山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

あのモンスターパーカの防融生地がパンツに。ワークマン×山田耕史「フレイムテックアウトドアワークパンツ」徹底レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20220228153029j:plain

まだまだあります。ワークマン×山田耕史共同開発2022年春夏新製品

今回ご紹介するのは「フレイムテックアウトドアパンツ」です。

f:id:yamada0221:20220228133648j:plain

左前のポケットには、「FLAME TECH」のロゴと焚き火のイラストが。

f:id:yamada0221:20220228133654j:plain

こちら、2021年秋冬に発売され即完売、ワークマン過酷ファッションショーにも僕が着用して登場したモンスターパーカと同じフレイムテック加工素材が用いられているんです。

www.yamadakoji.com

 

フレイムテックとは?

そもそも、フレイムテックとは焚き火などの火の粉が飛んできても穴が空きにくい防融加工のこと。この「フレイムテックアウトドアワークパンツ」は、10回の洗濯後も防融加工が持続するとのことです。

f:id:yamada0221:20220228133825j:plain

過酷ファッションショーのランウェイでは、火の粉を飛ばしての実演も行いました。

f:id:yamada0221:20220228152605j:plain

もちろん、穴は空きませんでした。

f:id:yamada0221:20220228152559j:plain

2022年春夏からワークマンはキャンプグッズの本格展開を開始

既にご紹介した製品の他、寝袋やテントも提供いただいているので、今年からは僕も本格的にキャンプを始めたいと思っています。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

もちろん焚き火にも挑戦してみたいので、是非とも活用してみたいですね。

また、過酷ファッションショーでもモデルさんたちがパフォーマンスしていましたが、花火のときなんかも重宝しそうです。

f:id:yamada0221:20220228152928j:plain

 

日常生活でも穿きたくなる機能の数々

ですが、「フレイムテックアウトドアワークパンツ」はそのような特殊なシーンだけでなく、ちょっとしたアウトドアなど、日常生活でも穿きたくなる機能が満載されています。

 

f:id:yamada0221:20220228133648j:plain

まず目につくのが、フロントの太股部分に設けられた大きなフラップ付きのポケット。マチがあるので、かなりの容量。

f:id:yamada0221:20220228133713j:plain

右脚のポケット内部にはスマートフォン用の小さなポケットも隠れています。

f:id:yamada0221:20220228133816j:plain

「フレイムテックアウトドアワークパンツ」にはストレッチ生地が用いられていますが、更に屈伸が楽にできるように膝部分が立体的なつくりになっています。

f:id:yamada0221:20220228133717j:plain

パッと見はシンプルな裾。

f:id:yamada0221:20220228133722j:plain

裏返すと、スピンドルが現れます。

f:id:yamada0221:20220228133727j:plain

こうやって裾を絞って穿くことも可能。自転車に乗るときなど、裾のバタつきが邪魔になるときに重宝します。

f:id:yamada0221:20220228133731j:plain

 

しっかりとしたつくりの付属品

僕がこの「フレイムテックアウトドアワークパンツ」を手にしたときに感じたのが、付属品のつくりの良さ

f:id:yamada0221:20220228133659j:plain

ウエストのアジャスターベルトや太股部分のポケットのボタンなどの付属品がかなりしっかりしたつくりなんです。かなり頑丈な印象で、ちょっとやそっとの使用ではガタが来なさそうな、安心感があります。

f:id:yamada0221:20220228133704j:plain

裏返してみると、フラップポケットの裏側には補強用の布が縫い付けられているので、多少重いモノを入れても、ポケットが破れてしまうことはなさそうです。

f:id:yamada0221:20220228133805j:plain

ウエストはこのアジャスターベルトだけでなく、ベルトループも付いています。

f:id:yamada0221:20220228133709j:plain

更にウエストの内側には紐も通っているので、自分の好みに合わせたウエストの調節が可能

f:id:yamada0221:20220228133801j:plain

背面にも大容量のマチ付きフラップポケット。

f:id:yamada0221:20220228133736j:plain

右側にはフラップポケットの上に更にポケットが設けられています。ポケットは全部で9つと、かなり収納力は高め。

f:id:yamada0221:20220228133741j:plain

アジャスターの下部分にはD管が。

f:id:yamada0221:20220228133746j:plain

D管は左右両方に設けられています。

f:id:yamada0221:20220228133751j:plain

股下はクライミングパンツが元祖のガゼットクロッチ仕様。

f:id:yamada0221:20220228133756j:plain

ウエストの裏面にはフックなどに吊り下げておけるループが付けられています。こちら、ロッカーに入れておくときなんかに使うそうです。

f:id:yamada0221:20220228133811j:plain

 

着用例

僕(176cm65kg)がLLサイズを着用してちょうどくらいです。

f:id:yamada0221:20220228133950j:plain

機能的に必要なディテール以外のデザインは廃された、シンプルでベーシックなデザインなので、スウェットのようなカジュアルウェアとも相性が良好。

f:id:yamada0221:20220228133954j:plain

生地には耐久撥水加工も施されているので、雨の日でも気軽に穿けます。

f:id:yamada0221:20220228133959j:plain

 

お値段2,500円(税込)

「フレイムテックアウトドアワークパンツ」のお値段は2,500円(税込)。今回ご紹介したグリーンの他、フレイムベージュ、イエローの3色展開です。

f:id:yamada0221:20220228133821j:plain

既に多くのお店で入荷済みのようなので、気になる方はお早めに。

2022年春夏では「フレイムテックアウトドアワークパンツ」にも、フレイムテック素材を用いた製品が展開されます。明日以降ご紹介していきますので、お楽しみに。