山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

20100717 メルシーボークー、から低価格の妹ブランドがデビュー

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

メルシーボークー、から低価格の妹ブランドがデビュー

ブランド名は
「jevous enprie!(ジュヴゾンプリ!)」
う~ん。。。
最近のエイネットの顧客はこんなネーミングを
笑えるようなセンスなのですかねぇ。

昔のエイネット、特にZUCCaやTSUMORI CHISATOは
その親と言うべきイッセイや、多大な影響を受けたであろう
コムデギャルソンの精神を受け継ぐ継承者、って感じだったのですが、
ここ数年でかなり様変わりしてしまいましたね。
高尚なモードファッションよりも
THIS IS TOKYOなポップファッションの方が数字が出るんでしょうかね。

"GYAKUSOU"

UNDERCOVERによるNIKEのランニングウェアーラインが始まるようです。
個人的にはここ数シーズンのUNDERCOVER
「デザインの為のデザイン」といった感じのコレクションで
あまり好きでは無かったのですが、
11AWは先だって発表されたプレゼンテーション形式からもわかるように
かなり生活に密着したコレクションのようなので、
期待をするようにしています。
NIKEはわざわざ有名デザイナーの手を借りなくても
格好良いアイテムが沢山あるので
高額(に確実になるであろう)を払う価値のある
コレクションになるかどうか、見物です。

追悼・アレキサンダー・マックイーン
彼の残した、偉大なものたちとは?


私は↑のとなった記事を読んだのですが、
これはかなり面白かったのでお薦めです。
特にマックイーンの関係者に対するインタビュー。
興味深かったのはバスストップの社長へのインタビューです。
普通こんなインタビューはデザイナーや、ジャーナリストが殆どで
企業のトップが対象になるのはとても珍しいと思います。