山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

子供の水遊びパンツの決定版。ワークマンの水陸両用ショートパンツ。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

先週末に西丹沢にキャンプに行きました。

www.yamadakoji.com

前回の記事では、川遊びで役立ったワークマンのアウトドアチェアについてご紹介しました。

www.yamadakoji.com

今回は、子供の川遊びで活躍したキッズのショートパンツについてご紹介します。

 

川遊びで活躍したワークマンのキッズショートパンツ

それが「水陸両用撥水パッカブルジュニアショートパンツ」です。

workman.jp

上掲の記事にも登場していますが、川遊びのときに9歳長女が着用していたのが、「水陸両用撥水パッカブルジュニアショートパンツ」です。

生地は一般的な水着と同じ、ナイロン100%。しかも高撥水加工が施されているので、乾きやすいのがポイントです。

ですが、水着のようなメッシュインナーはないので、普通の短パンのように水辺以外のアウトドアシーンでも着用できるのがポイント。

ちなみに、9歳長女は身長145cmで着用サイズは150cmです。

 

日常生活でも着用可能

また、デザインはシンプルで、水着っぽさやアウトドアウェアっぽさもあまりないので、日常生活でも着用しても違和感はありません

フロントポケット下のロゴはリフレクタープリント。

 

地味に役立つジップポケット

後面で目立つのがポケット。

小物を入れても失くしにくい、ジップポケットとなっています。

子供って大人からするとどうでもいい石なんかを、「これ持っておいて」と言って渡してきたりします。

でも、そういうのを持っているのって結構面倒だったりするんですよね。

「覚えてないだろう」と思って、そこらへんに置いておくと、意外と覚えていて大泣きしてしまったり。

そんなときに、こんなジップポケットがあると「自分で持っておけるでしょ」と、自分で持たせておけるので、地味に役に立つのではないでしょうか。

メッシュ生地部分は2重になっており、面ファスナー仕様のポケットにも備えられています。

しかも、生地を折り畳んでこのメッシュポケットに入れ込むことができる、パッカブル仕様にもなっています。

カラーバリエーションはガンメタ、ターコイズ、イエロー、ディープブルー、ベージュ、グリーン、モカ、オレンジと、全部で8色。

 

水遊びするかどうかわからないときも…

これで嬉しい980円(税込)

アウトドア用だけでなく、スポーツ用としても使える一着。

これからの季節はキャンプや海だけでなく、家の近所の公園や川などで水遊びをする機会が増えるので、確実に活躍してくれると思います。

例えば、夏に子供を公園に連れて行く親の立場だと、こんなことがあるんではないでしょうか?

「水遊びができる公園に行くんだけど、水着持って行こうかな…。

でも水遊びしない可能性もあるし、水着は荷物になるからできれば持って行きたくないな…。」

そんなとき、とりあえずこの「水陸両用撥水パッカブルジュニアショートパンツ」を穿かせて公園に向かえば大丈夫。

もし水遊びしてとしても、高撥水加工が施されているのでタオルで水をちゃちゃっと拭けば、帰りにパンツに付いた水分で車のシートが濡れる可能性もほぼないでしょう。

ちなみにこちらはウェブ限定製品ですが、オンラインストアで購入→近くの店舗で受け取りにすると、送料がかかりません。