山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【Boon 1995年】下北沢の古着スタイルはサーフ&スケーター。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

前回に続いて、以前、【ファッションアーカイブ】でご紹介した、Boon 1995年6月号の特集、”’70s末「異素材」古着をGETせよ!”というをピックアップしてご紹介します。

www.yamadakoji.com

今号一冊全部を駆け足でご紹介した記事はこちら。今回はこの記事から、興味深いページを深堀りしてご紹介します。

www.yamadakoji.com

 

ボーダー天国シブヤ

さて、前回ご紹介したページでは、サーフやBMX・モトクロス、ステューシーなどの70s80s古着が紹介されていました。

それに続いて、このページでは”シブヤはボーダー天国だった”と題された、渋谷の古着屋によるボーダー柄古着が提案されています。

”ベロアにナイロンJKTを合わせて今夏涼”。インナーのベロアはTシャツでしょうか。今やなかなか見られないアイテムですね。

前回の記事で、サーフファッションの素材として挙げられていたのが、”タオル”、”ナイロン”、そして”ベロア”。

水気を吸い取り、海で冷えた体を温めるベロア素材はサーフブランドのアイテムでよく使われる素材。こちらはサーフブランドのオーシャンパシフィックの90sのTシャツです。

【中古】(KA) OP (オーシャンパシフィック) 90'S VELOUR T-SHIRT 

”ボーダーTシャツの代表格であるハンテン”。当時はそういう認識だったのでしょうか。随分長い間、日本ではサーフファッションは下火ですが、今後復活することはあるんでしょうか。

ハンテンをはじめとしたサーフファッションでのボーダー柄は、マルチカラーや他の柄とミックスされたデザインなど、バリエーションが豊富。

楽天市場を調べてみると、星柄をミックスしていたり、あまり見ないブラウン系を使っていたりと、個性的で面白いボーダー柄のハンテンのTシャツが見つかります。

HANG TEN / ハンテン | 70s | ビンテージ袖ロゴ刺繍 星柄ボーダー半袖Tシャツ

【中古】HANG TEN◆Tシャツ/--/コットン/マルチカラー/ボーダー/70s/ロンT/

 

1995年の下北沢はラルフの聖地

渋谷に続いて紹介されているのは、”ラガー、ボーダー問わずラルフの聖地だった”下北沢

まず、ピックアップされている古着屋がシカゴ下北沢。提案しているのは、裏地使いのアロハシャツにスイングトップを羽織るというコーディネート。

どちらも古着の定番なので、今も変わらず同じようなアイテムが購入可能です。

【中古】古着 長袖ジャケット スイングトップ 80年代

【中古】 トゥーパームス 90s ハワイ製 総柄 アロハシャツ

シカゴ下北沢店は、今も営業している東京を代表する老舗古着屋。↓の記事でもご紹介しましたが、僕も足繁く通っています。

 

www.yamadakoji.com

1995年当時は”ポロシャツ¥300〜と、当代きっての激安店”だったそうです。今もお手頃な価格の商品が豊富なお店ですが、流石に300円のポロシャツはジャンク品しかないでしょうね。

 

ハンテンのTシャツのレーシングジャケット

続いては、”早くからスケーター古着に着眼していた数少ないショップ”である、アメリカンロフト。こちらのお店は現存していないようです。

コーディネートはやはりハンテンのボーダー柄Tシャツに、幅広ストライプ柄が特徴的なレーシングジャケット、パンツはディッキーズ。

レーシングジャケットも古着の定番でありながら、長らく脚光を浴びていないアイテムではないでしょうか。個性的かつ、アシンメトリーなデザインなので取り入れるのにちょっとハードルが高いかもしれませんが、若い人が着たら格好良いんじゃないかなぁ、と思います。

【中古】古着 長袖 ナイロン レーシングジャケット メンズ 70年代

70s レーシングジャケット L 赤 ナイロン CAMARO COCACOLA ワッペン 【中古】

70's Swingster USA製 パッチ付き ナイロンレーシングジャケット S 70年代

スウィングスター 70s レーシングジャケット ナイロンジャケット M レッド系 Swingster

 

1995年のヘイト&アッシュバリー

お次は今も下北沢に店舗を構えるヘイト&アッシュバリー。ナイロンジャケットの下に着ているのは、カレッジっぽいプリントが見えるメッシュのTシャツ。

古着のメッシュ生地のTシャツは、ホッケーTシャツやフットボールTシャツなど、凝った切り替えだったり、ドカンと大きく入ったナンバリングだったりと、インパクトの強いデザインのものが主流。

ですが、個人的にはこういったシンプルなデザインのメッシュTシャツはちょっと気になっています。

70s ビンテージ チャンピオン メッシュ カレッジTシャツ

70s USA製 チャンピオン Locker Room Tops メッシュTシャツ

古着 70s USA製 ビンテージ Champion ウィングフット プリント メッシュ 半袖 Tシャツ

【中古】古着 半袖 ビンテージ ヴィンテージTシャツ 70年代

トリックスター下北沢が提案するのは、袖にラインが入ったベロア素材のポロシャツに、ホワイトジーンズというコーディネート。

他にも、ベロア素材やハンテンなどのサーフアイテムを中心に提案しています。

全く同じデザインの古着を見つけるのは難しいでしょうが、70s独特の雰囲気があるベロアのポロシャツは今でも入手可能。

70s ヴィンテージ ベロア 長袖ポロシャツ

【中古】CUMPUS velour/70s/ポロシャツ

 

’70sサーフ代表ブランド、ガチャ

”古着スケーターが特級の揃い”のルナバースが提案するのはナイロンジャケットにステューシーのTシャツ、コーデュロイパンツというスケータースタイル

’70sサーフの代表ブランドがガチャだ”。

”当時はゴーチャとかゴチャとかいったっけ”とありますが、多分今は「ガッチャ」が一般的ですよね。と言っても、最近はなかなか見なくなったブランド。ライセンスとかももうやってないのかな?

今回楽天市場で調べてみると、70sは見当たらなかったものの。90sのガッチャのTシャツを発見しました。個性的でなかなかイケてるグラフィック。

【中古】古着 半袖 ビンテージ ヴィンテージTシャツ 90年代 90s gotcha ガッチャ

特集はまだ続きます。次回をお楽しみに。