山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

大人気のスキニーパンツは女性に大不評でした。【POPEYE2008年1月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210325114310j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

既に2回ご紹介しているPOPEYE2008年1月号の続きです。(文中敬称略)

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

やはり人気のディオール・オム

今号はストリートスナップ特集。前回はアイテム着用率などをご紹介しましたが、モノクロページでは他にもデータが多数掲載されています。

各都市の人気ブランドで目立つのはやはりディオール・オムN.ハリウッドやジョンローレンスサリバンなどのドメスティックブランドも健闘しています。

面白いのは、他の都市では全く登場していない古着が大阪で1位ということ。

f:id:yamada0221:20210317143342j:plain

f:id:yamada0221:20210317143400j:plain

”おしゃれだと思う男性芸能人”、1位はオダギリジョー。2位はキムタク。

f:id:yamada0221:20210317143417j:plain

”おしゃれだと思う女性芸能人”1位は木村カエラ。

f:id:yamada0221:20210317143433j:plain

 

細すぎるスキニーパンツ、気持ち悪くない?

男女を問わずファッション誌によくある、異性の座談会的記事。こちらは”女のコの本音座談会 好感が持てるスタイルとは?”。

f:id:yamada0221:20210317143450j:plain

これまでご紹介してきたように、大人気で着用率も非常に高いスキニーパンツが”苦手”だそうです。

”あんまり細すぎるとスパッツみたいで、ちょっと気持ち悪くない?(笑)”と、かなりの酷評っぷり。

また、”最近、普段着でネクタイしている人が多い”ことに対しても”ネクタイはスーツのときくらいでいいと思う””ハットとかサングラスとかって、身につければいいって感じの人が多い気がしない?”と、トレンドアイテムは軒並み不評

で、”やっぱりパンツはシンプルなのがいいよ。一番好きなのはスラックスをはいてる人””彼氏に求めるのはシンプルな着こなしと清潔感!””程よく爽やかでこぎれいな格好が一番じゃないかな!”と、シンプルな服装が評価を集めています。こういったって、男女を問わずだいたいこんな感じの着地点が多い気がしますね。元々結論ありきのような気がしないでもないですが…

f:id:yamada0221:20210317143511j:plain

カップルスナップ。後にメンズノンノとかでもよく登場する方も見えますね。

f:id:yamada0221:20210317143527j:plain

スタッフトーク。

f:id:yamada0221:20210317143545j:plain

トヨタタイアップページ。

f:id:yamada0221:20210317143601j:plain

こういうコンセプトカーのデザインって13年前にも関わらず未来感があるのが面白いですね。

f:id:yamada0221:20210317143617j:plain

スナップでも人気だった、ゴールドのスニーカー。

f:id:yamada0221:20210317143632j:plain

コンバースタイアップページ。

f:id:yamada0221:20210317143649j:plain

 

まだ垢抜けない印象のユニクロ

ユニクロのロンドン旗艦店オープンの入学。

f:id:yamada0221:20210317143706j:plain

商品のデザインやスタイリングまだ垢抜けない印象。今のユニクロの方が断然ファッション性が高いですね。13年前という時代の要素だけでなく、やはりユニクロのデザイン性がこの頃よりも格段に上がっているのだと思います。

f:id:yamada0221:20210317143723j:plain

NTTドコモ広告。僕も携帯はドコモでしたが、ここに登場しているのは使ってませんでした。当時使っていたのはモトローラだったかな?

f:id:yamada0221:20210317143740j:plain

宮藤官九郎もぴたぴたスキニーパンツをブーツイン。

f:id:yamada0221:20210317143756j:plain

シャア専用ケータイ。

f:id:yamada0221:20210317143814j:plain

今もファンが多いインフォバー。今見ても良いデザインだと思います。

f:id:yamada0221:20210317143830j:plain

ライトオンのブランド、フラッシュリポート。当時はフラッシュリポートのオンリーショップが多かったんですね。

こうやってフラッシュリポートで打ち出されているということは、ショート丈のPコートはかなり当時かなりマスに浸透していたアイテムだということがわかります。

f:id:yamada0221:20210317143847j:plain

鈴木おさむ連載。

f:id:yamada0221:20210317143903j:plain

書籍、音楽。BOOM BOOM SATELLITESインタビュー。

f:id:yamada0221:20210317143955j:plain

www.youtube.com

マルイ系はショート丈ウールアウター全盛

マルイのオンラインストア、マルイウェブチャネルページ。当時のマルイ系の雰囲気がよくわかります。

f:id:yamada0221:20210317144006j:plain

やはりダッフルコートもショート丈。ファーやレザーパイピングなどの押し出しの強いデザインが目立ちます

f:id:yamada0221:20210317144040j:plain

レザーブルゾンに存在感のあるバックルのベルト。

f:id:yamada0221:20210317144022j:plain

グレーボディのダウンジャケットの裏地はパープル。マルチカラーストライプ柄のマフラーも一世を風靡しましたねぇ。

f:id:yamada0221:20210317144058j:plain

有楽町マルイがオープンしたのもこの頃でしたか。D&Gやブラックバレット、シェラックなどの押し出しの強いブランドが筆頭。

f:id:yamada0221:20210317144114j:plain

 

懐かしの時しらずが復活してます

ストリートスナップを撮影した各都市のショップ情報。取り扱いブランドで当時の雰囲気がわかりますね。仙台、横浜。

f:id:yamada0221:20210317144131j:plain

京都、名古屋。

f:id:yamada0221:20210317144144j:plain

ユナイテッドアローズが手掛けていたセレクトショップ、時しらず。ストリートブランドとデザイナーズブランドをミックスした、先鋭的な提案が人気でした。

f:id:yamada0221:20210317144201j:plain

2010年にショップはクローズ。

www.fashionsnap.com

ですが、今年、川崎市の新丸子に「tokishirazu」として復活しています。

charcoal-ltd.co.jp

インスタグラムアカウントもスタートしています。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by tokishirazu (@tokishirazu_shinmaruko)

www.instagram.com

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by tokishirazu (@tokishirazu_shinmaruko)

www.instagram.com

大阪、福岡。

f:id:yamada0221:20210317144218j:plain

トーキングアバウトジアブストラクション。スウェットにジーンズを転写プリントするなど、面白い挑戦をしていたブランド。

f:id:yamada0221:20210317144234j:plain

現在は海外インスタマーケットでも人気です。

www.yamadakoji.com

堀江のクレオパトラ。留学前に大阪の服飾専門学校に1年間だけ通っていましたが、近くにあったこのお店はちょくちょく寄っていました。

f:id:yamada0221:20210317144251j:plain

 

ロックなルメール

祐真朋樹連載ページ。やはりワークウエアは時代性が出にくいですね。

f:id:yamada0221:20210317144309j:plain

カトゥーン田口淳之介。ランバンやジョンローレンスサリバンなどの人気デザイナーズブランドが中心のスタイリング。

f:id:yamada0221:20210317144328j:plain

f:id:yamada0221:20210317144344j:plain

右ページスタッズ柄のカーディガンは、現在Uniqlo Uを手掛けるクリストフ・ルメールのブランド、ルメールのもの。今はゆったりとしたシルエットと優しい色使いですが、ディオール・オム的ロックスタイルが人気だった当時は、ルメールもこのようなロックな雰囲気。

f:id:yamada0221:20210317144400j:plain

ニットページ。柄、柄、柄。

f:id:yamada0221:20210317144416j:plain

そう言えば、フェアアイル柄が人気でした。

f:id:yamada0221:20210317144432j:plain

Vネックの多色使いアーガイル柄ニットは今の感覚からかなり遠いアイテムなのでは。

f:id:yamada0221:20210317144448j:plain

コムデギャルソンのクリスマス限定アイテム。

f:id:yamada0221:20210317144504j:plain

ラメプリントのTシャツは記憶にあります。

f:id:yamada0221:20210317144521j:plain

f:id:yamada0221:20210317144538j:plain

 

攻めたデザインのナイキの時計

ナノ・ユニバース☓G-SHOCK。

f:id:yamada0221:20210317144554j:plain

服に比べ、G-SHOCKは時代性があまり感じられない気がしますね。

f:id:yamada0221:20210317144613j:plain

”アクセウォッチ大集合!”という、時計をアクセサリー的に使う提案

f:id:yamada0221:20210317144630j:plain

ゴールドのG-SHOCK、クリスタルのスカルなど、ここらへんの過剰なデザインには流石に時代性が出ます。

f:id:yamada0221:20210317144646j:plain

f:id:yamada0221:20210317144702j:plain

f:id:yamada0221:20210317144719j:plain

個人的に非常に懐かしかったのが、こちらのナイキ。当時、ナイキは非常に攻めたデザインの時計を沢山出してたんですよね。僕はここらへんのデザインが非常に好きで、当時似たようなモデルを愛用していました。

f:id:yamada0221:20210317144736j:plain

f:id:yamada0221:20210317144753j:plain

小物ページ。

f:id:yamada0221:20210317144811j:plain

長い長いロングマフラー。僕も昔ロングマフラーを持っていたんですが、街中で暑くて取ったときに収納に非常に困るんですよね笑。

f:id:yamada0221:20210317144827j:plain

ストリートスナップでも沢山登場していましたが、やはりDAIGO的レザーグローブは人気だったんですね…。

f:id:yamada0221:20210317144844j:plain

ボストンバッグもメッセンジャーバッグもレザー素材ばかり。

f:id:yamada0221:20210317144901j:plain

ジュエリーもロック感があるのが中心。

f:id:yamada0221:20210317144919j:plain

f:id:yamada0221:20210317144935j:plain

ワンオクインタビュー。

f:id:yamada0221:20210317144952j:plain

ギターはPOPEYEの表紙も飾ってたモデルだったんですね。

f:id:yamada0221:20210317145005j:plain

ベテランスタイリスト、馬場圭介が手掛けるブランド、GB。

f:id:yamada0221:20210317145020j:plain

 香水。

f:id:yamada0221:20210317150513j:plain

ラフ・シモンズが手掛けていたジル・サンダーの香水。

f:id:yamada0221:20210317150455j:plain

f:id:yamada0221:20210317150437j:plain

マグロのリキュール漬け、美味しそう笑

f:id:yamada0221:20210317150419j:plain

 アイテムピックアップ。

f:id:yamada0221:20210317150402j:plain

キャノンのIXY。このデザイン、いいですよね。800万画素。

f:id:yamada0221:20210317150345j:plain

マルイ系の代表格、コムサ。

f:id:yamada0221:20210317150311j:plain

この90sのジル・サンダーやヘルムート・ラングを思わせるミニマムなスタイルは結構好きなんですが、復権しませんかねぇ。

f:id:yamada0221:20210317150327j:plain

佐藤可士和連載。 

f:id:yamada0221:20210317145941j:plain

福田沙紀という名前、なんか見覚えがあるなと思ったら、

f:id:yamada0221:20210317145924j:plain

先日ご紹介したSTREET JACK 2010年10月号のコンバースの広告にも登場していました。

f:id:yamada0221:20210304114620j:plain

www.yamadakoji.com

 

エディの終わり、トムの始まりは2008年

次号予告。

f:id:yamada0221:20210317145908j:plain

ディオール・オム的ロックスタイルの次のメンズファッションムーブメントの索引役となるトム・ブラウンの名前が登場。

f:id:yamada0221:20210317145852j:plain

”新アメリカン・トラッド”が主役になります。ということは、2008年がトム・ブラウン的アメトラトレンドへの転換期と言えるでしょう。 

f:id:yamada0221:20210317145834j:plain

裏表紙はD&G。

f:id:yamada0221:20210317145817j:plain

まだ手持ちにはありませんが、2008年、2009年あたりの雑誌も入手して、トム・ブラウン的アメトラがどのように広がって行ったのかも検証したいですね。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!