山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

アイビーの最先端、関西学院大学。【ホットドッグプレス1982年4月10日号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210607132013j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

今回も引き続き、ホットドッグプレス1982年4月10日号をご紹介します。

f:id:yamada0221:20210531115318j:plain

同号のこれまでの記事はこちらです。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

40年前に既に語り尽くされたラコステ

メインの特集である”春のキャンパスブランド講座150”の続きです。

”ノベルティはぼくたちの宝島だ”。

f:id:yamada0221:20210531122133j:plain

当時僕は2歳ですが、僕が子供の頃はこんな雰囲気のグッズが多かったことを覚えています。

f:id:yamada0221:20210531122149j:plain

僕も小学生の時にハイネケンのベースボールキャップを被っていました。

f:id:yamada0221:20210531122206j:plain

右ページ、トリオというメーカーのオーディオの広告。

f:id:yamada0221:20210531122224j:plain

”僕の彼女は、トランジスタ・グラマー”。

f:id:yamada0221:20210531122242j:plain

デザインは非常に洗練されていますね。

f:id:yamada0221:20210531122259j:plain

”ポロシャツ。どんなボトムも大歓迎”。いきなり紹介されているのは、アロハシャツのイメージが強いレインスプーナー。

続いてポロ。”ラコステ君、キミには負けぬよボクだって”。

f:id:yamada0221:20210531122316j:plain

そして、”もうラコステについては何も言うことがないくほどに語り尽くされてしまってる”そうです。40年前に、ですよ。

トロイのポロシャツもありましたねぇ。確か、僕の父が着ていたような気がします。

f:id:yamada0221:20210531122333j:plain

デザイナー・ジーンズの代表はサッスーン

”もう、ジーンズのない生活なんて考えられない”というフレーズから、まだジーンズが新しいアイテムだったことが伺えます。

f:id:yamada0221:20210531122349j:plain

一番に紹介されているのはやっぱりリーバイス。

f:id:yamada0221:20210531122406j:plain

続くのはリーですが、その後ファラーやハーフなど、聞き慣れないブランドばかり。

f:id:yamada0221:20210531122423j:plain

日本のブランドで一番大きく扱われているのはボブソン。

f:id:yamada0221:20210531122440j:plain

”デザイナー・ジーンズの代表的な存在”、サッスーン。

f:id:yamada0221:20210531122457j:plain

 

ヴァンズの広告でスケボーについて触れられていない理由

ページ端にヴァンズの広告。

”ウエスト・コーストの香りをのせて、最後のスニーカーの銘品只今到着!”

f:id:yamada0221:20210531122514j:plain

メイドインUSA。モデル名はハイトップとレギュラーローカット。それぞれ3色、10色展開。ハイトップは12,500円と結構お高めです。興味深いのは、この広告でスケートボードについては全く触れられていないこと。ローラースケートの写真が使われています。

f:id:yamada0221:20210531122531j:plain

書籍「東京スニーカー史」によると、

”日本でも1978年、渋谷の東急文化会館(現渋谷ヒカリエ)の屋上にハーフパイプ、バートランプ、ミニランプ、フリースタイルエリアと充実の設備をもった「カリフォルニアスケートパーク」が、アキ秋山氏の監修により完成し、平和島スケートパークなど多くのパークが賑わいを見せた。しかし、Z-BOYSは’80年代に入ると解散。それに引きずられるように、スケートブームは加速的に沈静化し、日本でもあちこちのパークが閉鎖していった”

とありますので、1982年当時スケボーはブームが終わった直後の冬の時代だったのかもしれません。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京スニーカー史 [ 小澤匡行 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/6/7時点)

楽天で購入

 

”ミニウォレットキーホルダー”、欲しいですね。そして、関西ではポピュラーなスポーツショップであるスポーツタカハシが当時の輸入代理店だったようです。担当者名前が出てるのとか、今では考えられないですね。

f:id:yamada0221:20210531122547j:plain

ボブソンのブランド、アメリカンワーカーズの広告。

f:id:yamada0221:20210531122603j:plain

”なんともカラフル、19色”。

f:id:yamada0221:20210531122621j:plain

テクニクスのカセットテープの広告。

f:id:yamada0221:20210531122637j:plain

ホンダのスクーターの広告。

f:id:yamada0221:20210531122652j:plain

テニスコートにスクーターと一緒に白のスーツを着てラケットを持って佇むという謎の設定。テニスプレーヤーのビヨン・ボルグです。

f:id:yamada0221:20210531122709j:plain

www.youtube.com

 

商品も広告もナイスセンスのホンダシティ

ホンダの自動車、シティの広告。

f:id:yamada0221:20210531122726j:plain

僕は子供の頃自動車が大好きで、いわゆるデザインというものに目覚めたのは自動車がきっかけだったと思っています。で、昔も今も大好きなのがこのシティ。直線的なボディにはっきりとした発色の赤がたまりません。シティの広告は初めて見ましたが、やはり商品そのものと同じく非常にセンスが良いですね。

f:id:yamada0221:20210531123455j:plain

デザインに文字数もぴったり合わせるこだわりっぷり。

f:id:yamada0221:20210531123438j:plain

このフォントも良いですね。

f:id:yamada0221:20210531123511j:plain

 

慶応大学のテニスクラブは美人ぞろいでグッチが主流

モノクロページの特集は”東西七大学キャンパス・ファッション比較大研究”。当時の大学生のライフスタイルがわかる貴重な資料ではないでしょうか。

f:id:yamada0221:20210531123529j:plain

まずは慶応。”テニスクラブは美人ぞろいでグッチが主流です”。

f:id:yamada0221:20210531123551j:plain

グッチの他、ヴィトンにロベルタ。

”法学部2年、竹内さゆりサン、マイカー、ソアラにぞっこん。絵になってます”。

f:id:yamada0221:20210531123609j:plain

こちらが1981年のソアラの広告のようです。当時、デートカーとして若者に人気でした。

f:id:yamada0221:20210607125518j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/803540758495070945/

立教、成城、青学。

f:id:yamada0221:20210531123626j:plain

成城の”ヴィトン3人娘”。こうやって紹介されているということは、当時はヴィトンのバッグがかなりのステータスがあったことがわかりますね。

f:id:yamada0221:20210531123644j:plain

青学。オーダーメイドのスタジャン。

f:id:yamada0221:20210531123704j:plain

 

関西学院大学は今でもアイビーの最先端

続いて関西。

f:id:yamada0221:20210531123722j:plain

我が母校、関西学院大学。当時も今も関学と言えば中央芝生、略して中芝。

”このビッグイーグルフットボールチーム、かなり昔からアイビーファッションでドン決まり。メンクラなんかでたびたび紹介されているから、知っている人は多いと思う”

という、知名度の高い存在だったようです。そして、

”今でもアイビーの最先端”

だったそうで、

”先輩から受け継いたアイビー精神をJ・プレスのBDシャツ、バリーのシェットランドセーター、エイボンハウスやファラーのスラックス、リーバイスのジーンズ、そしてクラークスのワラビーシューズやコンバースに包んでガンばっている。いってみれば関学のファッションはアイビーそのものということだろう”

f:id:yamada0221:20210531123740j:plain

オリジナルグッズ。欲しいす。というか、実はTシャツは持っています笑

f:id:yamada0221:20210531123758j:plain

 

東の学習院、西の甲南

甲南大学のグッズもいいですね。”東の学習院、西の甲南、といわれるくらいのハイソサエティ大学2校”…そうだったんすか。

ウィンドサーファーレーシングチーム、なんてのがあったんですね。

”ファッションもやはりシティサーファーの面目躍如。ロッキーマウンテンのジャケットにトニーラマ、JUNのパンツ、地元のサーファーたちの社交場「パイプ・ライン」のオリジナルトレーナーなど”という出で立ち。

f:id:yamada0221:20210531123817j:plain

 

西のアイビー的カレッジ同志社大学

同志社大学。僕の第一志望でした。思いっ切り落ちました。

”西のアイビー的カレッジのひとつ”で、

”ファッションの中心はトラッド一色。ケント、J・プレス、エイボンハウス…足もとはリーバル、コンバース、ケッズ等々”

f:id:yamada0221:20210531123834j:plain

まだまだる続きは次回にご紹介します。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!