山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【1995年】人気のB-BOYスタイルは古着で差をつける。【ホットドッグプレス】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20220310154249j:plain

90年代を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

前回に引き続きご紹介するのはホットドッグ・プレス1995年11月10日号です。

f:id:yamada0221:20220113120839j:plain

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

古着で差をつける人気のB-BOYスタイル

右ページ、当時ちょっとした流行語になった「愛だろ、愛っ。」がキャッチフレーズのサントリー「ザ・カクテルバー」広告は永瀬正敏さん。

テレビCMも人気でした。

www.youtube.com

続いて左ページからは”’95〜’96秋冬最強の5大ファッション特集”の第2弾、”大人気の”古着”を今こそ極める!”。最初にリーバイス、ラングラー、エドウィン、リーそれぞれの歴史をおさらい。

f:id:yamada0221:20220113115027j:plain

当時、ヴィンテージレプリカブランドが大人気でした。ここではエビス、ジョンブル、ワーカーズをピックアップ。

f:id:yamada0221:20220113115032j:plain

”流行のB-BOYスタイルは人気ブランドの古着で差をつけろ!”。今の感覚だと古着とB-BOYとはあまり馴染みがなさそうな気がします。

f:id:yamada0221:20220113115036j:plain

ピックアップされているのは、今も古着屋さんで定番のブランドの数々。まず、アディダス、プーマ、ナイキのスポーツブランド。

f:id:yamada0221:20220113115042j:plain

ジョーダンブランドのジャンプスーツなんてあったんですね。フィラやフレッドペリーはポロシャツが中心。

f:id:yamada0221:20220113115046j:plain

 

人気のコロンビアは超品薄状態

ラコステ、ステューシー、GAP、マクレガー、コロンビア。

f:id:yamada0221:20220113115051j:plain

”人気のコロンビアのアイテムは超品薄状態だ”。一部のアイテムを除いて現代はそれほど価値が見出されていないコロンビアですが、当時は非常に人気が高かったようです。

f:id:yamada0221:20220113115055j:plain

”古着を使ってB-BOYスタイルを完成させる!”。

f:id:yamada0221:20220113115059j:plain

色合いや柄、シルエット、そしてロン毛などいかにも90年代の雰囲気

f:id:yamada0221:20220113115104j:plain

サングラスやハットといった小物からも90年代っぽさがにじみ出ています。

f:id:yamada0221:20220113115108j:plain

ポンプフューリーやエアハラチなどの名作ハイテクスニーカーがずらり。

f:id:yamada0221:20220113115112j:plain

左ページはダンクなどのローテク系。

f:id:yamada0221:20220113115118j:plain

 

太めの’30sはヒップホップ系にハマる!

”ヴィンテージディテール必携!レプリカジーンズ詳細商品学”。オリジナルのリーバイスのヴィンテージと、レプリカブランドの紹介です。

f:id:yamada0221:20220113115123j:plain

まずはヴィンテージのリーバイス501のディテール。

f:id:yamada0221:20220113115128j:plain

年表まで掲載されており、かなりの情報量。

f:id:yamada0221:20220113115133j:plain

レプリカは年代別に紹介されています。まずは30年代。”太めの’30sはヒップホップ系にハマる!”。ヒップホップスタイルにヴィンテージジーンズを取り入れるという提案。

f:id:yamada0221:20220113115137j:plain

エビスの創業者、山根英彦さん。デザイナーという肩書。

f:id:yamada0221:20220113115142j:plain

続いて40s〜60s。50sはスキージャケットにハイテクスニーカーでモードっぽく、66モデルはモッズスタイルでの提案。

f:id:yamada0221:20220113115146j:plain

”超格安!人気ユーズドデニム最新プライスカタログ”。

f:id:yamada0221:20220113115151j:plain

マービンズの店長、半澤和彦さん。90年代はヴィンテージジーンズの生き字引的存在でした。”各モデルを通して売れているのは色落ちの良いモノです”とのこと。

f:id:yamada0221:20220113115155j:plain

f:id:yamada0221:20220113113538j:plain

わかりやすい価格表。501XXが10万円以下で買えていたという時代。

f:id:yamada0221:20220113113542j:plain

ダメージなどで割安になっているモデル。左下には”極上国産ジーンズ”として、COSMOというブランドがピックアップされています。

f:id:yamada0221:20220113113546j:plain

価格帯別のジーンズ、Gジャン。

f:id:yamada0221:20220113113551j:plain

f:id:yamada0221:20220113113555j:plain

f:id:yamada0221:20220113113601j:plain

f:id:yamada0221:20220113113605j:plain

バッファローボブス。後にお兄系ブランドに転身しますが、当時は古着屋さんでした。

f:id:yamada0221:20220113113610j:plain

f:id:yamada0221:20220113113615j:plain

f:id:yamada0221:20220113113620j:plain

f:id:yamada0221:20220113113625j:plain

”厳選ショップ22”。今も営業しているお店はごく少数です。

f:id:yamada0221:20220113113629j:plain

f:id:yamada0221:20220113113634j:plain

次回に続きます。