山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

これを機に考える。自分にとって本当に必要な服ってなんだろう?

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20200430112003j:plain

先日のこちらの記事が少し話題になったようです。  

www.wwdjapan.com

 「帝王」の異名を持つ巨匠、ジョルジオ・アルマーニ。アルマーニに関しては以前記事で詳しくご紹介しています。

www.yamadakoji.com

そのアルマーニの書簡を元にした記事です。一部引用します。

ファッション業界のスケジュールが現在のように目まぐるしくなったのは、ラグジュアリーブランドがファストファッションと同様の手法を取り入れたからだ。ラグジュアリーとは手間と時間がかかるものであり、大切に愛されるべきものだということを忘れて、ファストファッションのように途切れなく商品を供給することでより多くの売り上げを得ようとしてしまった。ラグジュアリーは速いペースでつくれるものではないし、またそうあってはならないものだ。「ジョルジオ アルマーニ」のジャケットやスーツをたった3週間ほど店に並べ、これはもう“季節外れ”だからとそれほど見た目の変わらない新製品と入れ替えるのは全く意味をなさないと思う。

 

従来のファッショントレンドの構造は崩壊する

春夏、秋冬と6ヶ月に一度開催されるコレクション(ファッションショー )。ブランドによってはそれに加え、プレコレクション(クルーズやリゾート、ホリデーコレクションなどとも呼ばれます)という、サブ的なコレクションも開催します。つまり、年4回、つまり3ヶ月に1回新作を発表しなければならないという、とても早いサイクル で回っているのが現在のファッション業界なのです。

これまでアルマーニ以外にもこの異常なサイクルの速さに異議を唱えるデザイナーは数多くいましたが、今回のように注目が集まったのは、昨今の騒動で世の中に大きな変化が生まれる機運を多くの人が感じているからではないかと思います。

先日は老舗ブランド、サンローランが次回のパリコレクションへの不参加を表明しました。”現在の状況とその根本的な変化の波を考慮して”ということが不参加の理由として挙げられていますが、”現在の状況”は数ヶ月単位で変わるとしても、”根本的な変化の波”はそう簡単には変わらないでしょう。

これまで半年に一度のランウェイショーが中心、そして頂点だという認識が強かったコレクションの発表の形態は今後かなり多様化するでしょう。もちろんランウェイショーを続けるブランドもあるでしょうが、作品性の強いファッションデザイナーは、現代アーティストのような存在になったりするのではないかと思っています。

www.instagram.com

音楽やアニメなどのカルチャーやスポーツなどとミックスした提案をするブランドは既にに増えています。

 パリでコレクションを開催するためには3,000万円の費用が必要だそうです。

宣伝効果に加え、以前は「パリコレブランド」というバリューもあったのでしょうが、現在はそこまでの費用対効果があるブランドは少なくなっているのではないかと思います。

以前から僕は、コレクションを頂点としたファッショントレンドの構造は消滅するだろうと考えてきました。こちらは3年前の記事です。

www.yamadakoji.com

僕の書籍、「結局、男の服は普通がいい」でもファッショントレンドの構造についてご紹介しています。

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

www.yamadakoji.com

ファッショントレンドはファッション業界が新しい商品を買わせるための戦略に過ぎません。新しい商品を次々と出すことで前の服を着ていたら時代に取り残されてしまう、というイメージ作りをしているのです。 

f:id:yamada0221:20200318135818j:plain

もちろん、そういったファッション業界の戦略を知ったうえで、ファッショントレンドを楽しみたいという人もいるでしょうし、僕はそういった楽しみ方を否定しません。ですが、そんなことはファッションマニアに任せておけば充分。一般の人が付き合う義理などありません

 

自分にとっての本質的な価値とは?

ファッション業界だけでなく、消費者の価値観も今後かなり変化していきそうです。

www.businessinsider.jp

一度『ニューノーマル』に入れば、生活はシンプルなものに戻り、本当に重要なものに集中するようになるだろう。価値観にも大きな変化が起こる可能性がある

コレクションを頂点とした従来のファッショントレンドの構造が崩壊した後はどうなるでしょうか。冒頭で引用したアルマーニの書簡の続きです。

私はそういう仕事のやり方はしていないし、モラルに反すると思っている。私は常に時代を超えたタイムレスなエレガンスを大切にしてきたが、それは美的感覚の問題だけではなく、長く着られるように服をデザインして生産するということでもある。 

また「オーセンティシティー(欺瞞がなく、信頼できる本物であること)」の価値も、これを機会に取り戻したい。ファッションをただコミュニケーションの手段として利用したり、軽い思いつきでプレ・コレクションを世界中で発表したり、やたらに大掛かりで派手なショーを開催したりするのはもう十分だ。意味のない金の無駄遣いであり、今の時代には不適切な上、もはや品のない行為に思える。特別なイベントだったはずのものを慣例だからと繰り返すのではなく、本当に特別な機会にのみ行うべきだ。

時代を超えたタイムレスなエレガンス本物であることの価値。昨今の騒動はそういった本質的な価値について改めて考え直すきっかけになりそうです。

僕の場合、これまでよりも更に子供と過ごす時間が増えました。元気に満ち溢れている3人の子供たちを1日中家に閉じ込めておくことは不可能です。なので、最近はよく河原に散歩に出掛けています。

www.instagram.com

そんなときに役立つのは軽くて動きやすい服や、歩きやすい靴。ワークマンのパンツやアシックスのトレイルランニングシューズを着用する機会がとても多くなっています。

f:id:yamada0221:20200325104607p:plain

CS009 AERO STRETCH(エアロストレッチ)4WAYスラックス | 作業着のワークマン公式オンラインストア

www.yamadakoji.com

asics TRAIL SCOUT
¥6,050
 返品無料!
(記事執筆時の価格、返品条件です)
f:id:yamada0221:20200309110718j:plain
|画像タップでAmazon商品ページへ|

www.yamadakoji.com

また、昨今の騒動がきっかけという訳ではないのですが、以前から大好きなスタイリスト長谷川昭雄さんの、どういった要素が好きなのか、を具体的に挙げてみるという試みも始めてみました。

現在はファッション業界だけでなく、これまでの慣習や仕組みが大きく変わっていきそうな状況にあります。服好きの1人としては、自分にとって本当に必要な服ってどんなものなのかを改めて考える機会になるかもしれないと思っています。

この記事があなたのお役に立てば幸いです!