山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【2004年メンズノンノ】AIBOに魅了される藤原ヒロシ。【3月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20211221120419j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

引き続きご紹介するのはメンズノンノ2004年3月号です。

f:id:yamada0221:20211206141724j:plain

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

トーキングアバウトジアブストラクション

ジュエリー広告。

f:id:yamada0221:20211206132637j:plain

”異ジャンルの先駆者同士がコラボレーション 注目のクルマ、注目のブランド”。

f:id:yamada0221:20211206132641j:plain

ボルボとアタッチメント。

f:id:yamada0221:20211206132646j:plain

プジョーとラッドミュージシャン。

f:id:yamada0221:20211206132650j:plain

ニュービートルとノンネイティブ。

f:id:yamada0221:20211206132654j:plain

フェアレディZとサクスワッチファブリック。

f:id:yamada0221:20211206132658j:plainハリアーとユリウス、グランディスとトーキングアバウトジアブストラクション。

f:id:yamada0221:20211206132703j:plain

鋭い眼光。

f:id:yamada0221:20211206132707j:plain

デニムの転写プリントパンツが話題を集めていたブランド、トーキングアバウトジアブストラクション。僕も当時、リサーチで青山の裏通りにある路面店に行ったことを覚えています。

f:id:yamada0221:20211221140832j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/48835977181921496/

そう言えば長らく見ていないな、と思って調べてみると、公式サイトのブログは2017年を最後に更新はされておらず、SNSも同様なので、今は活動していないかもしれません。

f:id:yamada0221:20211206132716j:plain

f:id:yamada0221:20211206132712j:plain

 

AIBOに魅了されるHF

”藤原ヒロシのa little knowledge”。

f:id:yamada0221:20211206132734j:plain

HFが今回ピックアップしたのはソニーのAIBO

f:id:yamada0221:20211206132738j:plain

”子どもの頃からヒーローといえばほとんどがロボットだったし、手にするおもちゃも常にロボットだったような気がします”

AIBOに魅了され、今回この特集にたどり着いたわけです”

と、当時のHFはAIBOに非常に魅力を感じていた様子。今もHFはAIBOを所有しているのでしょうか(してなさそう笑)。

f:id:yamada0221:20211206132742j:plain

AIBOを抱くHF。良い写真です。

f:id:yamada0221:20211206132746j:plain

”MY FAVORITE WEAR”はグッドイナフのスウェット、ELTのシャツ、ビズビムのスニーカー。

f:id:yamada0221:20211206132755j:plain

”GROOVE HUNTING”はプリンスのAROUND THE WORLD IN THE DAY 。

www.youtube.com

ソフのデザイナー、清永浩文さんのサッカー連載。

f:id:yamada0221:20211206132751j:plain

”バリ島$ロンボク島サーフトリップ”。

f:id:yamada0221:20211206132810j:plain

 

セレクトショップ栄枯盛衰

新店舗。

f:id:yamada0221:20211206132814j:plain

六本木ヒルズにワイズ。

f:id:yamada0221:20211206132828j:plain

原宿の明治通りにオープンしたチャオパニック

f:id:yamada0221:20211206132833j:plain

少し前にこの店舗が300円均一になるというニュースを聞いて驚きました。

この流れは今後も続きそうです。

アニエス・ベーのシャツ、ポール・スミスのペン。

f:id:yamada0221:20211206132837j:plain

 

アクの強いmid00sストリートスタイル

ファッションスナップ。高知。全体的にアースカラーな雰囲気。

f:id:yamada0221:20211206132846j:plain

短パンと長ズボンのレイヤード。

f:id:yamada0221:20211206132842j:plain

ニットのダブルライダースにブラックのナロータイ。

f:id:yamada0221:20211206132850j:plain

右下のキャップの彼は、かなりmid00s感が強いコーディネートではないでしょうか。”ラングのデニム”以外にブランドについて触れられていませんが、ナンバーナイン的な雰囲気、あるいはスタイリストの伊賀大介さん的な雰囲気が強く感じられます。

f:id:yamada0221:20211206132854j:plain

伊賀大介さんが人気を集めるようになるのは、僕の記憶だともう少し後だったと思うんですが、それを裏付ける資料が今手元にないので、是非とも資料を手にして明らかにしたいですね。

f:id:yamada0221:20211206132904j:plain

レイヤードや柄や素材の主張がある小物など、総じてアクの強いデザインが人気だったようです。

f:id:yamada0221:20211206132859j:plain

誌面終盤で美容系広告が増えてきます。

f:id:yamada0221:20211206132908j:plain

f:id:yamada0221:20211206132913j:plain

f:id:yamada0221:20211206132917j:plain

 

コムデギャルソン・パルファムはライセンスブランドだった

インフォメーション。

f:id:yamada0221:20211206132922j:plain

ポストペット、ありましたね。僕も使ってました。いつまで使ってたんでしょ…全然記憶にありません。

f:id:yamada0221:20211206132936j:plain

WiLLってありましたね。様々なメーカーが共同してつくったブランドで、自動車なんかもありました。

f:id:yamada0221:20211206132926j:plain

コムデギャルソンの香水ラインである、コムデギャルソン・パルファム。問い合わせ先がコムデギャルソンではなく、プーチジャパンとなっています。

f:id:yamada0221:20211206132930j:plain

プーチはファッションブランドと契約し、ライセンスを取得してフレグランスを製造販売する会社。

www.puig.com

調べてみると、プーチのサイトにしっかりとコムデギャルソン・パルファムのページもありました。

f:id:yamada0221:20211221114509p:plain

f:id:yamada0221:20211221114822p:plain

www.puig.com

プレゼント、ジンズ広告。

f:id:yamada0221:20211206132940j:plain

f:id:yamada0221:20211206132945j:plain

コレクションブランドを主に扱っていた上級誌、メンズノンノG。

f:id:yamada0221:20211206132949j:plain

次号予告。

f:id:yamada0221:20211206132954j:plain

マルイ系ブランド、メンズティノラス。

f:id:yamada0221:20211206132959j:plain

裏表紙はセイコー。長瀬智也さん。

f:id:yamada0221:20211221115128j:plain