山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

汗汚れはクリーニングで落ちないらしいのでウールジャケットを家で洗濯してみた。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

・クリーニングは汗汚れを落とせない!

洗濯が大好きな私。ニットもダウンベストも洗えるものは基本的に家の洗濯機で洗っています。ですが、さすがにウール素材のテーラードジャケットは家で洗濯するのが怖くて、というより自分の中で家で洗濯するという選択肢がなかったのでクリーニングに出していましたが、最近こんな記事を目にしました。
通常のクリーニングではスーツに染み込んだ汗の汚れを落とせない | Fashionsnap.com

クリーニングでは汗の汚れを落とせない…。なんともショッキングな内容。だったらジャケットも自分で洗ってしまおうではないか、と考え調べてみるとこんな商品を発見しました。


製品のご案内|ドライマークのお洗濯はハイベックで!:株式会社 サンワード

↓を見てみるとスーツでも洗えるようです。

お洗濯の前に|ドライマークのお洗濯はハイベックで!:株式会社 サンワード

動画もありました。


Amazonで探してみるとそこそこお値段はするのですが、
ハイベック ゼロドライ1100g

ビギナー用があったので購入。試してみました。
ハイベック ゼロビギンズ500g

・汚れがこんなに…(ステマじゃないです)

こちらがハイベックゼロビギンズ。

説明書です。

水溶性、不溶性、油性の各種汚れを落とせるようです。力強いですね。

布団まで洗えてしまいます。

手順。そんなに大変ではなさそう。

今回洗ってみるのは2点。まずはBEAMS PLUSのブレザー。ここ2年くらい秋冬はずっとこれを着ています。本当にお気に入り。かなり汚れているはずです。

そして成人式用に購入し、長年着てなかったけれど昨年あたりから何故かリバイバルして着るようになったCOMME des GARCONS HOMME PLUSのジャケット。

洗面台に水を張り、ハイベックゼロを投入。漬け込みます。

すると…水がこんな色に。

毎年クリーニングには出していたのですが。なんの汚れの色かはわかりませんが、汚れていたんですねぇ。ベタな洗剤のCMみたいですが。この汚れを付けたまま保管していたことを考えるとちょっと気分は良くないですね。水ですすいでから洗濯機で軽く脱水。

手でシワを叩いて風呂場に干しました。

・で、結果は?

乾いてからチェックしてみると。

結構シワシワ。うーん。

シワになるのが嫌なので念入りに叩いたのですが。ブレザーも同様。

ちょっと着られるレベルではないですね。仕方ないのでアイロンをかけました。普通の家庭用アイロンです。ジャケットにアイロンがけすることはなかなかありませんが、まぁ普通に着られるレベルにはなったかと思います。



・結論:自分でアイロンができるなら買い

で、結局ハイベックゼロは買いなのかどうか、というと「自分でアイロンができるなら買い」だと思います。洗ったときに出た汚れた水を見てしまうと今後もクリーニングで済まそうとは考えられません。が、自分でジャケットにアイロンをかけてみよう、と思える人は少ないのではないでしょうか。実際は全く難しくない誰にでもできることだと思いますが、アイロンがけの経験があまりない人には高いと感じるハードルでしょう。
洗う作業自体はそれほど大変でもないのでアイロンのハードルさえクリアできるならお薦めの商品です。

最後までご覧いただきありがとうございました!