山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

【高機能】ワークマンVSデカトロン!デザイン、機能性、価格、入手しやすさを徹底比較!【低価格】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

・当ブログ2大推しブランドに一躍大注目が!


以前から当ブログで推しているワークマンとデカトロンが、日経トレンディ2019年ヒット予想の第1位に選ばれました。

日経トレンディ 2018年12月号 [雑誌]

|画像タップでAmazon商品ページへ|

yamadakoji.hateblo.jp

 

yamadakoji.hateblo.jp


この2つのブランドが昨日のめざましテレビで取り上げられたらしく、僕のブログのアクセス数が急増。2つのブランドを比較したいのか、「デカトロン ワークマン」というキーワードでの来訪が目立ちました。



当ブログでご紹介している通り、僕はワークマンの商品を数多く愛用していますし、ワークマン愛が高じて現在はワークマンオンラインストアでコラムを連載させてもらっています。


プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ 山田耕史ファッションブログ|ワークマン 公式オンラインストア

また、デカトロンも所有している商品の数は少ないですがヘビーローテションしていますし、現時点で日本に1箇所しかない大阪のリアル店舗に行って多くの商品を実際に見て触っているので、そこそこはデカトロンにも詳しいつもりでいます。

ですので今回はワークマンとデカトロンを良く知る者として、両ブランドを徹底比較してみます。

比較項目はデザイン、機能性、価格、入手しやすさの4つです。ちなみに使用シーンは一般的な日常生活を想定しています。

​​  
​​ ​

・デザイン:ワークマン△ デカトロン○


ワークマンのデザインは△。これは当たり外れがかなり激しいからです。今までブログではカジュアルウェアとして普通に着用できる良デザインのご紹介をご紹介してきましたが、これは僕が数多くあるワークマンの商品のなかから厳選したもの。つまり、ワークマンの商品のなかからデザインが優れているものをよりすぐってご紹介しているのです。

yamadakoji.hateblo.jp

 

yamadakoji.hateblo.jp


ですので、当ブログでご紹介していない商品のなかには、日常のカジュアルウェアとして着用するのはちょっと厳しい、というものも少なくありません。

もちろんそういった商品は釣りやバイクなどのガチのシーンでの着用を想定されてデザインされていると思うので、ガチのシーンで着用するなら違和感はないでしょうが、それでもワークマンの商品にはデザインの改善点がまだまだたくさんあると思います。これからに期待したいですね。というか、僕、デザインやりたいんですよね…。なんとかならないかしら。

それに対し、デカトロンのデザインは○です。基本的にデザインはシンプル。そしてフランスブランドらしく、色使いが綺麗です。例えばこちらのバックパックはデカトロンのケシュアというアウトドアラインの商品ですが、アウトドアブランドのバックパックでここまで綺麗な色のものってなかなかないですよね。

yamadakoji.hateblo.jp


しかも色によってタグの色まで違うという細やかさも。290円という価格でここまでやるブランドは他に存在しないでしょう。





ウェア類も日常のカジュアルウェアに違和感なく取り入れられる洗練されたデザインの商品が数多くあります。

yamadakoji.hateblo.jp


とはいえ、デカトロンもベースはガチのスポーツ用品メーカーなので、日常のカジュアルウェアとして着るのはちょっと違和感があるかな?と思う商品もない訳ではありません。

ですが、それでもデカトロンのデザインの良さは他のスポーツ・アウトドアブランドと比べても引けを取らないと思います。

​​  
​​ ​

・機能性:ワークマン◎ デカトロン◎


機能性はワークマン、デカトロン共に◎です。

ワークマンの一番の魅力は過酷な現場作業で着用されるワークウェアで培った快適性。特に防寒、防暑、運動性、耐久性はピカイチだと思います。

 
これらの機能は現場だけでなく日常生活でも充分に実感ができますね。

yamadakoji.hateblo.jp



これに対し、デカトロンの商品には登山やランニングなどのスポーツに特化した機能性があるので、そのスポーツをしない場合には機能の恩恵を受けることは難しいかもしれません。

とはいえ、用途によっては特定のスポーツに特化した機能を日常生活で活かすことは充分可能だと思います。

例えば僕が今超愛用しているこの↓ハイキング用バックパックは日常生活でもかなり重宝しているオススメアイテムです。僕は仕事で外出するときはノートパソコンとその周辺機器、本や飲み物など結構な大荷物になってしまうのですが、このバックパックだとその大荷物もかなり軽く感じます。
 

yamadakoji.hateblo.jp



​​  
​​ ​

・価格:ワークマン◎ デカトロン◎


価格もワークマン、デカトロン共に◎です。激安です。この点は既に評判になっていますから、わざわざ説明する必要はないかもしれませんね。
どちらも世界有数のコスパを誇るブランドだと思います。
 

yamadakoji.hateblo.jp




​​
  ​​ ​

・入手しやすさ:ワークマン× デカトロン×


残念ながら入手しやすはどちらも×

ワークマンプラスはレジ待ちに長蛇の列。


ワークマンプラスで取り扱っている商品は全国の他のワークマンの店舗でも購入可能ですが、ワークマンは元々売り切り御免で低価格を実現しているうえに最近の人気の急上昇っぷりにより多くの商品が欠品しています。

ワークマンはオンラインストアでも通販が可能ですが、こちらもやはり欠品が多数。

デカトロンは今のところリアル店舗が大阪にしかないのが痛いですね。今年に兵庫県の西宮にあるショッピングセンターに出店予定で、その後も全国に店舗は増えていくと思いますが、個人的にはやはり早く東京に店舗を構えて欲しいですね。

阪急西宮ガーデンズが開業10周年を迎えます~店舗のリニューアルと新規開業施設で阪急西宮北口エリアの更なる魅力向上を図ります~|阪急阪神ホールディングス株式会社のプレスリリース

また、デカトロンもワークマンと同じくオンラインストアで通販が可能ですが、欠品が多数発生しています。良さげな商品かなりあるんですけどねぇ。残念です。

ちなみにAmazonで検索するとデカトロンの商品が引っ掛かりますが、これはデカトロン正規のルートの商品ではないと思います。


Amazon | Quechua(ケシュア) 2 SECONDS EASY 3 FRESH&BLACK ポップアップテント 3人用 2030818 | Quechua (ケシュア) | テント本体

デカトロンのオンラインストアで掲載されている価格よりも高くなっています。おそらく並行輸入でしょう。


Quechua (ケシュア) テント 2 seconds EASY FRESH&BLACK 3人用 ポップアップテント | DECATHLON (デカトロン)

​​  
​​ ​

・2019年はデカトロンに期待!


2019年を待たずにワークマンは既にブレイクしてしまった感がありますが、デカトロンはまだまだこれからといったところでしょう。デカトロンに関する情報はまだまだ少ないと思うので、今後も当ブログでご紹介していくつもりです。先程もデカトロンのクライミング用バックパックをポチってみました。



届き次第ヘビーユースして、使い心地をレビューするつもりです。ご期待下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました!