山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

1982年のバスケットシューズ、トップ3はコンバース、ケッズ、そして…ベアー??【ホットドッグプレス1982年4月10日号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210531150249j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

 

ホットドッグプレス1982年4月10日号

今回ご紹介するのはホットドッグプレス1982年4月10日号です。ちなみに当時僕は2歳。

f:id:yamada0221:20210531115318j:plain

表紙裏はセイコーの広告。

f:id:yamada0221:20210531115335j:plain

2021年の感覚で見ると、完全におっさん!なモデルさんですが、ホットドッグプレスは大学生がターゲットなのでこれが当時の若者像なんでしょうねぇ。

f:id:yamada0221:20210531115352j:plain

若者どころか、部長的な貫禄すらありますが…右下に覗いているスニーカーはブルックス。

f:id:yamada0221:20210531115409j:plain

巻頭モノクロページ。落語特集。落語家、桂小つぶさんインタビュー。ウィキペディアによると”関西ではアイドル的人気を獲得”だったそうです。

f:id:yamada0221:20210531115426j:plain

現在は2代目桂枝光を襲名。YouTubeに落語の音声がアップされています。

www.youtube.com

f:id:yamada0221:20210531115443j:plain

f:id:yamada0221:20210531115501j:plain

新人時代の山田邦子さんインタビュー。”ウキウキ、ルンルン、私、処女なの、クク(笑)”…今思うと凄い時代だったんですね…

f:id:yamada0221:20210531115518j:plain

球春最前線。野球です。

f:id:yamada0221:20210531115534j:plain

”ニューヒーロー”としてピックアップされているのが、巨人の槙原投手。

f:id:yamada0221:20210531115612j:plain

阪急の松永選手など、僕が今よりも野球に興味があった小学校時代に活躍していた選手たち。

f:id:yamada0221:20210531115554j:plain

山森選手のスーパープレー!

f:id:yamada0221:20210531115629j:plain

やっぱりYouTubeにもありました。

www.youtube.com

”ミスター”は今日も挑戦を忘れていない”

f:id:yamada0221:20210531115645j:plain

原選手はこの年2年目だったようです。

f:id:yamada0221:20210531115701j:plain

メジャーリーグ。

f:id:yamada0221:20210531115718j:plain

草野球。

f:id:yamada0221:20210531115737j:plain

プロ野球解説者。

f:id:yamada0221:20210531115754j:plain

ミズノのグローブ、ワールドウィンの広告は原選手。

f:id:yamada0221:20210531115811j:plain

サーフブランド、ハンテンのタイアップページ。サーフブランドなのに、何故か内容はサッカー。

f:id:yamada0221:20210531115828j:plain

釜本邦茂選手のサッカー番組もスポンサードしていたようです。

f:id:yamada0221:20210531115845j:plain

”好きだなスポーツピープル”というキャッチコピーなので、サーフブランドから総合スポーツブランドに転身?していたのかもしれません。

f:id:yamada0221:20210531115901j:plain

右ページはナイキの名作テニスシューズ、フォレストヒルズ。広告のデザインも洗練されていますね。

f:id:yamada0221:20210531115917j:plain

機能的な特徴を箇条書きで表現。

f:id:yamada0221:20210531115933j:plain

”ご希望の方に82年版シューズ・ポスターカタログとステッカーをさしあげます”←超欲しい。f:id:yamada0221:20210531120103j:plain

 

人気のバッシュはコンバース、ケッズ、そして…ベアー????

メインの特集”春のキャンパスブランド講座150”。最初のトピックスはバスケットシューズ。最初に挙げられているのが”スニーカーのビンテージモデルといえばこの一足””はきやすさはバッチリ”のコンバース

f:id:yamada0221:20210531120121j:plain

そして、”東海岸の代表選手”で”アイビーリーガーたちに圧倒的支持を受けている”プロケッズ

f:id:yamada0221:20210531120140j:plain

で、3つ目がベアー。…ベアー????”日本のシューズメーカーでは老舗の存在””往年の日本のアスリートはベアーのお世話になった”そうです。

f:id:yamada0221:20210531120157j:plain

調べてみると、コーヨーベアー(光洋ベアー)というメーカーで、本社は僕の故郷神戸にあったそうです。

ja.wikipedia.org

”Sharpmanと呼ばれる最初の卓球専用シューズを作ったと考えられている”そうです。ウィキペディアではホットドッグプレスに掲載されているのと同モデルと思われるバスケットボールシューズ、そしてランニングシューズも確認できました。

f:id:yamada0221:20210531150243j:plain

f:id:yamada0221:20210531150247j:plain

 

復活のコーヨーベアー

そして、そのコーヨーベアーが2020年に復活している模様。

www.koyobear.com

この復活にはドイツの起業家が関わっているそうです。

forbesjapan.com

ツイッターアカウントもあります。

twitter.com

インスタグラムアカウントもあるんですが、何故か現時点では非公開。

https://www.instagram.com/koyobear/

で、現在発売されているモデルは1つだけ。ウィキペディアでも触れられているSharpmanという卓球シューズ。↑の記事でもつくりに対するこだわりが紹介されているのですが、お値段なんと28,800円。

f:id:yamada0221:20210531144108p:plain

sharpman コーヨーベア ー KOYO BEAR

商品ページには”日本で開催される東京2020オリンピックを記念し、日本のスポーツ界の歴史の一部とも言えるシューズの特別版が1000足限定で再販売””現在予約注文を受付中です。2020年9月より配送を予定”となっており、上掲のツイッターアカウントも現時点では2020年3月のツイートが最後になっています。現在はどうなっているのでしょうか。

続きはこちらで。

www.yamadakoji.com

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!