山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【2004年メンズノンノ】そろそろリバイバル?ちょいワルで味付け濃いめなearly00sデザイン。【3月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20211214145953j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

引き続きご紹介するのはメンズノンノ2004年3月号です。

f:id:yamada0221:20211206141724j:plain

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

盛り盛りデザインのアウター

スタイリスト特集に続いて、”春のアウター最新ラインナップ”。

f:id:yamada0221:20211206142222j:plain

モード系ブランドが中心のメンズノンノ。ラフ・シモンズやD&Gなど。

f:id:yamada0221:20211206142228j:plain

f:id:yamada0221:20211206142232j:plain

左端のルックはフセイン・チャラヤン。

f:id:yamada0221:20211206142236j:plain

ボーダー柄のインナーのルックはジュンヤワタナベ。

f:id:yamada0221:20211206142241j:plain

ミリタリアウター。

f:id:yamada0221:20211206142246j:plain

くすんだ色合いが多いですね。

f:id:yamada0221:20211206142254j:plain

切替やポケットのアレンジなど、アクが強めのデザインが主流だったようです。

f:id:yamada0221:20211206142303j:plainデニムアウター。

f:id:yamada0221:20211206142308j:plain

こちらもかなりアクが強め。2021年の今だと、デザイナーズブランドと言えどなかなか見られない盛ったデザイン

f:id:yamada0221:20211206142317j:plain

ライダース。

f:id:yamada0221:20211206142321j:plain

こちらもかなりディテールが盛り盛り。

f:id:yamada0221:20211206142325j:plain

素材も多種多様。

f:id:yamada0221:20211206142330j:plain

 

デザインの主張が強いシャツ

お次は”最旬シャツ、カウントダウン30!”。シャツ特集です。

f:id:yamada0221:20211206142334j:plain

久しく見ていない、ウエスタンシャツ。本来無骨な印象の強いウエスタンシャツをドット柄で可愛らしくアレンジしたのはツモリチサト。

f:id:yamada0221:20211206142339j:plain

目深に被ったニット帽やバンダナ。パステルカラーのシャツにこういったワルそうな小物のアレンジも、今見ると新鮮に感じます。

f:id:yamada0221:20211206142343j:plain

色合いや柄の大きさなどにも時代性が出ています。やはり今よりもかなり主張が強いように思えます。

f:id:yamada0221:20211206142347j:plain

f:id:yamada0221:20211206142400j:plain

 

そろそろリバイバル?ちょいワルカジュアル

”使えるスウェット、上級セレクション”。アイテム自体のデザインの主張も強いのですが、スタイリングで更に主張が強くなっています。

f:id:yamada0221:20211206142408j:plain

昆虫のような大きめのサングラス。ヒゲや髪型の主張も強め。

f:id:yamada0221:20211206142413j:plain

f:id:yamada0221:20211206142418j:plain

左の黒のルックのY-3はラグジュアリーストリートの先駆けと言えるブランドです。

f:id:yamada0221:20211206142423j:plain

f:id:yamada0221:20211206142427j:plain

f:id:yamada0221:20211206142433j:plain

f:id:yamada0221:20211206142438j:plain

スウェットパンツ。

f:id:yamada0221:20211206142443j:plain

スカジャンにスウェットパンツ。このちょいワルなカジュアルスタイル、今だと40代の休日のお父さんでたまに見かける雰囲気ですが、これもまた一周してそろそろ新鮮さが感じられる気がします。とはいえ、リバイバルするにしてもまだもうちょっと先だと思いますが。

f:id:yamada0221:20211206142447j:plain

この辺りのシンプルモードロックスタイルは後のマルイ系に繋がっていそうです。

f:id:yamada0221:20211206142451j:plain

f:id:yamada0221:20211206142455j:plain

f:id:yamada0221:20211206142500j:plain

リーバイス広告。N3BPというラインみたいです。

f:id:yamada0221:20211206142504j:plain

ちょっとリーバイスレッドっぽいデザイン。

f:id:yamada0221:20211206142509j:plain

 

盛り盛りデザインのカバンドズッカ

カバンドズッカ。イッセイミヤケの系譜のブランド。先程のツモリチサトもそうですね。

f:id:yamada0221:20211206142513j:plain

イッセイミヤケ系ブランドは、コムデギャルソンやヨウジヤマモト系もブランドよりもポップで可愛らしいデザインが特徴ですが、この2004年当時のカバンドズッカは時代の影響が強かったせいか、ロックやバイカーを思わせるハードな印象のデザインを提案していま。

f:id:yamada0221:20211206142522j:plain

髪型もウルフヘアでワイルドな感じ。

f:id:yamada0221:20211206142518j:plain

60sっぽい雰囲気も。

f:id:yamada0221:20211206142526j:plain

洗いのかかったライダースジャケットに、キーホルダーがたくさん付けられたパンツ。

f:id:yamada0221:20211206142530j:plain

f:id:yamada0221:20211206142534j:plain

このパンツもすごいですね。フロントのジップが太もものとこまで伸びてます。

f:id:yamada0221:20211206142543j:plain

盛り盛りデザイン。

f:id:yamada0221:20211206142556j:plain

この辺りのデザインは、後のPPFMに影響を与えていそうです。

f:id:yamada0221:20211206142600j:plain

www.yamadakoji.com

”鮮烈デビュー!新生タケオキクチ”。

f:id:yamada0221:20211206142609j:plain

”菊池武夫氏から、新鋭の信國太志氏へ”。

f:id:yamada0221:20211206142613j:plain

信國太志さんは現在テーラーとして活動されていますが、その未来を予見するかのようなスーツスタイル。コンパクトなジャケットに、ややゆったりとしたパンツのバランスが格好良いですね。

f:id:yamada0221:20211206142617j:plain

コレクションレポート。

f:id:yamada0221:20211206142623j:plain

バックステージには祐真朋樹さんも。

f:id:yamada0221:20211206142627j:plain

菊池武夫さんと信國太志さん。

f:id:yamada0221:20211206142631j:plain

アバハウスが展開するブランド、5351。このビジュアルからもわかるように、かなり強めのロックテイストが人気で、マルイ系の筆頭とも呼べるブランドでした。

f:id:yamada0221:20211206142635j:plain

現在は時代の雰囲気を反映してか、随分マイルドになりましたが、やはり男っぽさは健在のようです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 5351POURLESHOMMES (@5351pourleshommes_official)

www.instagram.com

”ファッションクリップス”。

f:id:yamada0221:20211206142641j:plain

ベルンハルト・ウィルヘルムかな?と思ったんですが、ダイエットブッチャースリムスキンでした。

f:id:yamada0221:20211206142646j:plain

最近ではビックカメラの制服を手掛けているというニュースがありました。

右ページ、フォルクスワーゲン広告。

f:id:yamada0221:20211206142655j:plain

このデザイン、良いですねぇ。

f:id:yamada0221:20211206142700j:plain

スニーカー。

f:id:yamada0221:20211206142704j:plain

ナイキのエアフォースワンやダンクなど。ここらへん、今だとお高くなっているんでしょうか。プーマのレーシングシューズは今見るとかなり新鮮。

f:id:yamada0221:20211206142710j:plain

ヴァンズの定番スニーカー、SK8にHI-HIという超ハイカットがあったとは。しかもレザー素材。

f:id:yamada0221:20211206142714j:plain

f:id:yamada0221:20211206142718j:plain

DVD&HDDレコーダー。

f:id:yamada0221:20211206142723j:plain

家電のデザインの系譜もまとめたら面白そうです。

f:id:yamada0221:20211206142728j:plain

右ページはコンバースの広告。

f:id:yamada0221:20211206142733j:plain

カルチャー。

f:id:yamada0221:20211206142739j:plain

リーバイスのタイアップページ。

f:id:yamada0221:20211206142743j:plain

ピックアップされているのはブーツカットの517。ブーツカットやフレアパンツは2年くらい前からリバイバルが噂されていましたが、現時点ではブレイクには至っておらず。今後はどうでしょうね。

f:id:yamada0221:20211206142748j:plain

ニットキャップは深めに被るのが定番だったようです。

f:id:yamada0221:20211206142752j:plain

 

女のコが好きな漫画ダントツ1位のNANA

モノクロページは”女のコ解体新書2004”。

f:id:yamada0221:20211206142757j:plain

の、前にユナイテッドアローズ広告。プレッピーな印象のマドラスチェック柄パッチワークジャケット。

f:id:yamada0221:20211206142801j:plain

好きな男性タレント1位はオダギリジョーさん。

f:id:yamada0221:20211206142805j:plain

f:id:yamada0221:20211206142809j:plain

好きな漫画はNANAがダントツ1位。

f:id:yamada0221:20211206142813j:plain

”ケータイ”が”今や人類の必須アイテム?”。

f:id:yamada0221:20211206142818j:plain

f:id:yamada0221:20211206142823j:plain

f:id:yamada0221:20211206142828j:plain

デューク更家!一世を風靡しましたねぇ。

f:id:yamada0221:20211206142832j:plain

現在もウォーキングのレッスンで活躍されているようです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 【公式】デューク更家 (@dukesaraie)

www.instagram.com

f:id:yamada0221:20211206142842j:plain

次回に続きます。

www.yamadakoji.com