山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【2001年メンズノンノ】スタイリストやモデルがインフルエンサーだった時代。【7月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20211118160151j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

引き続きメンズノンノ2001年7月号のご紹介です。

f:id:yamada0221:20211108160221j:plain

同号のこれまでの記事はこちら。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com 

www.yamadakoji.com

 

ポエトリー・オブ・セックス

エドウィン広告。ローライズジーンズがポピュラーな存在だったことがわかります。

f:id:yamada0221:20211108161011j:plain

右ページスウォッチ広告。左ページからは”Tシャツスペシャルエディション”。

f:id:yamada0221:20211108161015j:plain

左はカバン・ド・ズッカ。右の女性プリントのTシャツはヒステリック・グラマーかと思いきや、当時人気だったアメカジ系ブランド、TMTのもの。

f:id:yamada0221:20211108161019j:plain

今もアメカジテイストをブラさずに展開しているようです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by TMT OFFICIAL (@tmt_bigholiday)

www.instagram.com

コラボもの。

f:id:yamada0221:20211108161023j:plain

左は当時よくファッション誌に登場していたブランド、ポエトリー・オブ・セックス

f:id:yamada0221:20211108161027j:plain

名前は覚えているけど、どんなブランドだったっけ?と思ってググってみても、ほとんど情報がありません。ブランドの概要は以下のようです。

ポエトリーオブセックスは千葉慎二(Shinji Chiba)によって日本に創設されたファッションブランドです。ブランドのコンセプト・デザインについても千葉慎二自身が手掛けている。

fashion-collect.jp

アートディレクター角田純一とのコラボレートにより、人気イラストレーター五木田智央ほか、多様なジャンルのアーティストがTシャツにデザインしファッションとアートの世界を結ぶというブランドコンセプトのもとスタート。

ameblo.jp

↓の2010年の記事によると、千葉慎二さんは亡くなっているようです。

tacomafuji.exblog.jp

プリントデザインは総じてシンプル。

f:id:yamada0221:20211108161031j:plain

アーティストコラボ。このページでもポエトリー・オブ・セックスのTシャツが3点ピックアップされています。

f:id:yamada0221:20211108161035j:plain

 

スタイリストとモデルは元祖インフルエンサー

今よりも圧倒的にスタイリストの存在感が強かったのが当時の特徴。その証拠として、こうやってページが組めるくらいスタイリストによるTシャツが発売されていました。

f:id:yamada0221:20211108161039j:plain

そして、モデルコラボも多数。後にドメスティックブランドとして人気を集める中央のノンネイティブは、当時モデル智さんのブランドという触れ込みでした。

f:id:yamada0221:20211108161043j:plain

今、スタイリストやモデルのブランドってかなり少なくなりましたよね。代わりに多くなっているのが、インスタグラマーやユーチューバーなどのインフルエンサーブランド。当時のスタイリストやモデルは、今のインフルエンサーの先駆けだったのでしょう。

ファッションブランドは元来ファッションデザイナーが発信していましたが、2000年当時はファッションデザイナーと消費者を繋ぐスタイリストやモデルがファッションブランドを手掛けるようになっていました。

そして、今は消費者がインフルエンサーとしてファッションブランドを手掛けています

今後、ファッションの発信元はどこへ移って行くのでしょうか。

続いてスポーツ系。サーフィンやスケート、BMXなどの横乗り系に加え、格闘技も多数。当時は格闘技も今とは比べ物にならない人気を集めていました。その影響がこうやってファッションにも波及しているんですね。

f:id:yamada0221:20211108161047j:plain

音楽、映画。ここらへん、今は高値になってたりするものもあるんでしょうね。

f:id:yamada0221:20211108161052j:plain

よりも気になるのがやっぱりキムタクさんの服装。60年代っぽい柄シャツにリストバンド。

f:id:yamada0221:20211108161056j:plain

f:id:yamada0221:20211108161100j:plain

浅野忠信さんインタビュー。

f:id:yamada0221:20211108161104j:plain

インタビューの内容は出演した映画について。まずは、是枝裕和監督の「ディスタンス」。知らない作品だったのでYouTubeで検索してみると、なんとフル尺の動画がアップされていました。

www.youtube.com

次は石井聰互監督の「ELECTRIC DRAGON 80000V」。こちらもYouTubeでフル尺が観られます。

www.youtube.com

そして、三池崇史監督の「殺し屋1」についても語られています。「殺し屋1」は原作漫画から読んでいて、映画も当時劇場に足を運んで観ました。こちらもYouTubeで観られますが、かなり衝撃的な内容なので視聴される際はお気を付けて下さい。

www.youtube.com

当時浅野忠信さんはファッションリーダーとして数多くのファッション誌に登場していましたが、このように有名監督がメガホンを取る作品の主演を連続して務め、本業の俳優としても充実していたことがわかります。

 

16歳の土屋アンナ

右ページ、マツダロードスター広告。左ページからは”7 girls at home.注目の女の子モデルが集合!”。Reiさんが着用しているのは、アントワープ王立美術アカデミー卒のいわゆるアントワープ系デザイナー、ベルンハルト・ウィルヘルム。アヴァンギャルドな作風が人気でした。

f:id:yamada0221:20211108161108j:plain

左ページの「ジェシカ」は、道端ジェシカさんですね。右ページは当時16歳の土屋アンナさん

f:id:yamada0221:20211108161112j:plain

この20年後、土屋アンナさんと一緒にお仕事をすることがあるなんて、当然想像もしていませんでした。

f:id:yamada0221:20211108161116j:plain

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 山田耕史 (@yamada0221)

www.instagram.com

f:id:yamada0221:20211108161120j:plain

左ページ、今宿麻美さん。

f:id:yamada0221:20211108161124j:plain

late90s〜early00sを代表するモデルさんのひとりではないでしょうか。

f:id:yamada0221:20211108161129j:plain

次号に続きます。