリウム感あふれる中低音が、耳に飛びこんでくる。このセパレーションのこきみよさに鋭く反応してほしい。1日25時間、ずっとずっときいていたくなる。」というかなり個性的なキャッチコピー。

f:id:yamada0221:20210302134058j:plain

Be-inという味の素のジュースの広告。リゾート感。

f:id:yamada0221:20210302134119j:plain

 

日産の求人広告4ページ

なんのページかとよく読んでみたら、どうやら日産自動車の求人広告ページのようです。

f:id:yamada0221:20210302134136j:plain

ファッション誌に4ページの広告を出すほどのコストをかけないと人が集まらないほどの景気だったんでしょうね。

f:id:yamada0221:20210302134153j:plain

 

めざせプールキング!

ビリヤードが流行っていたんでしょうね。

「理知的でかつ野性味のあるハスラーっぽい男のコは、そのシブさで女のコの人気度も高いのだ」だそうで。

ところで、2/3スケールのビリヤード台って練習になるんでしょうか?

f:id:yamada0221:20210302134211j:plain

カシオのサンプルキーボード!これ普通に欲しいですね笑。デザインもいい感じ。

左ページは日立の広告ページ。

f:id:yamada0221:20210302134229j:plain

このセンス、当時でどんな感じだったんでしょう…左下の「いっそのことTOKYOラッパーになっちゃえ」の服はミルクボーイ。

f:id:yamada0221:20210302134245j:plain

パナソニックのカセットプレイヤー広告。F1も人気でしたね。僕も下敷きとか持ってました。

f:id:yamada0221:20210302134302j:plainバーゲン情報関西版。

f:id:yamada0221:20210302134320j:plain

神戸。

f:id:yamada0221:20210302134338j:plain

トアウエストのプレジャードーム、ありましたねぇ。今はもうないんでしたっけ。

f:id:yamada0221:20210302134355j:plain

大阪のモード系セレクトショップの代表格、スペース。以前は古着屋さんだったんですね。

f:id:yamada0221:20210302134429j:plain

京都のロフトマン。

f:id:yamada0221:20210302134445j:plain

ビームスではチャーチやジャンフランコ・フェレ。

f:id:yamada0221:20210302134502j:plain

アイワの広告。フォントが格好良い。

 

「やっぱりディスコ、ディスコ、ディスコ。」

モノクロページは素人女子大生グループからのお誘い?ページ。時代を感じるセリフの数々

「家まではちゃんと送って行ってほしい」

「ファストフードだけは絶対駄目」

f:id:yamada0221:20210302134515j:plain

「海に行きたい。もちろん車でね。」

「もうお洒落なところは飽きちゃって駄目。」

「ビリヤード教えて!」

「絶対に車を持っていて、ゴルフに連れていってくれる人。」

f:id:yamada0221:20210302134536j:plain

「やっぱりディスコ、ディスコ、ディスコ。」

…と、こう仰っていた方々は今は50代半ばなんですね。

f:id:yamada0221:20210302134554j:plainスズキアルト。格好良い。

f:id:yamada0221:20210302134611j:plain

 

男にとっての服は、すべて何かをするための作業着

山本耀司!若い!

f:id:yamada0221:20210302134631j:plain

このインタビュー、結構貴重では。

「うちの母は、いわゆる戦争未亡人というやつで、女手ひとつで、洋裁店を経営しながら僕を育ててくれました。」

「母の仕事が、現在の僕に直接影響したとは考えていません。時代的にも、男が着るものに気をつかうなんてのは下の下、という頃でしたから、洋服の仕事に憧れたということは全くありませんでした。」

f:id:yamada0221:20210302134649j:plain

「僕は、男っていうのは何かをするものだと思っているので、男にとっての服は、すべて何かをするための作業着だと考えています。だから、こういうのを着てこうすりゃ人に誉められるとか、女のコにモテるとか、そういうことに関心はないですね。」

↑この一節、素晴らしいですね。

f:id:yamada0221:20210302134723j:plain

何のページか一瞬わからなかったのですが、どうやら東芝の技術PRぽいです。

f:id:yamada0221:20210302134741j:plain

斬新恋愛お散歩講座。講師・田中康夫。バブルで贅沢なデートが一般的だから逆に散歩、って感じでしょうか。

f:id:yamada0221:20210302134758j:plain

ホテルのプール完璧使いこなし術。多分こういうのが一般的なデートだったのではないかと。

f:id:yamada0221:20210302134814j:plain

 

新鮮なデザインの広告の数々

巻末が近づき広告が多くなってきますが、どれもデザインが新鮮に見えます。

f:id:yamada0221:20210302134832j:plain

f:id:yamada0221:20210302134850j:plain

f:id:yamada0221:20210302134907j:plain

f:id:yamada0221:20210302134923j:plain

高橋幸宏が手掛けたヨウジヤマモトのコレクションの音楽のレコード。

f:id:yamada0221:20210302134939j:plain

エドウィンのユーズド・ウォッシュ。

f:id:yamada0221:20210302134958j:plain

f:id:yamada0221:20210302135015j:plain

スウォッチ広告。

f:id:yamada0221:20210302135033j:plain

f:id:yamada0221:20210302135050j:plain

f:id:yamada0221:20210302135106j:plain

f:id:yamada0221:20210302135123j:plain

f:id:yamada0221:20210302135143j:plain

 

わたせせいぞう無双期

わたせせいぞうによる、日本たばこ(現JT)広告。

f:id:yamada0221:20210302135200j:plain

時計のオリエント広告。

f:id:yamada0221:20210302135228j:plain

ボーナスが当たり前に貰える時代だったんですねぇ。

f:id:yamada0221:20210302135245j:plain

1986オメガトライブのDJスペシャル。

f:id:yamada0221:20210302135304j:plain

YouTubeにありました。便利な時代です。

www.youtube.com

トレーニングマシーンの広告、「円高差益徹底還元!」という時代を反映したキャッチコピー。

f:id:yamada0221:20210302135321j:plain

確かに重低音がズンズン響きそうなデザインのラジカセ。

f:id:yamada0221:20210302135337j:plain

角松敏生のニューアルバム広告。

f:id:yamada0221:20210302135355j:plain

こちらもYouTubeにありました。

www.youtube.com

最近のシティポップブームの流れで角松敏生も再評価されていますね。こちらは人気の韓国人DJによるミックスです。

www.youtube.com

オロナミンCのイラスト、雰囲気が独特…。

f:id:yamada0221:20210302135416j:plain

裏表紙はNEC広告。こちらもわたせせいぞう。相当な人気だったんですねぇ。

f:id:yamada0221:20210302135434j:plain

 

 ネタ大量に仕入れました!

今回のポパイは先日神保町でディグったのですが、他にも沢山の雑誌を仕入れています。順次アーカイブしていきますので、お楽しみに!