山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【1999年】エアモック、ラングのペンキジーンズ、マルジェラエルメス…東京ストリートではこう着てた。【スリル9月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210916154942j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

前回に続き、スリル1999年9月号のご紹介です。

www.yamadakoji.com

”デニム・イン・サマー”。ワークブランドからデザイナーズブランドまで、幅広いラインナップのデニムアイテム特集です。最初はトップス。

f:id:yamada0221:20210916110246j:plain

中央上のジップアップブルゾンはディースクエアード。今はコッテコテなデザインが特徴のブランドですが、当時はプラダやヘルムート・ラングに代表されるミニマルモードが人気だった為、非常にシンプルなデザイン。

f:id:yamada0221:20210916110251j:plain

”プレーン&ワークスタイル”。

f:id:yamada0221:20210916110256j:plain

ロールアップ部分にプリントが入っているのは、当時人気だったロンドンのデザイナーズブランド、アンドリュー・マッケンジー。僕も興味があって当時試着した記憶があります。

f:id:yamada0221:20210916110300j:plain

デザインもの。

f:id:yamada0221:20210916110305j:plain

左上のミリタリーアイテムの要素を取り入れたようなデザインは、W&LT。

f:id:yamada0221:20210916110314j:plain

前回の記事でフューチャーしたのナンバー44のオリジナルブランド、0044のリメイクショーツ。古着のジーンズをカットオフして、赤い十字とフォントをプリントしています。こういったちょこっとしたリメイクものも当時人気でした。

f:id:yamada0221:20210916135006j:plain

 

1999年のトップ・ブランドはラフ・シモンズ

”4大トップ・ブランド最新秋冬速報!”で、4大ブランドの筆頭に挙げられているのがラフ・シモンズ。個人的にラフ・シモンズの中では90年代のシンプルな作風が一番好きです。

f:id:yamada0221:20210916110324j:plain

長い長いジップのジャケットは11万円。やはり当時の服は今よりも安いですね。

f:id:yamada0221:20210916110334j:plain

4大ブランド、続いてはシンイチロウアラカワ。

f:id:yamada0221:20210916110343j:plain

現在はバイクウエアなど、当時から趣味であることを公言していたバイク中心の活動されています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by SHINICHIRO ARAKAWA (@shinichiroarakawa2)

www.instagram.com

お次は最近ユニクロとコラボしていたポールアンドジョー。

f:id:yamada0221:20210916110348j:plain

そして最後がドルチェ&ガッバーナのディフュージョンライン、D&G。

f:id:yamada0221:20210916110352j:plain

D-b-NOというブランド。

f:id:yamada0221:20210916110356j:plain

今回初めて知ったブランド。ググっても詳細はわかりませんでした。

f:id:yamada0221:20210916110400j:plain

中西俊夫さんインタビュー。

f:id:yamada0221:20210916110405j:plain

最も知られている顔は、テクノポップバンド、プラスチックスのボーカルでしょうか。

www.youtube.com

www.youtube.com

セックス・ピストルズの衝撃などについて語られています。

f:id:yamada0221:20210916110409j:plain

中西俊夫さんは2017年逝去。

f:id:yamada0221:20210916110413j:plain

”人気ブランド&デザインショップ大バーゲン’99”。

f:id:yamada0221:20210916110418j:plain

左ページ、ドゥアラット広告。

f:id:yamada0221:20210916110422j:plain

いしだ壱成さんインタビュー。

f:id:yamada0221:20210916110426j:plain

f:id:yamada0221:20210916110430j:plain

 

エアモックにラングのペンキジーンズ

”スリル・ストリート・ファッション・グランプリ”。ストリートスナップですね。

f:id:yamada0221:20210916110435j:plain

右下の彼、細身のパンツ(そういや当時はスキニーパンツとは呼んでなかった筈です

)にナイキのエアモック。このコーディネート、当時は女の子もよくしていましたね。短パンとかのもっとストリートorアウトドアな服装にエアモックを合わせていた男性が多かったと思います。

f:id:yamada0221:20210916110439j:plain

下中左の彼、スーパーラヴァーズのTシャツにヒステリック・グラマーのジーンズ。ヒステリック・グラマーは当時、こういったアクの強いブランドと合わせている人が多かったような気がします。

f:id:yamada0221:20210916110444j:plain

左上の彼のジーンズは今も昔も人気のヘルムート・ラングのペンキジーンズ。グレーのスウェットにオールスターというシンプルなコーディネート。当時はもっとキレイ目なモードっぽい服に合わせていた人が多かった記憶がありましたが、こういう風にカジュアルに着るのもいい感じですね。

f:id:yamada0221:20210916110448j:plain

f:id:yamada0221:20210916110452j:plain

中央の彼の厚底シューズはコージクガ。ボトムスもコージクガ。late90sを代表するドメスティックブランド。現在の海外インスタ市場でも人気です。

f:id:yamada0221:20210916110456j:plain

無地の半袖Tシャツにボーダー柄の長袖Tシャツのレイヤード。当時僕も全く同じコーディネートしてましたねぇ。

f:id:yamada0221:20210916110501j:plain

f:id:yamada0221:20210916110506j:plain

中央の彼のレザーネックレスは、おそらくマルタン・マルジェラが手掛けたエルメスのクロシェットでしょう。こちらの彼のように、カジュアルな服装に合わせるている人が多かったような気がします。半袖Tシャツ×半袖Tシャツのレイヤードも懐かしいです。

f:id:yamada0221:20210916110510j:plain

大阪編。ロケ地はアメリカ村と南船場ぽいですね。エアモック着用者が2人。クラークスのデザートトレックも2人。

f:id:yamada0221:20210916110515j:plain

僕が今も愛用しているデザートトレックはちょうどこのくらいのときに買ったものです。

”あのシルバー好き芸能人Kも絶賛!有名人多数来店”のシルバーアクセサリーブランド。Kってどちらさんでしょ…

f:id:yamada0221:20210916110519j:plain

次回に続きます。

www.yamadakoji.com