山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

襟元を見るだけ!クオリティの高いシャツの見極め方。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマンマスターの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

f:id:yamada0221:20190521134334j:plain

先日の無印良品のシャツの記事で、簡単なシャツのクオリティの見極め方をご紹介しました。

www.yamadakoji.com

それはシャツの台襟の曲線部分がステッチが縁ギリギリに綺麗に縫製されているかどうか、というものです。

台襟とはシャツの首周りのパーツで、たいていのシャツは台襟のボタン周り部分が曲線になっています。

f:id:yamada0221:20190515142538j:plain

なぜ、ここで見極められるかというと、シャツを縫製する際に一番難しい場所の1つだからです。

僕は服飾専門学校でデザインとパターンを学び、フランス留学時はパリコレクションに参加していたデザイナーズブランドで研修もしていました。一通りのアイテムは縫製をした経験があり、どのアイテムのどの部分の縫製が難しいかは理解しているつもりです。

YouTubeにアップされている襟の縫製動画を見るとよくわかりますが、シャツの襟は多数のパーツで構成されており、そのなかでも表襟と見頃の接合部となる台襟部分はかなり複雑なつくりになっています。台襟の曲線部分のステッチは台襟と表襟を縫い合わせた後に縫製されますが、この最後のステッチが縁ギリギリに綺麗に縫製されるためには正確なパターン、正確な裁断、そして最後のステッチに至るまでの各所の正確な縫製が必要です。つまり、高い技術力が必要とされるのです。学生時代は台襟の縫製を失敗して、解いて縫い直すことがよくありました。

www.youtube.com

もちろんシャツのクオリティは縫製だけでは決まりません。パターン、生地、糸、ボタンなどの付属品、そしてデザインなど、様々な要素が組み合わさってできているので、縫製が良いシャツ=良いシャツ、という訳ではありません。ヴィンテージアイテムのように縫製のクオリティがイマイチでもそれが魅力的なアジとなる場合もあります。

ですので、今回ご紹介するシャツのクオリティの見極め方は目安のひとつとお考え下さい。

また、今回は僕の手持ちのなかから低価格ブランド、セレクトショップオリジナル、シャツブランド、デザイナーズブランドなど様々な価格帯のブランドのシャツを7点をピックアップしてご紹介していますが、縫製のクオリティには個体差があります。また、それぞれ素材や製造時期も違うので、あくまでも参考として下さい。

さて、では価格の安い商品から見ていきましょう。

 

¥1,990 ユニクロ ベトナム製

f:id:yamada0221:20190521103503j:plain

f:id:yamada0221:20190521103706j:plain

言わずとしれたユニクロの大定番商品。

f:id:yamada0221:20190521134325j:plain

ユニクロ|オックスフォードシャツ(ボタンダウン・長袖)|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

今回最も安いシャツですが、縫製はかなり綺麗です。というか、価格を考えるとユニクロの縫製レベルは高すぎるんですよね。チートレベルと言ってしまっていいと思います。この価格のこのレベルを基準にしてしまうと他のブランドが気の毒になってしまうのですが、今やユニクロが日本の標準服という状況なので仕方ないですね。

f:id:yamada0221:20190521103556j:plain

 

¥2,990 無印良品 ベトナム製

f:id:yamada0221:20190515105729j:plain

f:id:yamada0221:20190515105748j:plain

上掲の記事でもご紹介した商品です。

 f:id:yamada0221:20190521134314j:plain

新疆綿洗いざらしブロードシャツ紳士L・白 通販 | 無印良品

ユニクロのオックスフォードシャツと比べると1,000円高い商品ですが、縫製はユニクロのほうが圧倒的に上です。とはいえ、先述の通りユニクロのレベルが高すぎで、この価格なら無印良品のこのレベルでも文句は言えないと思います。

f:id:yamada0221:20190515105831j:plain

 

¥3,990 +J 中国製

f:id:yamada0221:20190521103454j:plain

f:id:yamada0221:20190521103443j:plain

 f:id:yamada0221:20190521134322j:plain

ユニクロ|(J)レギュラーフィットシャツ(長袖)|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

以前の記事でもご紹介した+J。

www.yamadakoji.com

同じユニクロでもオックスフォードシャツよりも1,000円お高くなっています。こちらも綺麗な仕上がりですね。 

f:id:yamada0221:20190521103657j:plain

 

¥8,000(推定) green label relaxing 日本製

f:id:yamada0221:20190521103651j:plain

f:id:yamada0221:20190521103530j:plain

おそらく4、5年ほど前に買った、ユナイテッドアローズグリーンレーベルのエランというラインのロング丈シャツです。このライン、今はなくなってるっぽいですが購入時に店員さんにグリーンレーベルの上位ブランドだと聞いた記憶があります。こちらのリリースからもそんな雰囲気が感じられます。だから日本製なんでしょうかね。

green label relaxing|ニュース|GLRから生まれたブランド<Élan(エラン)>の展開店舗が拡大

正確な価格は覚えていないのですが、確か8,000円くらいだったかと…。セレクトショップオリジナルはあまり買ったことはないのですが、この価格帯にしてはかなり綺麗な縫製ではないかと思います。

f:id:yamada0221:20190521103602j:plain

 

20,000円(推定) ブルックス・ブラザーズ  香港製

f:id:yamada0221:20190521103637j:plain

f:id:yamada0221:20190521103608j:plain

ボタンダウンシャツを生み出したアメリカの老舗、ブルックス・ブラザーズ。こちらは古着で購入しました。画像では伝わりづらいですが、かなり高級感のある生地。同じような生地の現行商品は見つかりませんでしたが、他の商品の価格から考えると20,000円くらいはするのではないかと思います。

 f:id:yamada0221:20190521134329p:plain

GF コットンツイル ガーメントダイ カジュアルシャツ 長袖 Regent Fit(シャツ/ブラウス)|BROOKS BROTHERS(ブルックス ブラザーズ)のファッション通販 - ZOZOTOWN

今までの商品と比べるとガンと価格が跳ね上がりましたが、その分縫製の精度も高まっている印象があります。

f:id:yamada0221:20190521103614j:plain

 

20,000円(推定) ギ・ローバー イタリア製

f:id:yamada0221:20190521103622j:plain

f:id:yamada0221:20190521103629j:plain

次はイタリアのシャツブランド、ギ・ローバーのシャツです。こちらを買ったのは5、6年前だったような…正直ほとんど覚えていません。シップスのどこのお店で買ったのかも…こちらは珍しい天竺素材のシャツです。現行商品で天竺素材のシャツが見つからなかったので、鹿の子素材の商品から価格を推定しました。

f:id:yamada0221:20190521134317p:plain

GUY ROVER / ホリゾンタルカラー鹿の子シャツ(シャツ/ブラウス)|GUY ROVER(ギローバー)のファッション通販 - ZOZOTOWN

天竺素材は伸縮性があるので、オックスフォードやブロードよりも圧倒的に縫製が難しいのですが、縫製はかなり綺麗ですね。天竺素材でこの仕上がりはさすがシャツブランド。

f:id:yamada0221:20190521103644j:plain

 

40,000円(推定) コムデギャルソンオムプリュス 日本製

最後にまたガンと価格が跳ね上がります。

f:id:yamada0221:20190521103536j:plain

f:id:yamada0221:20190521103542j:plain

僕の大好きなコムデギャルソンオムプリュスの2000年秋冬コレクションの商品です。

このシーズンはプリュス史上最も好きなシーズン、しかも最もファッションにハマっていた大学生時代だったのでコートやニット、パンツなどたくさん商品を購入しましたが、シャツまでは軍資金が回りませんでした。このシャツは最近メルカリで入手。いや〜格好良いですね。こちらも価格は推定です。プリュスでこの生地、このつくりなら4万円以上はすると思います。

 台襟のステッチは今回ご紹介したシャツのなかで最も綺麗だと思います。なかには高い価格からは考えられなくらい残念な縫製のデザイナーズブランドもありますが、ギャルソンはかなり良心的なつくりだと思います。

f:id:yamada0221:20190521103550j:plain

 

神は細部に宿る

先述の通り、シャツは様々な要素から構成されているため、この見極め方は目安の1つです。

ですが、神は細部に宿るという言葉もある通り、こういったディテールが綺麗な商品は生地や付属品などのクオリティもそれに比例する確率は高いと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!