山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【2022年秋冬新作】ワークマン×山田耕史「超撥水シェフパンツ」ニューカラーは待望のデニムネイビー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

本日、7月29日はワークマンの2022年秋冬新製品の情報解禁日

今季もワークマン×山田耕史共同開発製品が多数発売されます。

当然、当ブログでは全てのワークマン×山田耕史共同開発製品を徹底的にレビューする予定です。

今回はその第一弾。

ワークマン×山田耕史「超撥水シェフパンツ」をご紹介します

「超撥水シェフパンツ」が登場したのは、1年半前の2021年春夏シーズン。

www.yamadakoji.com

大ヒットを記録し、ワークマンを代表するパンツのひとつとなりました。

僕個人としても、夏以外はほぼ毎日着用するくらいのヘビーローテションっぷり。

www.yamadakoji.com

「超撥水シェフパンツ」を世界一着用しているのはおそらく僕ではないでしょうか笑。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

2022年春夏からは、素材違いの「リペアテック超軽量シェフパンツ」も発売されています。

www.yamadakoji.com

 

「超撥水シェフパンツ」の新色、デニムネイビー

「超撥水シェフパンツ」は、毎シーズン新色が展開されています。

www.yamadakoji.com

2022年秋冬では、定番のブラックに加え、新たに4色が展開されます。

今回ご紹介するのはその中のひとつである、デニムネイビーです。

 

ネイビーの色合いがずっと楽しめる

ネイビーはメンズファッションの定番カラー

汎用性が高く、誰でも似合う万能カラーでもあります。

僕個人としてもとても好きな色ですが、これまで、「超撥水シェフパンツ」ではネイビーはストライプ柄しか展開されていませんでした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 山田耕史 (@yamada0221)

www.instagram.com

実は、このネイビーストライプの売れ行きが非常に好調だったため、ずっと定番として展開されていたのですが、今回は新たにデニムネイビーが展開されることになりました。

デニムネイビーという色名の通り、デニム生地のようなインディゴブルーが特徴。

ステッチにはジーパンをイメージさせるオレンジ色の糸が用いられています。

ですが、「超撥水シェフパンツ」デニムネイビーの生地はインディゴ染めではないので、一般的なジーンズのような色落ちはしません。

逆に言うと、この濃いネイビーの色合いがずっと楽しめるということです(穿き込んで洗い込んだら、少しは色落ちはすると思われます)。

生地はこれまでの「超撥水シェフパンツ」同様やや薄め。

このデニムネイビーの生地には少し光沢感があります。

 

これまで通りの充実の機能

耐久撥水などの機能、ディテール、サイズ感はこれまで展開されていた「超撥水シェフパンツ」と変わりはありません。

まず、ウエストはゴム&ベルトループ&ドローコード(紐)の3WAY仕様。自分の好みに合わせた穿き方が可能です。

また、低価格商品では省かれていることもある、フロントのジップがあるのは個人的にかなりの高ポイント。トイレのときはやっぱりフロントジップがあったほうが便利なんですよね。

左ポケットにはリフレクター。

ポケットは2重になっています。

一般的なサイドポケットの下には、ジップの隠しポケットが備えられています。

裏側から袋布を見るとよくわかりますが、この隠しポケットはなんと500mlのペットボトルが3本も入るという大きさ。ジップがあるので、スマートフォンや鍵などの貴重品を入れるのにも役立ちます。

後面。

ヒップポケットは左右に2つ。

ウエストの内側にはオレンジ色のループが。これは、オーセンティックなシェフパンツにも見られるディテールで、ここをフックに引っ掛けてロッカーの中などに仕舞っておくのだそうです。

裾の内側には穴が設けられており、ここから紐やゴムを入れて裾を絞れるようになっています。

 

今っぽくてラクチンなゆったりシルエット

そして、やっぱり「超撥水シェフパンツ」の一番の魅力はゆったりとしたシルエット

僕(176cm65kg)はLLサイズを着用しています。

リラックス感があるシルエットなので、とても今っぽい印象になります。ジーパンで馴染みのある色なので、合わせるアイテムにも困らないと思います。

また、穿いていてラクなのも「超撥水シェフパンツ」の良さ。

僕は部屋着、寝間着、ウォーキング着など、どんなシーンでも「超撥水シェフパンツ」を着用しています。

 

1,500円(税込)

価格はこれまで通り、1,500円(税込)

8月下旬発売予定です。

次回以降も2022年秋冬ワークマン×山田耕史共同開発製品を世界最速徹底レビューたしますので、ご期待下さい。

まずご紹介するのは、上掲の画像にも写っていた「超撥水シェフパンツ」のニューカラー。来週の更新をお楽しみに。