山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

”無敵のリアルブランド”グッドイナフの新作紹介。【メンズノンノ1999年12月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210715115036j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

前々回、前回に引き続きメンズノンノ1999年12月号のご紹介です。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

エディ・スリマン時代のサンローラン

ナイキACG広告。 

f:id:yamada0221:20210614142849j:plain

イラストのタッチが時代を感じさせます。エアクレステッドビュートというモデル。ゴアテックス素材が用いられているようです。格好良いですね。

f:id:yamada0221:20210614142907j:plain

ゴルチエ・オム・オブジェ。オンワード樫山のライセンスブランドです。

f:id:yamada0221:20210614142925j:plain

f:id:yamada0221:20210614142947j:plain

サンローラン広告。後にディオール・オムでメンズファッションに大きな影響を与えるエディ・スリマンが手掛けていました。

f:id:yamada0221:20210614143006j:plain

クリーニングというブランド…うーん、こんなのあったっけ…ほんの少しだけ覚えているような覚えていないような…こういう一般名詞のブランドだと、ググってもなかなか情報が見つけられないんですよね…

f:id:yamada0221:20210614143025j:plain

右ページは現在長谷川昭雄さんのディレクションで展開されているノーティカ。

f:id:yamada0221:20210614143044j:plain

京セラの携帯電話広告。「初めてのフリップ」だそうです。

f:id:yamada0221:20210614143105j:plain

左ページ、ハルタ広告。

f:id:yamada0221:20210614143123j:plain

 

大好きだったクリストフ・ルメール

”クリストフルメールの新世界”。今はUniqlo Uを手掛けるクリストフ・ルメールの特集です。ユニクロの前は押しも押されもせぬフランスの老舗ラグジュアリーブランド、エルメスのディレクターを務めていたこともありました。

f:id:yamada0221:20210614143143j:plain

クリストフ・ルメール本人がスタイリングしているそうです。当時は↑のスタイリングのように、シャツの上にナイロンアウターを羽織るような、上品なスポーツテイストというイメージが強いブランドでした。まぁクリストフ・ルメールに限らず、この頃はこういった雰囲気がトレンドだったので、どのブランドの同じようなイメージでしたが。

f:id:yamada0221:20210614143201j:plain

このルメール本人が着ているシャツ、ブラウンの生地にパープルのステッチが入っているんですよ。こういった洒落た配色が当時本当に大好きでした。

f:id:yamada0221:20210614143221j:plain

ですので、左ページで紹介されている代官山のお店は、当時住んでいた神戸から東京に旅行したときに訪れましたよ。生まれて初めて代官山を歩いて、「オシャレな街だな〜」と感じた記憶があります。

インタビューで「日本が好きだし、日本で、初めて成功というものを経験したし(笑)」と話していることから、当時は日本でかなり売れていたんでしょうね。

f:id:yamada0221:20210614143244j:plain

 

入手困難の欲求不満がつきまとうグッドイナフ

”無敵のリアルブランド””グッドイナフ新作プロフィール”。90年代の日本を席巻した裏原宿ブームの中心的ブランド。現在、アーカイブアイテムとして人気が再燃しており、日本国内のみならず、海外インスタグラム市場などでも高値で取引されています。

右ページのムートン素材のダッフルコートは19万5千円。左ページはベンチレーションやメッシュなど、機能性へのこだわりが伺えるアイテムが並んでいます。当時の僕はクリストフ・ルメールのようなデザイナーズブランドに首ったけで、裏原系にはほとんど興味がなかったのですが、今見ると面白い服だと感じますし、もしかしたら裏原系にどっぷりハマっていた可能性もあったかも、と思います。

f:id:yamada0221:20210614143303j:plain

”デザイナーの顔ではないアイデンティティーを持つ特別なブランド”と紹介されていますが、デザインや色遣いなどから完全に藤原ヒロシ感がビシビシと感じられますね笑。しかし、雑誌にはっきりと”つきまとう入手困難の欲求不満”と書かれているのは面白いですね。

f:id:yamada0221:20210614143325j:plain

左ページのスタッズベルトはスタイリスト私物となっていますが、ウルフズヘッドのものでしょうか。

f:id:yamada0221:20210614143343j:plain

以上ののページのスタイリングは藤原ヒロシさん、SKATE THINGさんとともにグッドイナフの中核メンバーだったトールアイさんです。

f:id:yamada0221:20210614143403j:plain

グッドイナフの取扱店リスト。全国で9店のみ。神戸はTWICE。

f:id:yamada0221:20210614143424j:plain

12月号ということで、ブランド小物特集。

f:id:yamada0221:20210614143437j:plain

 

ラグジュアリーブランドビジネスの転換期

エルメス、ルイ・ヴィトン。エルメスのストライプ柄が配された財布はフールトゥ。当時、フールトゥシリーズのトートバッグが大人気でした。ヴィトンは市松柄ダミエはCDケースという時代が感じられるアイテム。マーク・ジェイコブスがメンズのデザイナーに就任した頃で、若返りが図られていました。考えてみれば、当時はラグジュアリーブランドビジネスの転換期でもあったんですね。光沢感が強いヴェルニも当時人気でした。

f:id:yamada0221:20210614143458j:plain

プラダにグッチ。当時のグッチはトム・フォードがクリエイティブディレクターを務めていました。

f:id:yamada0221:20210614143516j:plain

ドルガバ、ミュウミュウ、ジル・サンダー。

f:id:yamada0221:20210614143537j:plain

この頃のミュウミュウ、好きでした。当時、神戸にミュウミュウのショップができて、何度か足を運びました。そういや、偶然何かのパーティをやってて、関係者でも顧客でもないのに入らせてもらい、ちょっとしたお酒やおつまみをいただいたという、よくわからない思い出もあります笑。

f:id:yamada0221:20210614143555j:plain

 

格好良すぎのクラークスのキャッチコピー

ロレアルのブリーチの広告は伊勢谷友介さん。

f:id:yamada0221:20210614143612j:plain

プジョーの広告、攻めてますね。

f:id:yamada0221:20210614143629j:plain

三陽商会のライセンスブランド、イージーバイゼニア。

f:id:yamada0221:20210614143647j:plain

f:id:yamada0221:20210614143705j:plain

右ページ、クラークス広告。

f:id:yamada0221:20210614143723j:plain

”はじめは異端だったが、いつのまにやら正統になっている、という意味のオリジナルズ。”…このキャッチコピー、格好良すぎでしょう。

f:id:yamada0221:20210614143742j:plain

またまたプレゼント特集。

f:id:yamada0221:20210614143756j:plain

アクセサリー。

f:id:yamada0221:20210614143816j:plain

バッグ。ファー素材が目立ちます。

f:id:yamada0221:20210614143834j:plainグッズ。

f:id:yamada0221:20210614143852j:plain

富士通のパソコンの広告。”デジタル・コミュニケーションなんて、楽ちんだ”。

f:id:yamada0221:20210614143912j:plain

次回に続きます。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!