山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ミニマルでアヴァンギャルドな世紀末のモード系。【メンズノンノ1999年12月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210623110719j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

今回ご紹介するのは、メンズノンノ1999年12月号です。

f:id:yamada0221:20210614140524j:plain

 

1999年の出来事、ヒット曲、映画

当時、僕は19歳。ウィキペディアから、個人的に気になった1999年の出来事をピックアップしてみます。

・iモードサービスがスタート

・西村博之が2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)を開設

・早稲田大学に合格し入学しながら入学式を欠席し登校もしていなかった女性アイドルの広末涼子が、この日初めて登校

・ロックバンド・GLAYが「MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO'99 SURVIVAL」を開催

・槇原敬之を覚醒剤取締法違反で逮捕

・ノストラダムスの予言と世紀末ブーム

・ユニクロブーム

・カリスマ美容師・カリスマ店員

・厚底サンダル・ガングロ・ヤマンバ

1999年の日本のヒット曲。J-POP全盛期。

aiko『花火』

www.youtube.com

椎名林檎『ここでキスして。』

www.youtube.com

Dragon Ash『Grateful Days』

www.youtube.com

宇多田ヒカル『First Love』

www.youtube.com

19『あの紙ヒコーキ くもり空わって』

www.youtube.com

浜崎あゆみ『Boys & Girls』

www.youtube.com

鈴木あみ『BE TOGETHER』

www.youtube.com

モーニング娘。『LOVEマシーン』

www.youtube.com

ja.wikipedia.org

映画も後世に残る名作が公開されています。

マトリックス

www.youtube.com

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

www.youtube.com

シックス・センス

www.youtube.com

ファイト・クラブ

www.youtube.com

 

KJが着るモンクレール

改めて表紙。BECK。

f:id:yamada0221:20210614140524j:plain

資生堂のメンズコスメ、ギャッツビー。眉毛のキットは当時僕も持ってました。

f:id:yamada0221:20210614140542j:plain

アディダス広告。ラグビーのオールブラックス。

f:id:yamada0221:20210614140602j:plain

丸井のオリジナルブランド、ビサルノの広告。

f:id:yamada0221:20210614140621j:plain

日産ウイングロード広告。広告にBMXが登場しているのも、時代を感じさせます。

f:id:yamada0221:20210614140641j:plain

左ページ”ワールド・トレンド通信”。

f:id:yamada0221:20210614140659j:plain

巻頭特集”達人たちの冬支度 アウター25人の実例”。この年ブレイクしたDragon Ashの降谷建志さん。着用しているのはモンクレールのダウンジャケット。インナーはスタイリストの熊谷隆志さんが手掛けていた当時の人気ブランド、グランドキャニオンのTシャツではないでしょうか。

f:id:yamada0221:20210614140726j:plain

アラタさん、すんごいドレッドヘアです。

f:id:yamada0221:20210614140744j:plain

石川亜沙美さんが可愛い。

f:id:yamada0221:20210614140803j:plain

数年後大ブレイクする伊賀大介さん。

f:id:yamada0221:20210614140821j:plain

 

エディ・スリマンが手掛けていたサンローラン

”キーワード別旬のアウター厳選スタイル”。ピックアップされているアウターのブランドはポール・スミスジーンズ、atoなどのモード系ブランド。

f:id:yamada0221:20210614140839j:plain

色使いやデザインなど、当時ヘルムート・ラングやプラダが牽引していたミニマルの影響が強い印象です。

f:id:yamada0221:20210614140900j:plain

右ページはフリース。ユニクロのブレイクも影響していそうです。

f:id:yamada0221:20210614140920j:plain

f:id:yamada0221:20210614140940j:plain

右ページ左側の大きく裾を折り返したジーンズはエディ・スリマンが手掛けていたサンローラン。

f:id:yamada0221:20210614141000j:plain

”スポーツ&アウトドアブランドのアウターに走れ!!”。

f:id:yamada0221:20210614141019j:plain

モンクレールは現在はラグジュアリーブランドという印象の方が強いのではないでしょうか。

f:id:yamada0221:20210614141041j:plain

パタゴニア、カリマー。

f:id:yamada0221:20210614141100j:plain

襟裏のライトパープルの配色が素敵です。

f:id:yamada0221:20210614141119j:plain

アディダスやノースフェイスなど。

f:id:yamada0221:20210614141138j:plain

 

ミニマル&アヴァンギャルドなlate90sモード系

”究極のマストアイテム だから欲しい!黒のパンツ”。

ミニマル&アヴァンギャルドな雰囲気が、いかにも90年代終盤のモード系という感じ。当時は僕のファッション的な青春時代だったので、こういった雰囲気は今でも格好良いなーと思います。

f:id:yamada0221:20210614141157j:plain

ベースにミリタリーやアウトドア、スポーツがあってそれをモードに昇華するのは、特にヘルムート・ラングが得意としていました。左ページ左側のウェアは全てヘルムート・ラングジーンズです。

今、当時のヘルムート・ラングがアーカイブとして大人気なので、今後こういったlate90sモード系の雰囲気が復活しないかなーと期待しています。

比翼仕立てのスニーカーも当時らしいですね。

f:id:yamada0221:20210614141216j:plain

右側のパンツは当時変形ジーンズが人気だったアンドリュー・マッケンジー。

f:id:yamada0221:20210614141234j:plain

レザーシューズはスクウェアトゥ。

f:id:yamada0221:20210614141254j:plain

色使いはカラフルながら、全体的にミニマルな印象。右ページ右側は長らく名前を見ていないマルティーヌ・シットボン。

f:id:yamada0221:20210614141313j:plain

 

 

流行っていた501リメイク

カタログ。

f:id:yamada0221:20210614141332j:plain

当時人気だったセレクトショップ、ナンバー44のオリジナルブランド0044。当時はこういった、リーバイス501にコーティングなどの加工を施したリメイクアイテムが人気でした。

"f:id:yamada0221”公開!モデルの最強パンツ”。

f:id:yamada0221:20210614141410j:plain

リヒトさんかピックアップしているのはエディ・スリマンが手掛けていたサンローラン。当時、本当に人気でした。この次の年の2000年からエディ・スリマンはディオール・オムを手掛けるようになり、その後大ブレイクを果たします。

f:id:yamada0221:20210614141428j:plain

f:id:yamada0221:20210614141448j:plain

今回はここまで。次回に続きます。

www.yamadakoji.com

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!