山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【2022年春夏新色】ワークマン×山田耕史「超撥水シェフパンツ」徹底レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20220202170120j:plain

2022年春夏も発売される、ワークマン×山田耕史共同開発製品

来週からそのご紹介をスタートする予定だったのですが、なんとツイッターで既に「超撥水シェフパンツ」の2022年春夏新作が店頭に並んでいることを知りました。

今朝、近くのワークマンを確認すると、こちらにも新作が。

「超撥水シェフパンツ」が発売されたのは、ちょうど1年前の2021年春夏シーズンから。

www.yamadakoji.com

そのときは、カラーバリエーションのひとつとしてコーデュロイ素材のコーデュロイベージュが展開されていました。

www.yamadakoji.com

その後、2021年秋冬では裏側にフリース生地が貼られた厚手の「超撥水ウォームシェフパンツ」が発売。

www.yamadakoji.com

そして、2022年春夏は新色として、ゴールドキャメル、コーデュロイグリーン、コーデュロイグレージュが展開されます。

f:id:yamada0221:20220202162937j:plain

f:id:yamada0221:20220202162942j:plain

今回僕が訪れた店頭には並んでいませんでしたが、その3色に加え、既存のブラックとネイビーストライプが継続して展開されます(↓こちらは2021年春夏製品のネイビーストライプ)。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 山田耕史 (@yamada0221)

www.instagram.com

 

夏場も快適に穿けるコーデュロイ 

ということで、今回はワークマン×山田耕史共同開発「超撥水シェフパンツ」2022年春夏新色のコーデュロイグレージュをご紹介します。仕様はこれまで展開されてきたモデルと同じです。

f:id:yamada0221:20220202154048j:plain

厚手の「超撥水ウォームシェフパンツ」とは違い、夏場でも余裕で穿けるかなり薄手のコーデュロイ生地です。逆に、今の時期だとちょっと肌寒いかもしれません。ウエストはゴムのイージーパンツ仕様ですが、ベルトループも付いています。

f:id:yamada0221:20220202154007j:plain

ウエスト内部にはドローコードがあるので、ベルトを付けなくてもしっかりとウエスト位置をキープできます。シェフパンツはワークマン以外にも多くのブランドから出ていますが、低価格商品では省略されることが多いフロントジップが採用されているのが嬉しいポイント。また、フロントのフックは2重で頑強な仕様になっています。

f:id:yamada0221:20220202153956j:plain

左側のポケットにはリフレクター。

f:id:yamada0221:20220202154034j:plain

そして、ポケットの横にはジップポケットが。

f:id:yamada0221:20220202153951j:plain

こちら、500mlのペットボトルが3本も入る大きなポケットになっています。

f:id:yamada0221:20220202153944j:plain

ジップポケットの袋布はメッシュ生地なので、夏場でも熱がこもりません。

 

f:id:yamada0221:20220202154011j:plain

f:id:yamada0221:20220202154002j:plain

背面には左右にポケットが。

 

f:id:yamada0221:20220202154040j:plain

裾にはゴムや紐を通せる穴があるので、裾を絞って穿くことも可能です。

f:id:yamada0221:20220202154054j:plain

 

耐久撥水加工も施されています。撥水っぷりはこちらの動画でご確認下さい。

www.youtube.com

ですが、こちらの検証記事でご紹介したように、撥水加工は洗濯を重ねると徐々に失われていきますので、ご注意を。

www.yamadakoji.com

 

シンプルでベーシックな「普通服」

「超撥水シェフパンツ」は非常にシンプルでベーシックなデザイン

僕の著書「結局、男の服は普通がいい」で提案している、誰にでも似合い、流行り廃りがないので長い年月着用可能で、幅広いアイテムとの相性が良好な「普通服」と言える製品です。

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

なので、合わせるに悩むことはありません。特にこのコーデュロイグレージュは、一般的なチノパンツと同じ、非常に汎用性が高い色です。

例えば、現在人気のカレッジプリントのスウェットとも相性良好。

 

f:id:yamada0221:20220202154854j:plain

 

この春、僕が着たいと思っているのは、こんな色の綺麗なシャツ。

f:id:yamada0221:20220202154858j:plain

こちらのピンク色のシャツは、大好きな田中啓一さんが手掛けていた時代のコムデギャルソンオム。「普通服」なので、個性的なデザイナーズブランドの服とも難なく馴染みます

f:id:yamada0221:20220202162918j:plain

www.yamadakoji.com

 

ヘビーローテション間違いなし

過去記事でもご紹介していますが、去年の僕は、夏場の短パンの季節を除けば、一年中ず「超撥水シェフパンツ」を着用してました。部屋着兼外出着として、文字通り24時間ずっと着用しています。

www.yamadakoji.com

去年末に公開したこちらの記事でもご紹介しましたが、「超撥水シェフパンツ」は2021年の僕のベスト・オブ・ワークマンアイテム

www.yamadakoji.com

今回ご紹介した2022年春夏のコーデュロイグレージュも、ヘビーローテション間違いなしだと思っています。

ですが、実は2022年春夏では「超撥水シェフパンツ」の地位を脅かすかもしれない、革新的な価値を持った新製品が登場するんです。

来週以降当ブログでご紹介予定なので、お楽しみに!