山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

僕のウォーキングの最高の相棒。アシックスの3,710円のスニーカー「JOLT3」。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

最近僕がハマっているのがウォーキング。詳細は↓の記事でご紹介しましたが、1回3〜40分のウォーキングを週に3日、そして簡単な食事制限をするだけで、特に大変な思いをすることなく、すんなりと体重が落ちました。

www.yamadakoji.com

↑の記事ではそんなウォーキングのときに着用している服をご紹介していますが、今回ご紹介するのはウォーキングのときに愛用しているスニーカーです。

 

履き心地が良好な廉価版アシックス

快適なウォーキングを支えてくれているのが、アシックスのJOLT3というランニングシューズです。

僕は3,710円というかなりのリーズナブルプライスで購入しました。

定価は4,950円。サイズやカラー、そして日によっても価格は微妙に違いますが、だいたい3,800円くらいで購入可能なようです。

価格からわかる通り、初心者向けのエントリーモデルです。

アシックスはナイキのエアに当たる衝撃吸収素材、アルファゲルなどの様々なハイテクな機能を備えたスニーカーを展開していますが、このJOLT3にはこれといったハイテク機能は搭載されていません。

ですが、そんな廉価版でも十分クッション性が高く、履き心地も非常に良好なのが、アシックスの良さ

 

どんな路面にも対応可能

僕がいつもウォーキングしているのは河原なんですが、そのときの気分や路面の状況に応じて、歩く場所を変えています。

一番多く歩くのは、↓のような砂利道

次に多いのが、↓のような芝生

↓のような舗装路を歩くこともあります。

JOLT3は砂利道、芝生、舗装路の全てに難なく対応してくれています。

ちょっとしたウォーキングには十分過ぎるほどの機能を備えたスニーカーなんですが、Amazonのレビューによるとジョギングにも十分な性能があるようです。

以前から僕が溺愛しているのが、同じアシックスのトレイルランニングシューズ、トレイルスカウト

↓の記事でもご紹介しましたが、このトレイルスカウトの履き心地の良さに出会ってから、デザインが大好きなエアマックスやポンプフューリーなどを履くことがなくなってしまいました。僕のスニーカー観を完全に覆してしまった一足です。

www.yamadakoji.com

トレイルスカウトを履いてウォーキングをしてみたこともあるんですが、僕的にはトレイルスカウトよりもJOLT3のほうがクッション性が高いので、ウォーキングに向いていると思いました。

なので、街を歩くときや、公園で遊ぶときなんかはトレイルスカウト。

そしてウォーキングのときはJOLT3というように履き分けています。

ちなみに、トレイルスカウトを溺愛し過ぎて、生まれて初めてスニーカーの買い溜めをしてしまいましたが、その話はまた別の機会に。

 

ザ・運動靴!な真っ白も気になる

ということで、JOLT3はウォーキングオンリーで着用しているのですが、デザインも悪くないと思っています。

この記事を書くにあたってAmazonの商品ページを見ていると、ザ・運動靴!な真っ白もいいなぁ、と思うようになりました。これからの季節の街履きにも良さそうです。

ひとまず、ウォーキング用スニーカーについては、今履いているJOLT3を履き潰れるまで履いて、その後はそれから考えようかなと思っています。

さ、とりあえず今日も記事を書き終わったので、JOLT3を履いて河原にウォーキングに行ってきます。