山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

酷い黄ばみでジャンク品のギャルソンの白シャツを、熱湯ワイドハイターで真っ白に再生!

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20211228004855j:plain

こちら、コムデギャルソンシャツのシャツ。パッと見、これといって特徴のない普通のシャツに見えますが…

f:id:yamada0221:20211221170335j:plain

 

がっつり黄ばんだギャルソンのシャツ

よく見ると、襟元にがっつり黄ばみが。

f:id:yamada0221:20211221165758j:plain

広げると、黄ばみの範囲がよくわかります。

f:id:yamada0221:20211221165806j:plain

部分的に濃い場所も。

f:id:yamada0221:20211221165811j:plain
背面にも黄ばみがあります。

f:id:yamada0221:20211221165815j:plain
おそらく、このシャツは着用はまだまだ少ないと思います。黄ばみ以外にダメージはほぼ見当たりません。どういう経緯でこんなに黄ばんでしまったんでしょうか。

とにかく、これだけ黄ばんでいると、やっぱり普通に着るのは難しいですよね…。

f:id:yamada0221:20211221165802j:plain
が、このシャツの黄ばみを見て、僕は思いました。

「これ、熱湯ワイドハイターで落ちるんじゃない?」

 

シャツの黄ばみには熱湯ワイドハイター!

当ブログでは過去に何度もご紹介していますが、白シャツや白Tシャツの汚れには熱湯ワイドハイターがかなり効果的。たいていの汚れなら全部真っ白にしてくれます。

www.yamadakoji.com

手順はかんたんです。

バケツに漂白したい服、粉末のワイドハイター、洗濯洗剤を入れ、そこに服が浸るくらいの熱湯を入れ、撹拌。半日くらい放置して、あとは洗濯機で普通に洗濯するだけです。

 

ギャルソンのシャツに熱湯ワイドハイター攻撃!

ということで、コムデギャルソンシャツのシャツに熱湯ワイドハイター攻撃!

f:id:yamada0221:20211227174614j:plain

洗濯して干して、結果発表!!しっかりと真っ白になってくれました!

f:id:yamada0221:20211221165842j:plain

f:id:yamada0221:20211221165838j:plain

ビフォーアフターを比べてみると、違いは一目瞭然。新品同様、とまでは言いませんが、黄ばみががっつりあったとは思えないくらい、綺麗になりました。

f:id:yamada0221:20211221165806j:plain

f:id:yamada0221:20211221165834j:plain

 

もう着られない、と捨ててしまう前に

このコムデギャルソンシャツのシャツの定価は3万円以上だった筈です。

ですが、実はこのシャツはジャンク品としてユニクロのシャツの値段以下の超格安価格で入手しました。

つまり、捨ててもいいレベルだけど、それでも欲しい人がいればどうぞ、くらいの扱いだったのです。

もし、こうやって黄ばみが熱湯ワイドハイターでかんたんに綺麗になることがわかっていれば、このシャツもジャンク品扱いにはならなかったでしょう。

熱湯ワイドハイターなんて大した手間ではありませんし、1回分にしたら費用もほとんどかかりません。

当ブログではこれまで伸びてしまったニットの縮ませ方や、歪んだベースボールキャップのツバの直し方などをご紹介してきましたが、他にも服の再生方法は沢山あります。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

例えば、古着は少しでも破れなどのダメージがあると格段に値段が落ちますが、簡単な縫製で再生する服は少なくありません

ちょっとの知識や、技術と呼べないくらい簡単な技術があるだけでも、着られる服は格段に増えます

当ブログではこれからも服の復活方法をご紹介していけたらと思っていますが、他にもまだまだご紹介できていない方法は沢山あります。

また、自分でやるのは面倒だったり時間がなかったりする場合は、プロのお直し屋さんにお願いするのも手です。↓の記事でもご紹介していますが、プロならではの高い技術力で、期待以上のクオリティに仕上げてくれるでしょう。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

汚れやダメージなどで「もう着られない」と捨ててしまう前に、一度ググってみて、復活させる方法がないかどうかを確かめてみるのはいかがでしょう。