山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ワークマンのジーンズが進化して機能性向上!山田耕史共同開発「BASIC STRETCH デニムウォームパンツ」。【2022年秋冬新作】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

情報解禁となった先週金曜日からご紹介している、ワークマン×山田耕史共同開発2022年秋冬新製品

これまでは大人気製品である「超撥水シェフパンツ」の新色をご紹介してきました。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

バージョンアップしたbワークマンのジーンズ 

そして、第3弾として今回ご紹介するのは、ワークマン×山田耕史「BASIC STRETCH デニムウォームパンツ」です。

こちら、2022年春夏に、ワークマン初のジーンズとして登場し、大人気で即完売となったワークマン×山田耕史共同開発「ベーシックストレッチデニムパンツ」の後継製品となります。

www.yamadakoji.com

パッと見は、非常にシンプルでベーシックなデザイン。2022年春夏「ベーシックストレッチデニムパンツ」で施されていた色落ち加工は省かれ、すっきりとした細身のシルエットはより一層シンプルな印象になっています。

よく見ると、ステッチにはイエロー系とオレンジ系の二種類の糸が用いられています。

ジーンズを象徴するディテールであるコインポケットや、リベット。

フロントボタンはフィールドコアのロゴ入り。

フロントポケットのポケットにもロゴが入っています。

フロントジップは安心のYKK製。

後面。

ポケットは横一文字のステッチが入っています。

 

2022年春夏製品で僕が不満に思っていたこと

「BASIC STRETCH デニムウォームパンツ」に付いているフラッシャーには「驚きの5つの機能」という文字が。

2022年春夏「ベーシックストレッチデニムパンツ」同様、名門カイハラ社のデニム生地が用いられている他、ストレッチやサスティナブルといった特徴が謳われています。

上掲の記事でも触れていますが、2022年春夏「ベーシックストレッチデニムパンツ」に対して、僕には不満に思っていたことがありました。

それは、ワークマンならではな機能がなかったということ。

↑のフラッシャーにある機能ももちろん大切ですが、ワークマンならではの知見が詰まった、ワークマンにしかできない製品に仕上がっているとは僕には思えなかったのです

せっかくワークマンがつくるのなら、リアルワークシーンで役立つ機能性を備えた製品であって欲しい、というのが僕の希望です。

 

ワークマンならではの新たな機能

ですが、2022年秋冬「BASIC STRETCH デニムウォームパンツ」には、そんな僕の期待に応えて、ワークマンならではのワークシーンで活きる新たな機能が盛り込まれました。

その機能は後面裏側を見てみるとよくわかります。

後面右側のポケットの裏に、フィールドコアのロゴが入った袋布が縫い付けられています。

なんと、通常のパッチポケットの内側に、隠しポケットが設けられているのです。

このポケットは、スマートフォンがすっぽりと収まるサイズ。↓の画像ではわかりやすいようにスマートフォンが顔を出していますが、ポケットは少し大きめの僕のスマートフォンが全部収まる大きさになっています。

こうやってジャストサイズのポケットに入れていると、スマートフォンが落ちる危険性が格段に少なくなります

まさに、ワークシーンで活きる機能性。もちろん、日常生活でも非常に重宝する機能でしょう。

 

写真では伝わらない新しい機能

更に。

「BASIC STRETCH デニムウォームパンツ」にはもうひとつの機能が新たに盛り込まれています。その秘密は同じく裏面にあります。

その秘密は生地にあるのですが…こうやって拡大しても、その機能は伝わらないのかもしれません。実はこのデニム生地の裏地は起毛加工が施されているのです。

更に拡大してもわかりづらいのですが、触ると起毛されていることがはっきりとわかります。起毛加工により、肌触りが良く、穿くとほんわりと暖か。一般的なジーンズだと冬場は寒く感じるが結構ありますが、この「BASIC STRETCH デニムウォームパンツ」ならば生地のストレッチ性も相まって、冬場の作業の快適性も高まるでしょう。

 

ワークマンのジーンズはまだまだ進化の余地はある

とはいえ、僕個人としては今回の「BASIC STRETCH デニムウォームパンツ」が、ワークマンがつくるジーンズの到達点だとは思っていません。

まだまだ進化の余地はあると信じています。

更にワークマンらしいジーンズに向けての打ち合わせをワークマンの中の人と行っていますので、今後のバージョンアップにご期待下さい。

 

着用例 

176cm65kgの僕で、LLサイズだとちょっとウエストが余るので、ベルトは必要になります。

やや細身のシルエット。

同じシャツを合わせた、「超撥水シェフパンツ」デニムネイビーに比べると、「BASIC STRETCH デニムウォームパンツ」はよりワイルドな印象になっていると思います。

www.yamadakoji.com

2,500円(税込)

お値段は2,500円(税込)

9月下旬頃入荷予定です。

ワークマン×山田耕史共同開発2022年秋冬新製品のご紹介はまだまだ続きます。

初登場の新素材を用いた新製品などもありますのでお楽しみに!