山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【初売りセール5,848円】Amazonベーシックのゼログラビティチェアで疲れ知らずの在宅勤務。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20211228142759j:plain

年末にお届けしたベストバイ企画。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

当ブログはファッションブログですので、当然ファッションについての内容ばかりですが、ここ数日でお届けしているベストバイ系の記事を書くにあたって今年の買い物を振り返っていると、ファッションアイテムではないけれど、僕のライフスタイルを激変させたアイテムがありました。今回はそのご紹介です。

 

在宅勤務のPC仕事の問題点

Amazonベーシックのゼログラビティチェアです。

僕は基本的に在宅勤務。使うツールはPCのみ(まぁカメラとか他諸々ありますが)で、ひたすら文書を打つだけ

以前はマウスや、元々はイラレやフォトショ使用時は必須だった左手デバイス、そして外付けのモニタをテーブルに載せて仕事をしていました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 山田耕史 (@yamada0221)

www.instagram.com

ですが、最近は座椅子に座って膝の上にMacBookを載せてパチパチやるようになっていました。が、座椅子はそんなにいいモノではないので、時間が経つと疲れてしまうのが難点でした。

 

雲の上に寝転んでいるような上質な座り心地

そんなとき、偶然見つけたのがこちら。コールマンのインフィニティチェアという椅子です。

「雲の上に寝転んでいるような上質な座り心地」なんて言われると、俄然気になってしまいます。

更に詳しく調べてみよう、とAmazonを検索してみると、Amazonのプライベートブランド、Amazonベーシックからもインフィニティチェアが出ているじゃないですか。コールマンのインフィニティチェアから強く強く(笑)、インスパイアを受けていることがわかります。

Amazonのレビューや、個人ブログなどのレビューなどを沢山読んで、まぁ大丈夫でしょ、ということでポチリ。

価格は7,000円を中心に割と細かに変動しているようですが、僕はAmazonのセールのときに購入して5,158円でした。

どうやら、プライムデーやブラックフライデーなど、Amazonの大規模なセールのときはたいてい値下げされているようです。

現在Amazonの初売りセール中で、この記事を書いている1/3午後の時点では、5,848円になっています。

 

疲れ知らずの座り心地

購入したのは2021年の6月なので、約半年使ってみての感想ですが、非常に良いです。

f:id:yamada0221:20211228142018j:plain

座椅子を使っていたときは、時間が経つと腰や肩が疲れてきてしまっていたので、仕事を中断してストレッチをして、それでもやっぱり疲れてて、なんていうストレスフルな状態でしたが、ゼログラビティーチェアは座ってPC仕事をしていても、座椅子のときのように肩や腰が疲れることは全然ありません

f:id:yamada0221:20211228142135j:plain

そもそも、リラックスをするための椅子なので、ず〜っとくつろいでいる感覚で仕事ができるのです。まさに貴族感覚。気分までも優雅になってきます。

f:id:yamada0221:20211228142154j:plain

ゼログラビティーチェアは当然仕事以外にも活用可能です。これまで、テレビを見たり読書したりするときはソファを使っていたのですが、最近はゼログラビティーチェアに座ることが多くなりました。

寝かし付けや家事諸々が終わってからこれに座ってビールを飲む、というのが最近の楽しみのひとつです。完全におっさんですが、完全におっさんなので仕方ありません。

ちなみに、僕は畳の部屋で仕事をしているのですが、そのままだと畳みにパイプの跡が付いてしまいそうなので、ヨガマットを敷いて使っています。もちろん、フローリングの部屋で使うときはヨガマットは不要です。

 

問題点は大きさと重さ

問題点があるとするなら、大きさと重さ

商品説明によると、大きさは80.01 x 66.04 x 86.11 cm、重さは8.07 Kg。

僕は家で使っているので、持ち運びの手間はほとんどありませんが、もしアウトドアで使う場合は、自動車から使用する場所まで距離があったりすると、結構大変かもしれません。

あと、気になるのは耐久性です。

すぐに壊れたというレビューもちらほら見られますが、65kgの僕が半年使用して現時点ではビクともしていません。まぁもちろんこれからのことはわかりませんが、もし何か問題があればツイッターでご報告しようと思います。

今の所壊れる気配は全然ありませんが、もし壊れたら今度は本家のコールマンを使ってみたいですね。