山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【2004年メンズノンノ】ラフ・シモンズとスピリチュアルブームの共通性。【3月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20211208151137j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

前回に引き続いてご紹介するのはメンズノンノ2004年3月号です。

f:id:yamada0221:20211206141724j:plain

www.yamadakoji.com

 

スピリチュアルな雰囲気のラフ・シモンズ

前回ご紹介したナンバーナインと同じく、00年代を代表するデザイナーズであるラフ・シモンズの特集が続きます。

f:id:yamada0221:20211206141929j:plain

以前当ブログでご紹介した2001年のコレクションのように、ラフ・シモンズはどちらかと言うと黒を基調としたダークトーンの印象が強いブランド。

www.yamadakoji.com

ですが、今号で紹介されている2004年春夏コレクションでは”ユートピアへと魂をいざなう淡く優しいパステルカラー”と表現されている、柔らかい色が中心

f:id:yamada0221:20211206141937j:plain

とはいえ、モノトーンのフォロプリントやロックテイストのフォント、ノースリーブトップスなど、ラフ・シモンズらしいデザインは継続して用いられています。

f:id:yamada0221:20211206141933j:plain

前回のナンバーナインでも多く使われていたスカルデザイン。

f:id:yamada0221:20211206141941j:plain

ですが、ラフ・シモンズはステッチとハンドペイントで、死の象徴であるスカルながらどこか暖かみすら感じられる雰囲気に仕上がっています。

f:id:yamada0221:20211206141945j:plain

素肌に付けた天然の石や素材でできたネックレスは”地、水、火、自然の4大要素を象徴するアクセサリー”だそうです。

f:id:yamada0221:20211206141950j:plain

当時、日本は2004年には占い師の細木数子が出演するテレビ番組「ズバリ言うわよ!」がヒット。2005年には江原啓之と美輪明宏の「オーラの泉」がヒットするなど、スピリチュアルブームの真っ只中でした。

ja.wikipedia.org

どこかしら、宗教家のようにも見えないこのページのルック。

f:id:yamada0221:20211206141954j:plain

”スピリチュアルな絵柄の刺繍が施されたシャツ”という文言もあり、やはりスピリチュアルが時代的なキーワードであったことが伺えます。

f:id:yamada0221:20211206142006j:plain

中央のカットソーには「ALPHA」「MIND」「THEORY」など、スピリチュアルぽさが感じられる単語が並んでいます。

f:id:yamada0221:20211206141958j:plain

大樹の前に裸足で並んでいるのも、なんかそれっぽい感じ。

f:id:yamada0221:20211206142002j:plain

上掲過去記事のように、ラフ・シモンズはアメリカ同時多発テロ事件を予兆したとも思われるくらい、時代の流れに敏感なデザイナーです。

ラフ・シモンズが発表したこのスピリチュアルな雰囲気が強いコレクションと、日本のスピリチュアルブームも、時代の空気感や人々が求めるモノという点で、共通性があるのかもしれません。

次回に続きます。