山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

これだからリサイクルショップディグはやめられない!ヴィンテージモンベルを超格安で発掘!

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20200107114513j:plain

毎年年末年始は実家の神戸に帰省しています。実家の近くにはオフハウスやセカンドストリートがあるのでディグりたいのは山々なんですが、当然家族も一緒なのでなかなかディグりに行く時間が取れません。そんななか、今回はオフハウスにだけ行けました。すると思わぬお宝に遭遇!

 

ヴィンテージモンベルという存在

日本を代表するアウトドアブランド、モンベル。折り畳み傘やビーチサンダルなど、僕もいくつかの商品を愛用しています。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

ですが、モンベルのウェアは着ていませんでした。なぜなら、デザインが好みではないからです。お店を見ているとモンベルのメインユーザーは50代以上っぽいんですが、おそらくその年齢層に合わせたデザインなんですよね。

ところが昨年、吉祥寺の人気セレクトショップthe Apartmentのブログでヴィンテージモンベルという存在があることを知りました。

特に配色がかなり良いです。 

存在を知ってから、かなり気になってはいましたが、実物のヴィンテージモンベルを見たのは実家近くのオフハウスが初めて。まずはその配色の素晴らしさにびっくり。試着をするとサイズもぴったり。そして値札を見るとなんと6,600円。更に年末30%オフセールで4,620円という超爆安価格ということで、テンション上がりまくり。買わない理由はありませんでした。

 

超格好良いヴィンテージモンベルを見てやって下さい 

どうです、この配色。素敵でしょ!子供の頃から紫のグラデーションって好きだったんですが、そんな配色の服ってなかなかないんですよね。

 f:id:yamada0221:20200107101812j:plain

ボディ、ジップ、裏地、そしてジッパーヘッドのモンベルロゴがそれぞれ濃さの違う紫になっています。本当に素晴らしい配色だと思います。 

f:id:yamada0221:20200107101651j:plain

 ジッパーヘッドはマジックテープになっていて取り外し可能。

f:id:yamada0221:20200107101640j:plain

 ロゴ入りのスナップボタンも雰囲気があります。

 f:id:yamada0221:20200107101745j:plain

 フードは着脱可能です。

f:id:yamada0221:20200107101752j:plain

唯一ダメージがあったのが、フード部分のレザーパーツまわり。着たら全然目立たず、言われないとわからないレベル。

あと、紐がおそらく綿100%なんですが、これがかなり雰囲気があって良いんですよね。最近のアウトドアアイテムでは全く見られない風合い。綿100%だと強度が劣ったりするんでしょうか?見た目的には綿100%の紐はとても素晴らしいと思います。

f:id:yamada0221:20200107101720j:plain

マジックテープで首元が留められるようになっていますが、これが必要になるくらいの寒さは東京ではなかなかないでしょうね。

f:id:yamada0221:20200107101818j:plain

 左裾ポケットにエメラルドグリーンでモンベルのロゴ刺繍。90年代のアウトドアシーンではエメラルドグリーンが流行っていたようで、同じ年代のパタゴニアやコロンビアでも頻繁に使われていますね。

f:id:yamada0221:20200107101726j:plain

フラップはマジックテープ留め。このマジックテープとボディの配色も超素敵です。 

f:id:yamada0221:20200107101739j:plain

袖口のマジックテープも薄い紫。

f:id:yamada0221:20200107101735j:plain

胸元にはスマートフォンを入れるのに最適なジップポケット。こうやってちらりと見える薄い紫のジップとか、もうゾクゾクします。

f:id:yamada0221:20200107101806j:plain

前を開けた状態。フロントの薄い紫のジップが見えると配色の良さが更に際立ちます。

f:id:yamada0221:20200107101703j:plain

f:id:yamada0221:20200107101714j:plain

ヴィンテージモンベルのタグと年代については近々記事にまとめたいと思っていますが、このタグは90年代のものですね。今気付きましたが、タグに切れ目が入っているのでアウトレットで購入された商品かもしれません。

f:id:yamada0221:20200107101657j:plain

品質表示。中綿はダウン80%フェザー80%。フォントの雰囲気が昔っぽくていいですね。 

f:id:yamada0221:20200107101709j:plain 

f:id:yamada0221:20200107101636j:plain 

前身頃の裏側の両裾にマジックテープ留めの内ポケットが付いています。タブレットなんかも余裕で入る大きさ。 

f:id:yamada0221:20200107101824j:plain

バックショットです。 

f:id:yamada0221:20200107101645j:plain

バックショットを撮影しているときに気付いたんですが、右後ろ裾にジップポケットがありました。ポケットは背骨あたりまでと深く、かなり容量がありますね。日常生活で使うかどうかはわかりませんが、こういったディティールってテンション上がりますね。 

f:id:yamada0221:20200107101830j:plain

もちろん着ると超暖か。Tシャツの上から羽織るだけで、朝晩の自転車での保育園送迎も余裕。手に入れてからはアウターはこれしか着ていません。

 

やっぱりリサイクルショップディグは楽しい!

リサイクルショップディグの楽しさは過去記事でもご紹介していますが、今回のヴィンテージモンベルの件で改めてその良さを痛感しました。

www.yamadakoji.com

予想もしなかった商品に出会えたときの嬉しさは本当に格別です。どうしてもある程度時間が必要だというハードルはあるんですが、リサイクルショップディグは本当に楽しいので1人でも多くの人にこの楽しさをシェアできたらと思っています。

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!