山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

当時はオシャレだった服も、今見ると完全に子供服。【STREET JACK 2011年7月号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210412154317j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

ティーンズがターゲットのメンズファッション誌、STREET JACK 2011年7月号のご紹介、今回が4回目になります。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

10年後も生きているディテールてんこ盛りシャツ

誌面は終盤。広告や通販ページが増えてきます。

f:id:yamada0221:20210405103340j:plain

ファミコンマリオ総柄のコンバースオールスター。これ、買おうかどうか迷った記憶があります。

f:id:yamada0221:20210405103357j:plain

”別注&注目アイテム”

f:id:yamada0221:20210405103415j:plain

2021年の今、ほとんど見なくなったアイテムの1つが七分袖シャツ。裾裏チェック柄チノパンツと同じように、カフスや襟の裏側に柄があしらわれています。こういった、ディテールてんこ盛りシャツも当時のトレンドですね。

f:id:yamada0221:20210405103431j:plain

このディテールてんこ盛りシャツ、10年後の今もセレクトショップのアウトレットのマス層向けデザインとして現役です。

”ザ・女子バナ”という連載。 ”「女子会」に潜入!”だそうで。テーマは”「カワイイ」と思う男。”

f:id:yamada0221:20210405103447j:plain

アクセサリー通販。”このお値段でダイヤモンドは、今回だけのチャンス!”とか、今だとなにかしらの法律に触れそうな文言笑。

f:id:yamada0221:20210405103503j:plain

アクセサリーブランド広告。QRコードがあったのでスマートフォンで読み取ってみましたが、残念ながらサイトは見つからず…

f:id:yamada0221:20210405103519j:plain

有名人おすすめマンガ。

f:id:yamada0221:20210405103535j:plain

f:id:yamada0221:20210405104617j:plain

 

今見ると子供服?なアウトドアスタイル

”街でも山でも。アウトドアな夏が来る!”というアウトドア特集。

”ここ何シーズンもトレンドスタイルであり続けるアウトドア”ということで、マリンほどのビッグトレンドではありませんでしたが、当時はアウトドアもかなり流行っていました。

f:id:yamada0221:20210405104633j:plain

こちらは今号が出たときと同じ、2011年の僕。マウンテンパーカにグラミチのクロップド丈クライミングパンツ、そしてナイキのゴツいバックパックと、完全なるトレンドのアウトドアスタイルです。余談ですがこの時履いてたアトモス別注ニューバランスの1700、今見ても良いデザインだなぁと思います。

f:id:yamada0221:20210412101333j:plain

以前リサイクルショップで見かけたことがあったんですが、流石に加水分解一直線でしょうから購入はしませんでした。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 山田耕史 (@yamada0221)

www.instagram.com

さて、誌面に戻りまして、当時のアウトドアアイテムはマリン同様、柄やディテールなどかなりごちゃついたデザインが中心

f:id:yamada0221:20210405104651j:plain

そして、クロップド丈も人気でした。以前もご紹介しましたが、パンツの丈にはかなり時代感が強く出ます。2021年の今はダボッとしたパンツが主流ですが、それも数年後には時代を感じるようになっているはずです。

f:id:yamada0221:20210405104710j:plain

アウトドアと言っても、シャツが中心でかなりトラッドやマリンの要素が入っていますね。

f:id:yamada0221:20210405104726j:plain

ティーンズ向けということもありますが、柄やディテールが盛り盛りなのはこの時代の特徴です。

f:id:yamada0221:20210405104744j:plain

クレイジーパターンや大きめの総柄なども、最近はあまり見ないデザインです。

f:id:yamada0221:20210405104803j:plain

俯瞰で眺めると、柄や色合いの雰囲気がよくわかります。今見ると子供服のようなデザイン。というか、当時のトレンドデザインがマスに拡散しきっているから、そのように感じるのでしょう。

f:id:yamada0221:20210405104823j:plain

 

今季ヘヴィロテ確実のエスパドリーユ

”夏のリラッカジなサンダル図鑑”。

f:id:yamada0221:20210405104839j:plain

サンダルの定番ブランド、アイランドスリッパとハワイアナス。当時はこのように、セレクトショップ別注が沢山出ていました。

f:id:yamada0221:20210405104858j:plain

通常商品はもちろん今でも購入可能です。


 

 


 

こういったカラフルなサンダルは時代感強め。

f:id:yamada0221:20210405104916j:plain

また、こういったキレイ目向けの上品な印象のレザーサンダルも流行っていましたね。

f:id:yamada0221:20210405104933j:plain

”人気急上昇中!今季ヘヴィロテ確実のエスパドリーユ”。

f:id:yamada0221:20210405104950j:plain

ここでもマリン要素強め。

f:id:yamada0221:20210405105007j:plain

ワタナベエンターテインメントとSTREET JACKコラボのモデルオーディション。

f:id:yamada0221:20210405105025j:plain

”モテヘア”。

f:id:yamada0221:20210405105041j:plain

スカーフやボーダー柄など、皆マリンスタイル。

f:id:yamada0221:20210405105057j:plain

左ページは裾裏チェック柄パーカ。こんなのも、今見ると子供服のようですが、当時はオシャレだったんですよ。

f:id:yamada0221:20210405105115j:plain

 

シンプルデザインの洗練された印象は普遍的

”ワンルームで実践!オシャレSHOPのインテリア術”。”ウッディ&アメリカンなインテリア術”。

f:id:yamada0221:20210405105132j:plain

お手本になっているのが、僕も大好きな原宿の古着屋さん、レモンティー。10年前ということもあり、今現在のお店の内装は全く雰囲気が違います。

f:id:yamada0221:20210405105149j:plain

インテリアにもトレンドがあることがよくわかりますね。額縁の中にシャツをディスプレイするのとか、板の上にシューズを置くのとか、今の感覚だとちとキツめではないでしょうか。

f:id:yamada0221:20210412103713j:plain
2つ目のテーマは”リラックス&クリーン”。機能性重視のミニマルな雰囲気です。こっちは今の感覚でも全く違和感ない、というか今でも普通にお洒落な感じ。やはり服でもインテリアでも、シンプルデザインの洗練された印象は普遍的だという、良い例ではないでしょうか。

f:id:yamada0221:20210405105222j:plain

左ページ、カレッジTシャツも当時はごちゃついたデザインが主流。

f:id:yamada0221:20210405105238j:plain

カルチャーページ。

f:id:yamada0221:20210405105250j:plain

フェスとか。

f:id:yamada0221:20210405105306j:plain

編集部員の”リラッカジ”な買い物ニュース。前から疑問だったんですが、こういうファッション誌の編集部員登場ページってたいてい名前は顔写真を出さないですよね。なんでなんでしょう。名前顔出しした方が説得力がある気がするんですが。

f:id:yamada0221:20210405105325j:plain

アヒル口。

f:id:yamada0221:20210405105342j:plain

巻末になると美容外科などの広告が増えます。

f:id:yamada0221:20210405105358j:plain

 

10年前のオシャレティーンズはだいたいこんな感じ

通販ページ。以前もご紹介しましたが、こういった通販ページに登場するデザインが、当時のジーンズカジュアルショップやスーパーマーケットの衣料品コーナーとほぼ同じ雰囲気です。つまり、平均的なティーンズのオシャレ着がこんな感じだったということです。

f:id:yamada0221:20210405105416j:plain

で、どんなデザインだったかというと、チェックシャツは七分袖でシャンブレーの切り替え。

f:id:yamada0221:20210405105433j:plain

ポロシャツにはマリンモチーフのトグルボタン。

f:id:yamada0221:20210405105450j:plain

トグルボタン連打。

f:id:yamada0221:20210405105509j:plain

裏ボーダー柄のノースリーブスウェットパーカにトグルボタン。この辺りも流石に今は子供服にしか見えません。が、オシャレだったんです。

f:id:yamada0221:20210405105526j:plain

このように、トレンドデザインはマスに拡散されることで陳腐化し、子供っぽいというイメージが生まれる可能性があります

f:id:yamada0221:20210405105546j:plain

特にここで取り上げられているマリンとアメカジはメンズカジュアルファッションの定番スタイルなので、誰にでも取り入れやすい(子供でも着られる)→陳腐化しやすいと言えるでしょう。

f:id:yamada0221:20210405105602j:plain

f:id:yamada0221:20210405105617j:plain

f:id:yamada0221:20210405105634j:plain

というか、この辺りのデザインはマスに拡散しきって、西松屋でも見なくなっています。

f:id:yamada0221:20210405105654j:plain

こういったTシャツのグラフィックも同様ですね。

f:id:yamada0221:20210405105710j:plain

”明日を力強く生き抜くための開運ブレス”…こんなに騙されるティーンズもいたのでしょう…

f:id:yamada0221:20210405105728j:plain

プレゼントページ。

f:id:yamada0221:20210405105744j:plain

左の広告ページ、一見プロサッカークラブのユニフォームかと思いきや、クラブチームイメージの商品には実在するチームのロゴ・エンブレムは付属していません”とのこと…

f:id:yamada0221:20210405110125j:plain

 裏表紙

f:id:yamada0221:20210405110108j:plain

ということで、長くなりましたがSTREET JACK 2011年7月号のご紹介は今回で終了です。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!