山田耕史のファッションブログ

自分らしい服がわかるファッションブログです。

無印良品「新疆綿洗いざらしブロードシャツ」レビュー。気軽に買い替え可能な安心の定番。

こんにちは。ファッションアナリスト/ワークマンマスター/兼業主夫の山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

f:id:yamada0221:20190515145925j:plain

ユニクロのブロード素材シャツ

Peingでこんなご質問をいただきました。

f:id:yamada0221:20190515132220p:plain
ユニクロで+J以外でフォーマルだけじゃなくカジュアルでも使えるブロード シャツはありますか? | Peing -質問箱-

オックスフォードシャツをはじめとしたユニクロのシャツのクオリティの高さはご存知の通り。

www.yamadakoji.com

 ですが、ユニクロでブロード素材のレギュラーカラーのカジュアルシャツってないんです。ユニクロのシャツはドレスシャツとカジュアルシャツに分類されていますが、ブロード素材のカジュアルシャツであるエクストラファインコットンシャツは何故か全てボタンダウン。

f:id:yamada0221:20190515132808p:plain

ご質問にもある+Jのシャツはブロード素材。シンプルでベーシックなデザインで特にオススメの逸品なので、先日の記事でも再生産されたことをご紹介しましたが、+Jはイレギュラーな特別コレクションなので、いつ商品がなくなるかわかりません

www.yamadakoji.com

僕的にユニクロで最もオススメのシャツは、今や幻とも言えるイネスコレクションのコットンツイルシャツなのですが、今は手に入れることがほぼ不可能。+Jもイネスコレクションのように、いつかは手に入れられなくなるでしょう。

www.yamadakoji.com

個人的に最も好きなブロード素材の白シャツはコムデギャルソンのフォーマルラインであるコムデギャルソンオムドゥの定番のブロード素材シャツです。定番シャツなので毎年発売されています。デザインも素材もシルエットもベーシックそのもの。好き過ぎて破れてもパッチを当てて着ていました。

f:id:yamada0221:20190515135735j:plain

が、この商品の定価は17,000円くらい。現在専業主夫で子供に服を汚されたり破られたりする可能性が非常に高い僕にとって、この値段のシャツを日常的に着るのはリスキー過ぎます。 

また、白シャツはどうしても襟や袖が汚れやすいので、ある程度着ると部分洗いや漂白をしても汚れが落ちなくなってしまいます。なので、白シャツは下着と同じく消耗品と割り切り、汚れが落ちなくなればためらわず買い替えるべきだと思っていますが、消耗品のシャツに17,000円を払える人は少数でしょうから、当ブログで多くの人にオススメすべき商品ではないと思います。

シャツのなかでもブロード素材、レギュラーカラーの白シャツはメンズカジュアルファッションの軸となるアイテムですが、それの買い替えが気軽にできないのは致命的。

ですので、今回は気軽に買い替えられるお手頃価格のシンプルでベーシックなデザインのブロード素材の白シャツをご紹介します。

 

いつでも買い替え可能な無印良品の新疆綿洗いざらしブロードシャツ

勿体を付けた導入でしたが、ご紹介するのはファッション誌などでもよく登場するこちら。無印良品のブロード素材シャツです。

f:id:yamada0221:20190515102751j:plain

新疆綿洗いざらしブロードシャツ紳士L・白 通販 | 無印良品

 こちらのシャツは先日の【ユニクロ定番商品コーデ】記事でもご紹介しています。

www.yamadakoji.com

176cm65gの僕で、Lサイズがちょうど。

f:id:yamada0221:20190515111851j:plain

ベーシックなレギュラーカラーです。なんでユニクロはこんな感じのレギュラーカラーのブロードシャツを通常ラインでつくってくれないんでしょうか…。

f:id:yamada0221:20190515111914j:plain

品質表示はプリント。

f:id:yamada0221:20190515105748j:plain

前立はプラケットフロント。カジュアルシャツに用いられるディテールです。

f:id:yamada0221:20190515112208j:plain

胸ポケットあり。生地はユニクロのエクストラファインコットンシャツと比べると厚手でごわっとしています。

f:id:yamada0221:20190515111928j:plain

裾のサイドにはガジェットやマチと呼ばれるこちらのディテール。

f:id:yamada0221:20190515105735j:plain

その他、ラウンドカフスやサイドタックなど、一般的なカジュアルシャツのディテールが採用されています。

f:id:yamada0221:20190515105742j:plain

f:id:yamada0221:20190515105755j:plain

もちろんこの商品は+Jやイネスコレクションとは違い、無印良品の定番商品なので着古したらいつでも買い替え可能。なので、安心して自分の定番アイテムとして着られます。

 

新疆綿洗いざらしブロードシャツのクオリティは?

ユニクロのシャツのクオリティの高さは既に誰もが知ることだと思いますが、無印良品のシャツのクオリティはどうでしょう?

一口にシャツのクオリティと言っても、生地や付属品(ボタンなど)、パターンの良し悪しなど様々な要素があって一概には言いにくいのですが、ここでは台襟の縫製をシャツのクオリティを知るひとつの基準にしてみます。

台襟とはシャツの首周りにある、襟と見頃(胴体)の間のパーツ。台襟の端のボタンやボタンホール周辺部分の縫製って難しいんです。台襟の縫製については近々別の記事で詳しくご紹介するつもりですが、ここで縫製技術がある程度わかります

f:id:yamada0221:20190515142538j:plain

ちなみにユニクロのイネスコレクションのシャツの台襟がこちら。やや乱れはありますがほぼ台襟の曲線の縁ギリギリに綺麗に縫製されています。

f:id:yamada0221:20190515105853j:plain

で、無印良品の新疆綿洗いざらしブロードシャツの台襟がこちら。ユニクロに比べると雑な印象は否めないでしょう。

f:id:yamada0221:20190515105831j:plain

もちろん僕が買った個体の縫製がたまたま雑だった、という可能性もありますが、僕個人的には縫製技術は無印良品よりもユニクロのほうが上という全体的な印象はあります。

とはいえ、無印良品のシャツが不良品という訳では決してありません。お手持ちの他の低価格ブランドのシャツと比べてみるとわかると思いますが、2,990円という低価格を考えると、充分と言えるクオリティだと思います。むしろ、ユニクロの縫製レベルが高すぎると考えたほうが妥当です。

 

最大の魅力は合わせる服を選ばない汎用性の高さ

新疆綿洗いざらしブロードシャツの魅力はなんといってもシンプルでベーシックなデザインによる汎用性の高さ。こちらのファッションのジャンルのなかで、マッチしないのは<スポーツ>くらいです。

f:id:yamada0221:20190402105538j:plain

ベーシックなチノパンツや

f:id:yamada0221:20190515111948j:plain

ミリタリーパンツはもちろんのこと、

f:id:yamada0221:20190515111936j:plain

プリントonタイダイ染めという独特なデザインのリーバイスレッドのジーンズや

f:id:yamada0221:20190515111904j:plain

妻から「ピエロみたい」と揶揄されたコムデギャルソンシャツのど派手なパッチワークパンツなど、合わせる服を選びません。

f:id:yamada0221:20190515111857j:plain

以前もご紹介しましたが、白シャツは最も清潔感を演出しやすい服のひとつです。なので、コーディネートに困ったら新疆綿洗いざらしブロードシャツを選んでおけば、ひとまず安心できると思います。

www.yamadakoji.com

 

5/23まで1,990円!

しかも、5/23まで1,990円のセール価格。先述の通り、買い替えはいつでも可能ですが、せっかくのセールなので購入を考えている方はお見逃しなく。

f:id:yamada0221:20190515102733p:plain

 

最後までご覧いただきありがとうございました!