山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

【1995年】フィラがヒップホップフリークに大人気。【ホットドッグプレス】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20220113154843j:plain

90年代を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

今回ご紹介するのはホットドッグ・プレス1995年11月10日号です。

f:id:yamada0221:20220113120839j:plain

ファッションアーカイブでは、以前同じ1995年のBoonをご紹介しています。

www.yamadakoji.com

 

1995年はどんな年? 

誌面のご紹介の前に、1995年はどんな年だったのか、振り返ってみます。

1980年生まれの僕は当時15歳、中学3年生でした。

日本の出来事

・阪神・淡路大震災

www.youtube.com

僕は当時、今も実家がある神戸に住んでいたので、阪神大震災に被災。深度7の地域にあった自宅は半壊でした。幸い家族や友人たちに人的被害はありませんでしたが、水道やガスなどのライフラインが断絶された状態でしばらくの間生活するのは大変だった記憶があります。

・野茂英雄、米大リーグロサンゼルス・ドジャース入団決定

www.youtube.com

・地下鉄サリン事件

www.youtube.com

震災ということもあり、全然勉強せずに臨んだ(震災がなくても勉強しなかったかもしれませんが笑)高校受験の合否発表の日に、地下鉄サリン事件が発生しました。

・Microsoft Windows 95が日本で発売開始

www.youtube.com

・『新世紀エヴァンゲリオン』放映開始

www.youtube.com

僕の人生に多大な影響を与えたエヴァ。僕が観始めたのは、深夜の再放送からでした。

日本経済

1993年末から回復基調を辿っていたが、急速な円高、米国景気の一時的な減速などの影響から1995年前半は足踏み状態になった。秋から年末にかけては金融政策の効果で公共投資、住宅投資を中心に景気は再び回復に向かった。

参考:

www.boj.or.jp

映画(日本公開)

フォレスト・ガンプ/一期一会 

www.youtube.com

レオン 

www.youtube.com

ショーシャンクの空に 

www.youtube.com

耳をすませば

www.youtube.com

アポロ13 

www.youtube.com

マディソン郡の橋 

www.youtube.com

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 

www.youtube.com

MEMORIES 

www.youtube.com

ヒット曲トップ10

1位 DREAMS COME TRUE:「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」

www.youtube.com

2位 H Jungle With t:「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」

www.youtube.com

3位 福山雅治:「HELLO」

www.youtube.com

4位 Mr.Children:「Tomorrow never knows」

www.youtube.com

5位 Mr.Children:「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」

www.youtube.com

6位 MY LITTLE LOVER:「Hello, Again 〜昔からある場所〜」

www.youtube.com

7位 桑田佳祐&Mr.Children:「奇跡の地球」

www.youtube.com

8位 岡本真夜:「TOMORROW」

www.youtube.com

9位 スピッツ:「ロビンソン」

www.youtube.com

10位 B'z:「LOVE PHANTOM」

www.youtube.com

テレビドラマ

愛していると言ってくれ

www.youtube.com

金田一少年の事件簿

www.youtube.com

未成年

www.youtube.com

人生は上々だ

www.youtube.com

 

アシックスのコンセプトスニーカー

誌面に戻ります。香取慎吾さんが着用しているニットと、ゴツいシューズはフィラ。

f:id:yamada0221:20220113120839j:plain

資生堂広告。藤井フミヤさん。

f:id:yamada0221:20220113120844j:plain

こちらのシャツ、アンダーカバーっぽい雰囲気がありますね。

f:id:yamada0221:20220113120848j:plain

目次。

f:id:yamada0221:20220113120853j:plain

右ページ、トヨタ広告。

f:id:yamada0221:20220113120857j:plain

永瀬正敏さん。チェックシャツにTシャツ、ジーンズ、ブーツというアメカジの王道コーディネート。

f:id:yamada0221:20220113120902j:plain

トピックスページ。

f:id:yamada0221:20220113120912j:plain

アシックスの伝説の名作スニーカー、ジパング。

f:id:yamada0221:20220113120907j:plain

僕はこの後継モデルのジパング3を愛用していました。斬新なデザインだけでなく、アシックスならではの履き心地が大好きでした。復刻してくれたら絶対に買うんですけどねぇ。

右ページ、パナソニックのヘッドホンステレオ広告。

f:id:yamada0221:20220113120917j:plain

堂本剛さんはアメカジ、堂本光一さんはキレイ目と、しっかりと服の雰囲気が分かれています。

f:id:yamada0221:20220113120921j:plain

”ロック””R&R”がファッションでも注目されていたようです。”60年代、伝説のバンド、テンプターズのドラマーとしてGSブームの中、一世を風びした男、大口ひろし”のブランドを、ユナイテッド・アローズがセレクトしているのはちょっと意外です。

f:id:yamada0221:20220113120926j:plain

ドメスティックブランド、ヒピハパ。僕は90年代終盤に購入したヒピハパのシャツを未だに所有しています。ここで紹介されているのは”米軍払い下げの本物のパラシュートで作った”ジャケット。

f:id:yamada0221:20220113120930j:plain

右ページ、スズキワゴンR広告。こういう四角いフォルムの車って好きです。

f:id:yamada0221:20220113120935j:plainスポルディングやフィラのバッシュ。現在はスポルディングもフィラもガチのスポーツメーカーというイメージはなくなってしまっていますが、当時はNBAの有名選手が着用するバッシュを発売していました。

f:id:yamada0221:20220113120940j:plain

左ページ、上原さくらさん。

f:id:yamada0221:20220113120945j:plain

右ページ、読者アンケート。

f:id:yamada0221:20220113120949j:plain

プレゼントはドコモのポケベル。

f:id:yamada0221:20220113120954j:plain

トミー・ヒルフィガー広告。

f:id:yamada0221:20220113120958j:plain

ホンダタイアップページ。”先端クリエイター”のシビック評。

f:id:yamada0221:20220113115751j:plain

西川りゅうじんさんがアドバイザーを務めていた、”電子商店街『バーチャル モール』”。

f:id:yamada0221:20220113115757j:plain

CG作家の田中秀幸さん、マルチアーティストの加藤賢崇さん。

f:id:yamada0221:20220113145141j:plain

 

ストリートで大注目のブランド、フィラ

左ページからは”最新スポーツブランド攻略大図鑑”。

f:id:yamada0221:20220113115812j:plain

まずは、”思いっ切り「旬」のヒップホップ・アーティスト ガス・ボーイズが着る本物のB-BOY服”

f:id:yamada0221:20220113115816j:plain

ガス・ボーイズは

ミクスチャブームを10年近く先取りした形態で「早すぎたグループ」として伝説的存在

という、高い評価を受けているそうです。

dictionary.goo.ne.jp

MC今井さんは後にスニーカーショップ、アトモスの店長やバイヤーを務め、更にその後はスニーカーブランド、MADFOOT!を展開します。

media.atmos-tokyo.com

media.atmos-tokyo.com

media.atmos-tokyo.com

www.houyhnhnm.jp

最初に紹介されているのは、フィラ

f:id:yamada0221:20220113115821j:plain

”カラフルで絶妙の色使いとクールなデザインでヒップホップフリークで大人気のフィラ””今はアメリカを中心に大ブレイクしているぞ”と、当時はファッション性の評価が非常に高かったようです。

f:id:yamada0221:20220113115826j:plain

”アウトドアを感じさせるラインアップ””色もダークなトーンが中心になってB-BOYに受けている”、フィラスポート。

f:id:yamada0221:20220113115835j:plain

中央のブラック☓ブラウンのトレッキングシューズは表紙で香取慎吾さんが着用しているのと同モデルでしょう。

f:id:yamada0221:20220113115839j:plain

 

ナイキ筆頭はACG

フィラに続いて紹介されているのはナイキ。

f:id:yamada0221:20220113115844j:plain

その筆頭はアウトドアラインであるACG。当時のアイテムは今も古着として高い人気。ブラウンやベージュといったアースカラーを基調とした独特の配色はやっぱり格好良いですね。

f:id:yamada0221:20220113115848j:plain

続いて、”シンプルなゴルフウェアを展開するニューライン”、ナイキゴルフ。こちらはあまり古着では見かけません。おそらく、流通量が少ないのでしょう。

f:id:yamada0221:20220113115853j:plain

そして、”現在世界ランクNo.1のテニスプレイヤー、アンドレ・アガシの登場で注目されているナイキのテニスウェア”。アガシモデルと言えば、ド派手な蛍光カラーというイメージがあったんですが、こういったシックなカラーリングのウェアも出ていたんですね。

f:id:yamada0221:20220113115858j:plain

その他アイテム。

f:id:yamada0221:20220113115903j:plain

当時のリアルなコーディネート。こういった服装は四半世紀の時を経た今見ても、古臭く感じませんね。

f:id:yamada0221:20220113115907j:plain

次回に続きます。