山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ワークマン×山田耕史「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」2021年秋冬最新作徹底レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

 

f:id:yamada0221:20210810162816j:plain

先週からお届けしているワークマン×山田耕史2021年秋冬最新作徹底レビュー

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

今週もワークマン×山田耕史2021年秋冬最新作徹底レビューは続きます

2021年秋冬は今までとは比べ物にならないくらい、沢山の共同開発製品が発売されます。ですので、今週もまだまだワークマン×山田耕史2021年秋冬最新作徹底レビューは続きますので、お付き合いいただければ幸いです。

今回ご紹介するのは 「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」。そう、2020年秋冬にワークマン初のダウンジャケットとして大きな話題を呼んだ製品の、2021年秋冬バージョンです。

www.yamadakoji.com

f:id:yamada0221:20210810152933j:plain

 

生地に空いた針穴を自己修復 

まずは機能のご紹介。この製品の一番の目玉機能が「リペアテック」。なんと、生地に空いた針穴を自己修復するという、驚きの機能です。

f:id:yamada0221:20210810154252j:plain

これまでワークマンでダウンジャケットが展開されていなかった理由は、作業現場などでダウンジャケットに穴が空いてしまった場合、中の羽毛が吹き出してしまうと作業の妨げになるからでした。

ですが、この「リペアテック」機能があれば、そういった危険性を少しでも低くすることができます。

そして、中綿はダウン90%フェザー10%の天然ダウンと、ポリエステル80%アクリル20%の吸湿発熱綿を特殊な技法でブレンドすることにより、ダウン同様の暖かさをキープしたままでダウン量を約半分に削減しているので、着ぶくれを抑えたスマートなシルエットを実現。これも、狭い作業現場で邪魔になりにくいという、リアルワークシーンで役に立つワークマンならではの特徴です。

f:id:yamada0221:20210810154259j:plain

そして家庭でも洗濯可能な上に、乾きやすいという特性もあります。リアルワークシーンでは服はどうしても汚れてしまうもの。洗濯物が乾きづらくなる冬場でも気軽に洗濯ができるのは嬉しいですね。

また、裏面にはブラックアルミプリントが施され、体温を反射することで保温機能をアシストしてくれます。

f:id:yamada0221:20210810154249j:plain

更に、ストレッチ性がある生地には撥水加工が施されています。まさに、リアルワークのための機能がたっぷり詰まった一着です。

 

 目立つロゴや配色などは一切排除

さて、お次はデザインやディテールを見ていきましょう。まず、全てのワークマン×山田耕史共同開発製品に共通して僕がこだわっているのが、シンプルでベーシックなデザイン。「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」には、これまでのワークマン製品に付き物だった、目立つロゴや配色などは一切排除しています。

f:id:yamada0221:20210810152933j:plain

フィールドコアのロゴはシリコン製のスライダーに小さく入っているだけです。

f:id:yamada0221:20210810152939j:plain

胸の左右には止水ジップ。

f:id:yamada0221:20210810152945j:plain

厚手の手袋をしていても開閉しやすいスライダーが付けられています。

f:id:yamada0221:20210810152953j:plain

左右の脇には手を突っ込むのに適したポケットが。

f:id:yamada0221:20210810153007j:plain

袖口を捲くり上げると、リブが。二重構造になっており、手首から冷気が入るのを防いてくれます。

f:id:yamada0221:20210810153013j:plain

ヘルメットをしたままでも被れるように、フードは大きめになっています。

f:id:yamada0221:20210810153020j:plain

裏側の裾部分には大容量の内ポケット。

f:id:yamada0221:20210810153026j:plain

裾は絞って暖かさをキープすることも可能です。

f:id:yamada0221:20210810153032j:plain

 

ビジネスウェアにも馴染みやすい上品な色が追加展開

こちら↓の2020年秋冬モデルはブラック、レッド、イエローの3色展開でした。

f:id:yamada0221:20201005105348p:plain

WASHABLE FUSION DOWN(ウォッシャブルフュージョンダウン)REPAIR-TECH(TM)(リペアテック) ダウンフーディー(ワークマンオンラインストア商品ページ)

既にお気付きかもしれませんが、こちらのアーバンネイビーは2021年秋冬の新色です。カジュアルウェアだけでなく、スーツやジャケパンなどのビジネスウェアにも馴染みやすい上品な色調です。

f:id:yamada0221:20210810152933j:plain

また、こちらのトープブラウンに加え、カーキグリーンも新色として追加され、全部で6色展開と、お好みにあった色を選べるようになっています。

f:id:yamada0221:20210810153045j:plain

f:id:yamada0221:20210810153051j:plain

 

シルエットも改善されています

ネイビーのLLサイズを着用してみました(176cm65kg)。2020年秋冬モデルではやや緩めだった首元のシルエットが、より体にフィットするように細身になっており、防寒性が高められています。

f:id:yamada0221:20210810153117j:plain

シンプルでベーシックなデザインなので、老若男女を問わず誰にでも似合う一着に仕上がっていると思いますが、特にアーバンネイビーは非常に汎用性が高いと感じています。

 

f:id:yamada0221:20210810153111j:plain

トープブラウンも上品な印象。

f:id:yamada0221:20210810153058j:plain

f:id:yamada0221:20210810153104j:plain

こちらで合わせているのはワークマン☓山田耕史「超撥水シェフパンツ」2021年春夏モデル。2021年秋冬では新色を加えて発売されることが決定しています。こちらも近々当ブログでご紹介します。

www.yamadakoji.com

 

お値段は3,900円!

で、お値段は3,900円。普通のお店で売っているTシャツと同じくらいの金額で、これだけの機能を備えたダウンジャケットが買えることは、よく考えてみるとやはり凄いことだと思います。

f:id:yamada0221:20210810154256j:plain

 

9月上旬発売予定

発売予定は9月上旬。

昨年はあまりの人気で即完売、追加入荷してもまた即完売が繰り返され、欲しい人もなかなか手に入れられない状況が続いていましたが、今年は昨年よりも手に入りやすくなる筈です。

 

2021年秋冬最新作世界最速独占レビューはまだ続きます!

今週はこれ以降もワークマン×山田耕史共同開発製品の2021年秋冬最新作を世界最速で独占レビューしていきますので、お楽しみに! 

↓ワークマンオンラインストアはこちらをタップ

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!