山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

ナイキ エアフォース1が今、人気を集める歴史的意味。【スニーカーの”文脈”を知る】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

 f:id:yamada0221:20200910154442j:plain

今回は「スニーカーの”文脈”を知る」と題した、誰もが知る定番スニーカーの歴史や背景を深堀りしてご紹介する企画の第4弾。これまでの記事はこちらです。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

ド定番エアフォース1が入手困難?

ナイキのド定番バスケットボールシューズ、エアフォース1

NIK AIR FORCE 1 LOW 07
¥14,500

(記事執筆時の価格です)

f:id:yamada0221:20200910104912j:plain
|画像タップでAmazon商品ページへ|

NIKE AIR FORCE 1 07 white/wht 315122-111
¥16,999

(記事執筆時の価格です)

f:id:yamada0221:20200910104725j:plain
|画像タップで楽天市場商品ページへ|

 人気スニーカーショップ、アトモス社長の本明秀文氏が少し前にツイッターでエアフォースの売れ行きの好調について触れていました。

また、座談会でもお世話になったFACYの編集部ブログでもエアフォース1が入手困難だったことが触れられています。

 

ハイテクスニーカーが流行った後はシンプルスニーカーが流行る 

本明秀文氏のツイートを見て僕が思い出したのは、我が家にある90年代のファッション誌で見た当時の特集です。

それがこちら。1997年1月号のクールトランス。表紙は宝生舞さんです。 

f:id:yamada0221:20200910113026j:plain

「決定!’96−’97スニーカーランキング」という巻頭特集で第1位に輝いているのがエアフォース1なんです。

f:id:yamada0221:20200910113030j:plain

 ちなみに2位以下はこちら。

f:id:yamada0221:20200910113038j:plain

当時はエアマックス95やポンプフューリーが索引したハイテクスニーカーブームが一段落した頃。ランキングにはもちろんエアマックス95やポンプフューリーの兄弟モデルであるフューリーロードも入っているのですが、ハイテクの「次」のスニーカーとして人気が高まっていたのが、エアフォース1やコンバースジャック・パーセル、アディダススーパースターなどのオーセンティックなスニーカー

ラグジュアリーストリートブームが一段落し、THE TENやYeezyに代表されるプレミアムスニーカーの人気が落ち着いた2020年の今は、1996年に似た状況ではないでしょうか。

THE10 : NIKE AIR VAPORMAX FK white/black-total orange AA3831-100
¥117,999

(記事執筆時の価格です)

f:id:yamada0221:20200910144942j:plain
|画像タップで楽天市場商品ページへ|

食べ物でもこってり味に飽きたらあっさり味を食べたくなるもの。ゴテゴテしたデザインのスニーカーのブームが終われば、シンプルなスニーカーの人気が高まるのは当然でしょう。

ちなみに、クールトランスの特集ではエアフォース1を着用しているストリートスナップが紹介されています。アメカジストリート系がほとんどですね。

f:id:yamada0221:20200910113051j:plain

f:id:yamada0221:20200910113034j:plain 

f:id:yamada0221:20200910113041j:plain

f:id:yamada0221:20200910113044j:plain

雑誌が提案するスタイルではレザーシャツにレザーパンツの上下黒のコーディネートにエアフォース1を合わせています。2020年の今の感覚だとかなりちぐはぐな印象ですが、当時はこれがアリだったんでしょうか…。

f:id:yamada0221:20200910113048j:plain

 

 エアフォース1の歴史

さて、ここでエアフォース1の歴史を紐解いてみましょう。エアフォース1が生まれたのは1982年です。1979年にナイキが開発した「エア」を搭載した初めてのバスケットボールシューズということで、当時の広告でもエアを強くアピールしています。

f:id:yamada0221:20200910105133j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/124693483420819950/

最初に発売されたのはハイカットモデルで、現在ポピュラーな存在であるローカットモデルは後に発売されました。

f:id:yamada0221:20200910105424j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/396176098475747794/

それまでのバスケットボールシューズは衝撃吸収材が不十分だったため、NBAでは脚を故障する選手が続出しており、選手はテーピングを巻いたり、靴下を2枚重ねるなどして怪我の予防を図っていました。 

そこに登場したエアフォース1はエアによる高いクッション性や、フィット感を高めるアンクルストラップなどの高い機能性がNBA選手に受け入れられます

モデル名にもなったアメリカ大統領専用機であるエアフォース1を由来とする洗練されたデザインも人気を呼びました。

ナイキはエアフォース1の発売に際し、6人のNBA選手をエアフォース1の広告塔として選び「オリジナルシックス」と名付けました。

f:id:yamada0221:20200910141523j:plain

https://www.sneakerfiles.com/nike/nike-basketball/

その中の1人が、後にバスケットボール殿堂入りを果たすモーゼス・マローン。当時の試合の画像でも白×赤のエアフォース1を着用しているのがわかります。

f:id:yamada0221:20200910111321j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/401946335478247631/

 「モーゼス」という名前から、十戒のモーゼをモチーフとしたビジュアルもつくられました。

f:id:yamada0221:20200910111222j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/670332725759290961/

 

ストリートに浸透するエアフォース1

人気の黒人NBA選手に着用されるということは、黒人人気、ひいてはヒップホップなどのストリートでも人気を集めるということとほぼ同義と言えるでしょう。エアフォース1はまたたく間にストリートファッションに浸透していきました。

f:id:yamada0221:20200910144209j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/461830136773914939/

現在でもドレイクやエイサップ・ロッキーなど数多くの人気ミュージシャンがエアフォース1を愛用しています。

f:id:yamada0221:20200910111552j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/139400550952351905/

f:id:yamada0221:20200910111404j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/719309371720324455/

また、ビームスが創立40周年を迎えた2016年に発売した、1976年から2016年までの日本のファッションの変遷を年ごとに紹介している書籍「WHAT'S NEXT? TOKYO CULTURE STORY 」では、1984年の「パンクス」がエアフォース1を着用しています。

f:id:yamada0221:20200910114003j:plain

パンクスとエアフォース1の関係を調べてみたのですが、有力な情報は見つけられませんでした。とはいえ、パンクスと直接的には関係がなさそうなエアフォース1をわざわざ履かせているということは、当時のパンクスはエアフォース1を着用していたのでしょう。

f:id:yamada0221:20200910114007j:plain

「WHAT'S NEXT? TOKYO CULTURE STORY 」についてはこちらの過去記事で詳しくご紹介しています。自信を持ってオススメできる良書です。

www.yamadakoji.com

WHAT'S NEXT? TOKYO CULTURE STORY 

f:id:yamada0221:20200910114248j:plain
|画像タップでAmazon商品ページへ|

エアフォース1からインスパイアを受けてデザインされたスニーカーは数多く存在しますが、最も代表的なのが90年代の裏原宿カルチャーを代表するブランドであるアベイシングエイプのスニーカーライン、ベイプスタでしょう。 

f:id:yamada0221:20200910104505j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/77405687333506229/

コラボをはじめとした様々なモデルがあり、現在も新作が発売されています。

A BATHING APE ア ベイシング エイプ ×KAWS カウズ BAPESTA
¥254,100

(記事執筆時の価格です)

f:id:yamada0221:20200910104744j:plain
|画像タップで楽天市場商品ページへ| 

ヒップホップカルチャーに強く傾倒していた時期もあったNIGO氏にとって、エアフォース1は特別なスニーカーなのでしょう。 

f:id:yamada0221:20200910144401j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/503066220882482198/

 

エアフォース1はラグジュアリーの世界に

ラグジュアリーブランドを代表する存在であるルイ・ヴィトン。現在メンズのアーティスティックディレクターを務めているのは、裏原宿カルチャーの影響も強く受けているストリート出身のデザイナー、ヴァージル・アブロー氏。2020年にはNIGO氏とのコラボレーションも果たしています。

www.instagram.com

www.instagram.com

そんなアブロー氏が手掛けるルイ・ヴィトンのメンズスニーカーには、エアフォース1の強い影響を伺わせるスニーカーが数多く登場しています。 

LOUIS VITTON リヴォリ・ライン・スニーカー 1A2CVM
¥ 62,800

(記事執筆時の価格です)

f:id:yamada0221:20200910150606j:plain
|画像タップで楽天市場商品ページへ|

LOUIS VUITTON 【18/19秋冬モデル】リヴォリ・ライン スニーカー
¥162,148

(記事執筆時の価格です)

f:id:yamada0221:20200910150316j:plain
|画像タップで楽天市場商品ページへ|

アスリート用のスポーツシューズとして生まれ、ストリートファッションのスニーカーとして世界に浸透し、そして現在ではラグジュアリーブランドのシューズのモチーフにまでなったエアフォース1。

2020年の今、人気を集めるまでにこのような歴史があったのです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!