山田耕史のファッションブログ

ファッションをもっと楽しく、もっと自由に。

これが43年前の”男前”ファッション。【POPEYE 1978年11月10日号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210520143326j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

 POPEYE 1978年11月10日号

今回ご紹介するのはPOPEYE 1978年11月10日号です。1980年生まれの僕が生まれる2年前。当ブログでは初めての70年代の雑誌です。今のPOPEYEとはかなり雰囲気の違う、貫禄のあるモデル。

f:id:yamada0221:20210519092029j:plain

表紙を開くとすぐに目次ページ。

f:id:yamada0221:20210519092038j:plain

ナショナルの広告。当時の最新鋭のテレビはこんな感じだったんですね。

f:id:yamada0221:20210519092055j:plain

海外ニュースページ。「ホモ人種」という言葉に時代を感じます。

f:id:yamada0221:20210519092112j:plain

情報量がかなり多いです。

f:id:yamada0221:20210519092128j:plain

f:id:yamada0221:20210519092145j:plain

ポロはラコステでなくてはいけない

ワードローブチェックリスト。まずは春夏。

f:id:yamada0221:20210519092202j:plain

アイテムはイラストで表現されています。

f:id:yamada0221:20210519092220j:plain

ブランドについてはあまり言及されていませんが、ポロシャツについては”「ポロはラコステでなくてはいけない」。あえてこう言い切りたい。フィラやタッキーニも頭を下げるというすぐれモノなのだ”とのこと。そして、”ポロの下にランニングなどの下着をつけていたとすればこのラコステのポロを着る資格ナシ”だそうです。

f:id:yamada0221:20210519092236j:plain

ポパイが”持っているモノは塗りつぶしてゆこう”と呼びかけています。

f:id:yamada0221:20210519092253j:plain

次は秋。

f:id:yamada0221:20210519092310j:plain

どうみてもスイングトップのイラストに”このタイプはジャンパーとかスイング・トップとか言ってはダメ。正式には<ウィンドブレイカー>と言うの”という注釈が。どういう事なんでしょうかね。

f:id:yamada0221:20210519092326j:plain

ダウンベストじゃなくて”グースダウン・ベスト”。

f:id:yamada0221:20210519092343j:plain

ネルシャツが”スポーツ・シャツとして欠かせない”。

f:id:yamada0221:20210519092401j:plain

コンバース。ハイカットではなく、”ハイトップ”。

f:id:yamada0221:20210519092417j:plain

冬。

f:id:yamada0221:20210519092434j:plain

ダウンジャケットではなく”グースダウン・パーカ”。こちらはノースフェイスやシェラデザインズを名指し。

f:id:yamada0221:20210519092450j:plain

スウェット上下と思われる”トレーニングスーツ”。

f:id:yamada0221:20210519092506j:plain

70sを感じさせるウェスタンシャツやリーバイスのブーツカットも。左端にはケルティのバックパックの広告。

f:id:yamada0221:20210519092522j:plain

f:id:yamada0221:20210519092540j:plain

右ページ、伊勢丹広告。

f:id:yamada0221:20210519092557j:plain

NCAAのスタジャン。

f:id:yamada0221:20210519092614j:plain

男前になるための7アイテム

左ページからは”男前になるためにポパイが提案する7アイテムを紹介しよう”。男前な表情のモデル?さん。

f:id:yamada0221:20210519092631j:plain

”革ジャンでパーティーに出る。”

f:id:yamada0221:20210519092648j:plain

”親父の古ベストは新鮮だ”。”流行に敏感なオリーブたちにちゃっかり男モンのベストが失敬されたみたいだ。コイツはシャクだ”。

f:id:yamada0221:20210519092705j:plain

”街のカウボーイはピカピカ・ブーツをはく”。

f:id:yamada0221:20210519092737j:plain

”ところでこのブーツは。不思議とウエスタン風以外にも合ってしまうんだ。たとえば、アロハとヨーロピアン調のジャケットとの組み合わせ。あるいは、ツイードのパンツやスーツなどに履いてしまう”。

f:id:yamada0221:20210519092754j:plain

”スポーツシックとでもいおうかな”。スポーツブランドのトラックジャケット。”健康陽気な西海岸であり、また、ボルグ、コナーズといったスーパー・イメージでもあるわけ”と、当時のスポーツは西海岸とテニスが主流だったことが伺えます。

f:id:yamada0221:20210519092810j:plain

提案されているトラックジャケットはチャンピオン、セルジオ・タッキーニ、プーマ、アディダス。

f:id:yamada0221:20210519092828j:plain

タイドアップしたシャツや、クラシカルなニットと、トラックジャケットとのコーディネート。今も人気のスポーツブランドが並ぶ中、マルボロもブランドの1つとして紹介されています。

f:id:yamada0221:20210519092844j:plain

”フットボール観戦にラクーンはつきものだった”。リアルファーがこれだけフューチャーされているのも、この時代ならではですね。

f:id:yamada0221:20210519092901j:plain

渋いイラスト。

f:id:yamada0221:20210519092916j:plain

”どこまで色を着こなせるかという実験”。

f:id:yamada0221:20210519092932j:plain

メンズビギやメンズバツなど、後にDCブランドとして人気を博すブランドのアイテムが使われています。

f:id:yamada0221:20210519092948j:plain

”古くてダブダブ…これがよいのです”。

f:id:yamada0221:20210519093020j:plain

今の感覚からするとそれほどダブダブには感じられません。とはいえ、この雰囲気良いですね。ちょっと真似したくなります。

f:id:yamada0221:20210519093038j:plain

ホンダのバイクの広告。

f:id:yamada0221:20210519093055j:plain

モンキーはブルーハーツの歌にもなっていましたね。

www.youtube.com

システムコンポの広告。シスコンって略してたんですね。

f:id:yamada0221:20210519093111j:plain

右ページ、ブルーウェイのコーデュロイパンツ広告。

f:id:yamada0221:20210519093128j:plain

良いカラーバリエーション。シルエットはストレート、スリムフィット、アメリカンフレアーの3種類。

f:id:yamada0221:20210519093144j:plain

”ボクシングのトレーニングこそ、あらゆるシェイプ・アップのチャンピオンだ”。

f:id:yamada0221:20210519093204j:plain

f:id:yamada0221:20210519093221j:plain

f:id:yamada0221:20210519093237j:plain

ミニ留学、ホームステイの広告。

f:id:yamada0221:20210519093255j:plain

ナイキのスニーカーに白ソックス。

f:id:yamada0221:20210519093312j:plain

きっちりベルトを付けたブッシュショーツ。

f:id:yamada0221:20210519093328j:plain

43年前のスニーカー特集

”30歳になったときボクたちはスニーカーを履いているだろう”。つまり、スニーカーは主に20代以下の若者のアイテムだったってことなんでしょうね。

f:id:yamada0221:20210519093346j:plain

ハイトップ(ハイカット)のスニーカーはまだ珍しい時代だったようです。

f:id:yamada0221:20210519093403j:plain

提案されているハイトップのスニーカー。ナイキのブレザーやコンバースオールスターに混じって、タイガー時代のアシックスやプロケッズ、スポットビルトという見慣れないブランドも。

f:id:yamada0221:20210519093421j:plain

”スタン・スミス”。

f:id:yamada0221:20210519093439j:plain

”歴代モデル勢揃い”。

f:id:yamada0221:20210519093455j:plain

スタン・スミスのデザインの変遷。90年代のハイテクスニーカーブームのときも、こういったスニーカーの細かい分析記事をよく見ましたが、似たようなのは70年代からあったんですね。

f:id:yamada0221:20210519093512j:plain

”原田真人のムーヴィ・リポート”。「ミッドナイト・エクスプレス」が紹介されています。

f:id:yamada0221:20210519093528j:plain

www.youtube.com

その他映画紹介。ジャン・リュック・ゴダールの「ワン・プラス・ワン」、ウディ・アレンの「インテリア」などをピックアップ。

f:id:yamada0221:20210519093545j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

”天性のロック・ギタリスト、ジェフ・ベック”。

f:id:yamada0221:20210519093603j:plain

www.youtube.com

大貫憲章さんによる”ポパイ推薦盤”。グレース・ジョーンズ、泉谷しげる、ザ・フー、ダリル・ホールとジョン・オーツなどなど。

f:id:yamada0221:20210519093621j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

”片岡義男のアメリカノロジー”。

f:id:yamada0221:20210519093637j:plain

”男の編みもの”。

f:id:yamada0221:20210519093653j:plain

”セーターの1着くらいオチャノコで編めちゃう”そうで。僕はマフラーしか編んだことありません。

f:id:yamada0221:20210519093708j:plain

右ページ、CBSソニー広告。渡辺真知子、浜田省吾。

f:id:yamada0221:20210519093720j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

シャツは男の財産だ

”男前になるための83の秘訣”。”男前。健康にして肌黒く、知性に満ちあふれ、ニコヤカですべてにヨキ感覚を持つ。そんな少年になりたい”。

f:id:yamada0221:20210519093811j:plain

ルノーサンク。格好良いす。

f:id:yamada0221:20210519093829j:plain

右ページ、BVDのトレーナー。

f:id:yamada0221:20210519093846j:plain

七分袖もあったとは。

f:id:yamada0221:20210519093902j:plain

フジボウのライセンス商品です。

f:id:yamada0221:20210519093918j:plain

”アーガイルはお坊ちゃまだなあ”。

f:id:yamada0221:20210519093931j:plain

”巻き方にコってみたい”。

f:id:yamada0221:20210519093947j:plain

プロデューサー巻きしてます。

f:id:yamada0221:20210519094005j:plain

右ページのハンテンの広告、格好良いですね。

f:id:yamada0221:20210519094022j:plain

ライセンシーがずらり。

f:id:yamada0221:20210519094038j:plain

コードバンの靴。高くても3万円台。

f:id:yamada0221:20210519094131j:plain

右ページ、コロンの広告はアメフト。

f:id:yamada0221:20210519094148j:plain

”長袖ポロはお坊ちゃま風でなく”。

f:id:yamada0221:20210519094208j:plain

右ページ、クラリーノ広告。

f:id:yamada0221:20210519094223j:plain

右ページ、キリンレモン広告。女性は片平なぎささんですね。

f:id:yamada0221:20210519094256j:plain

”外国の女の子モン雑誌を気にしよう”。

f:id:yamada0221:20210519094314j:plain

右ページ、スポルディング広告。これは格好良いですね。

f:id:yamada0221:20210519094330j:plain

ライセンシーはアキレス。

f:id:yamada0221:20210519094346j:plain

バカチョンという表現にも時代を感じます。

f:id:yamada0221:20210519094406j:plain

右ページ、サンヨーベイカー広告。

f:id:yamada0221:20210519094423j:plain

バーバリーチェック?

f:id:yamada0221:20210519094440j:plain

”シャツは男の財産だ”。これ良いですね。座右の銘にしようかな。

f:id:yamada0221:20210519094458j:plain

右ページ、ライトニングボルト広告。

f:id:yamada0221:20210519094514j:plain

”メンズ&ギャルズスポーツウェア”。

f:id:yamada0221:20210519094533j:plain

革ジャン。ルイスレザーズやベルスタッフ、軍モノなど。

f:id:yamada0221:20210519094551j:plain

”フィッシング・ベストはおもしろいぞ”。フィッシングベストもこの時代からファッションアイテムとして扱われていたんですね。

f:id:yamada0221:20210519094608j:plain

パイオニア広告。

f:id:yamada0221:20210519094625j:plain

右ページ、スポルディング広告。

f:id:yamada0221:20210519094642j:plain

レザースニーカーです。

f:id:yamada0221:20210519094659j:plain

こちらのライセンシーは東洋ゴム工業。

f:id:yamada0221:20210519094716j:plain

”トレパンVSウォームアップ・ジャージー”。ブレザーやツイードジャケットとのコーディネートを提案。

f:id:yamada0221:20210519094734j:plain

右ページ、アイヴァン広告。

f:id:yamada0221:20210519094751j:plain

右ページ、デサント広告。

f:id:yamada0221:20210519094809j:plain

”あたたかさのメカに注目!”。

f:id:yamada0221:20210519094825j:plain

ワークブーツのコーディネート提案。

f:id:yamada0221:20210519094841j:plain

右ページ、三菱自動車ミラージュ広告。

f:id:yamada0221:20210519094913j:plain

車の上にチアリーダー。

f:id:yamada0221:20210519094945j:plain

アメフトのキャンペーン。当時のアメフト人気の高さが伺えます。

f:id:yamada0221:20210519094929j:plain

”クラシックなベストそれもフロント・ボタン型が大好き”。

f:id:yamada0221:20210519095001j:plain

イギリスの老舗メーカー、ラレーの自転車。

f:id:yamada0221:20210519095017j:plain

右ページ、ミズノ広告。

f:id:yamada0221:20210519095035j:plain

ミズノじゃなくて美津濃。

f:id:yamada0221:20210519095110j:plain

”愉快な仲間たち”。

f:id:yamada0221:20210519095053j:plain

右ページ、ペンタックス広告。

f:id:yamada0221:20210519095127j:plain

良い雰囲気。

f:id:yamada0221:20210519095143j:plain

バッグ・デザイナーの吉田克幸さん

空き缶でバッジ作り。

f:id:yamada0221:20210519095159j:plain

”バッグ・デザイナーの吉田克幸さん”!

f:id:yamada0221:20210519095215j:plain

そう、あの吉田カバンの吉田克幸さんです。

info.asahi.com

右ページ、アシックスかと思ったらアキレス。

f:id:yamada0221:20210519095231j:plain

”感じるスニーカー”。

f:id:yamada0221:20210519095247j:plain

f:id:yamada0221:20210519095303j:plain

ナショナル広告。

f:id:yamada0221:20210519095319j:plain

エドウィン広告。

f:id:yamada0221:20210519095337j:plain

”アメリカ綿使用”。

f:id:yamada0221:20210519095353j:plain

”キーリングはシティ感覚そのもの”。そうだったんすか?

f:id:yamada0221:20210519095411j:plain

右ページ、ビッグベンというスニーカー広告。

f:id:yamada0221:20210519095422j:plain

格好良いですね。

f:id:yamada0221:20210519095441j:plain

モノクロコラムページ。

f:id:yamada0221:20210519095458j:plain

f:id:yamada0221:20210519095517j:plain

f:id:yamada0221:20210519095533j:plain

f:id:yamada0221:20210519095549j:plain

アウトドアブランドのインポーター?広告。ラッセルのスウェットなど。

f:id:yamada0221:20210519095608j:plain

ゴアテックスジャケットは38,000円。好日山荘は既に他店舗展開していたんですね。

f:id:yamada0221:20210519095624j:plain

”この際アロハを作っちゃう”。

f:id:yamada0221:20210519095641j:plain

f:id:yamada0221:20210519095658j:plain

f:id:yamada0221:20210519095715j:plain

f:id:yamada0221:20210519095737j:plain

コンバースのバッグやキャップ。これはかなり昭和感ありますね。

f:id:yamada0221:20210519095756j:plain

ブルックスのスウェットはちょっと欲しいです。

f:id:yamada0221:20210519095813j:plain

喜多郎インタビュー。

f:id:yamada0221:20210519095829j:plain

www.youtube.com

なかなかインパクトのある写真。

f:id:yamada0221:20210519095846j:plain

半裸でシンセサイザーに囲まれています。

f:id:yamada0221:20210519095902j:plain

ツンツン・ヘアに安全ピンでおなじみのパンク・ファッション

”LONDON'S MOVIN'”。

f:id:yamada0221:20210519095919j:plain

”1977年においてロンドンで最も興味深かったファッションは、言うまでもなくツンツン・ヘアに安全ピンでおなじみのパンク・ファッションだった”。

f:id:yamada0221:20210519095935j:plain

そうなんですね。セックス・ピストルズの「Never Mind the Bollocks」が発売されたのが、この号の前年の1977年です。

www.youtube.com

で、”注目のパンク・バンド”として挙げられているのがレイプトというバンド。

f:id:yamada0221:20210519151916j:plain

www.youtube.com

”LONDON'S MOVIN'”続き。Sham69、Japan、ビリー・アイドル。

f:id:yamada0221:20210519100527j:plain

f:id:yamada0221:20210519100558j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

アイヴァンのアイビー・リーガースという眼鏡の広告は”青山学院大学絵画部の皆さん”。

f:id:yamada0221:20210519100543j:plain

迷路。

f:id:yamada0221:20210519100616j:plain

4WD靴。良いキャッチフレーズですね。

f:id:yamada0221:20210519100634j:plain

イラストもいい感じ。

f:id:yamada0221:20210519100650j:plain

ポパイアパレルニュース。ゲイリーズというロサンゼルスのショップレポート。

f:id:yamada0221:20210519100706j:plain

f:id:yamada0221:20210519100722j:plain

アウトドアブランド、マーモット。

f:id:yamada0221:20210519100739j:plain

こんなロゴだったんですね。

f:id:yamada0221:20210519100756j:plain

ポーズはひょうきんだけど、真顔。

f:id:yamada0221:20210519100814j:plain

ウェスタンショップ。

f:id:yamada0221:20210519100832j:plain

ブルックス広告。

f:id:yamada0221:20210519100850j:plain

金沢や和歌山など、地方のスポーツショップの紹介。

f:id:yamada0221:20210519100910j:plain

マクセルのカセットテープの広告。

f:id:yamada0221:20210519100927j:plain

ラングラー広告。

f:id:yamada0221:20210519100944j:plain

当時はラングラーのジャパン社があったんですね。

f:id:yamada0221:20210519101000j:plain

ダイハツのシャレード。

f:id:yamada0221:20210519101017j:plain

めちゃくちゃ格好良いすね。超好みのデザインです。

f:id:yamada0221:20210519101033j:plain

ポパイフォーラム。

f:id:yamada0221:20210519101052j:plain

田淵幸一選手のベースボールカード。

f:id:yamada0221:20210519101108j:plain

ビートルズのパロディ番組、ラットルズ。

f:id:yamada0221:20210519101125j:plain

www.youtube.com

紅茶。

f:id:yamada0221:20210519101216j:plain

テレビとかラジオとか。

f:id:yamada0221:20210519101234j:plain

ミュージカルとか書籍とか。

f:id:yamada0221:20210519101251j:plain

映画とかディスコとか。

f:id:yamada0221:20210519101304j:plain

読者ページ。車の売買とかスケボーチームのメンバー募集とか。

f:id:yamada0221:20210519101321j:plain

次号はテニス特集。左ページはセイコー広告にジミー・コナーズ。

f:id:yamada0221:20210519101407j:plain

www.youtube.com

裏表紙はオンワード樫山のJプレス。

f:id:yamada0221:20210519101425j:plain