山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【2001年メンズノンノ】藤原ヒロシが「周期的にはきたくなるパンツ」とは。【7月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20211125144255j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

引き続きメンズノンノ2001年7月号のご紹介です。

f:id:yamada0221:20211108160221j:plain

同号のこれまでの記事はこちら。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com 

www.yamadakoji.com

 

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

 

当時は気付かなかったアレな発言

”達人たちの旅グッズ公開!!”。MDプレイヤーやCDプレイヤーなど、音楽再生機器の選択肢が多様だったこの時代。ステッカーでカスタマイズとかもやってましたね。

f:id:yamada0221:20211108161259j:plain

音楽ページ。フジロック特集。

f:id:yamada0221:20211108161304j:plain

この中で個人的に好きなのはスクエアプッシャー。

f:id:yamada0221:20211108161308j:plain

www.youtube.com

左ページはウィーザーインタビュー。

www.youtube.com

ACOインタビュー。

f:id:yamada0221:20211108161312j:plain

www.youtube.com

右ページ下、千寿公久さんインタビュー。人気セレクトショップELTのバイヤー、そして当時はブランド、スワイプオンザクワイエットも手掛けており、ファッション誌にも頻繁に登場していました。”マイナスイオンを発しオーラの波長を整えてくれる宇宙石などを織り込んだりしました。次の秋冬のテーマは水。抗アレルギー、電磁波を無害化するような特別な水を素材に反映させてみるつもりです”と、かなりアレな発言をされています…。当時は気付きませんでした。

f:id:yamada0221:20211108161317j:plain

映画。

f:id:yamada0221:20211108161321j:plain

書籍、読者投稿。

f:id:yamada0221:20211108161326j:plain

星占い。

f:id:yamada0221:20211108161330j:plain

左ページ、グンゼ広告。hitomiさん。

f:id:yamada0221:20211108161335j:plain

この前の年に代表曲LOVE 2000をリリースしています。

www.youtube.com

ユニクロのタイアップページ。ストレッチTシャツ。今と比べると、やはりもっさり感というか、オシャレな雰囲気はあまり感じられませんね。

f:id:yamada0221:20211108161339j:plain

読者プレゼント。ミハラヤスヒロ☓プーマはデザイナーとスニーカーのコラボの先駆け的存在でした。

f:id:yamada0221:20211108161343j:plain

左ページ、煙草キャンペーンの景品にソニーのネットウォークマン。

f:id:yamada0221:20211108161347j:plain

 

マサキ・マツシマのフレグランスボトルデザインが格好良い

香水。ジバンシィやイッセイ・ミヤケ。

f:id:yamada0221:20211108161351j:plain

ジル・サンダー。

f:id:yamada0221:20211108161356j:plain

右ページ左のマサキ・マツシマのボトルのデザインが格好良いですね。左ページにはヘルムート・ラングの香水も。そう言えば昔の香水って価値はあるんでしょうか。

f:id:yamada0221:20211108161359j:plain

”今年の水着ベストセレクション40”。ラッドミュージシャンやカバン・ド・ズッカ、ケイタ・マルヤマなどのモード系ブランドも水着を出していたんですね。

f:id:yamada0221:20211108161404j:plain

f:id:yamada0221:20211108161408j:plain

ディヴィジョン零。大阪のバッグブランドで、90年代末に人気だったビューティービーストや20471120などのような、アヴァンギャルドな雰囲気のバッグを出していたような気がします。2001年になると、かなりキレイ目にシフトしていたようです。

f:id:yamada0221:20211108161412j:plain

cKウォッチ広告。

f:id:yamada0221:20211108161416j:plain

 

見かけなくなった愛車特集

”俺の愛車。ここが好き、ここがスペシャル!”

f:id:yamada0221:20211108161420j:plain

モデルやスタイリストなどの愛車紹介です。

f:id:yamada0221:20211108161424j:plain

最近のファッション誌でも愛車特集は見かけますが、主に40代以上がターゲットの雑誌に限られているのではないでしょうか。20代がメインターゲットであるメンズノンノでは、愛車特集はほぼ見なくなりました。時代の流れでしょうね。

f:id:yamada0221:20211108161428j:plain

スーツカンパニーのライセンスブランド広告。

f:id:yamada0221:20211108161432j:plain

”1998年にデビューして以来、日本人ならではのヒップホップスタイルをテーマにした主張がうけている「フリーキー」。そのエリートラインである「エリティズム」”広告。モデルにYOU THE ROCKさん。

f:id:yamada0221:20211108161436j:plain

誌面終盤で美容系広告が多くなってきます。

f:id:yamada0221:20211108161441j:plain

f:id:yamada0221:20211108161445j:plain

f:id:yamada0221:20211108161449j:plain

 

藤原ヒロシが周期的にはきたくなるボンティジパンツ

”藤原ヒロシのa little kinouledge”。

f:id:yamada0221:20211108161453j:plain

右ページはヘッドポータープラスのシャツ。ヘッドポーターは吉田カバンが展開、藤原ヒロシさんがプロディースしていたブランドで、ヘッドポータープラスはそのアパレルラインです。

f:id:yamada0221:20211108161506j:plain

同じくヘッドポータープラスのカーゴショーツ。ローファーはエルメス。

f:id:yamada0221:20211108161510j:plain

”なぜか周期的にはきたくなるんですよ。ボンティジパンツ”。ボンテージではなく、ボンティジ。こう表記することってあまりないと思うんですが、これは校正でこうなっているのか、それとも藤原ヒロシさんのこだわりなのか。パンツは藤原ヒロシさんとも関係の深いヴィヴィアン・ウエストウッドのもの。パンクは藤原ヒロシさんのファッションのルーツとも言える存在なので、特別な思い入れがあるのでしょう。

f:id:yamada0221:20211108161502j:plain

 

ソフの清永浩文さんのサッカー連載。ゲストは楢崎正剛さん。

f:id:yamada0221:20211108161514j:plain

左ページ、スタイリスト伊賀大介さん連載。伊賀さんがスキニーパンツをブーツインで人気を集めるようになるのは、この数年後のことです。

f:id:yamada0221:20211108161519j:plain

”モデル現場レポート スペシャルな毎日”。当時既にnonnativeを展開していたモデル智さん。

f:id:yamada0221:20211108161523j:plain

右ページ、hpのPC広告。ペンティアム3の時代。

f:id:yamada0221:20211108161527j:plain

左ページ、リーのブッシュパンツ。そういやブッシュパンツって永らく見てないですね。

f:id:yamada0221:20211108161531j:plain

右ページ、セブンティーン広告に内山理名さん。

f:id:yamada0221:20211108161535j:plain

パンキッシュなユニオンジャックプリントに、ローライズの迷彩柄パンツ、スタッズベルト。

f:id:yamada0221:20211108161540j:plain

右ページ、稲垣吾郎さん書籍。雰囲気全然変わりませんね。

f:id:yamada0221:20211108161545j:plain

 

 ハイテクスニーカーで唯一気を吐くエアプレスト

”ファッション診断”。京都編です。全体的にやはりストリート感強め。

f:id:yamada0221:20211108161549j:plain

チェッカーフラッグ柄のパンツはコムデギャルソンオムプリュスの2001年春夏コレクションのものですね。

f:id:yamada0221:20211108161553j:plain

f:id:yamada0221:20211108161558j:plain

そして、スニーカーはやはりローテクがほとんど。前回の記事の東京、大阪のスナップでもよく登場していたウォレットチェーンも人気です。

f:id:yamada0221:20211108161602j:plain

左ページ左のレザージャケットにベルト重ね付けのローライズのフレアジーンズは、この後拡大することになるロックテイストの先取りでしょうか。

f:id:yamada0221:20211108161606j:plain

f:id:yamada0221:20211108161610j:plain

ハイテクスニーカーで唯一支持されているのが、ナイキのエアプレスト

f:id:yamada0221:20211125125320j:plain

こちらの女性もエアプレストだと思われます。

f:id:yamada0221:20211108161618j:plain

f:id:yamada0221:20211125125315j:plain

ひとつ上野おとこ。

f:id:yamada0221:20211108161622j:plain

”今月のインフォメーション””。

f:id:yamada0221:20211108161626j:plain

ラフ・シモンズの限定Tシャツ。ベルギー・アントワープのプリントはちょっと惹かれます。

f:id:yamada0221:20211108161633j:plain

次号予告。

f:id:yamada0221:20211108161637j:plain”今月のプレゼント”。

f:id:yamada0221:20211108161641j:plainタケオ・キクチのライセンスブランド広告。

f:id:yamada0221:20211108161646j:plain

裏表紙。セイコーが展開していたアルバのワイアード。

f:id:yamada0221:20211108161650j:plain