山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

「現場」に最適化されたスーツ。ワークマン×山田耕史「ドットエア2WAY ワークスーツジャケット・パンツ」徹底レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20220303160723j:plain

ワークマン×山田耕史共同開発2022年春夏新製品の中で、最初にご紹介したのが「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」と「SOLOTEX 2WAYワークスーツパンツ」によるソロテックススーツ。こちらは2021年春夏、2021年秋冬から継続販売されている製品ですが、生地やディテールなどに様々なバージョンアップが加えられています。

www.yamadakoji.com

 

夏場の現場作業で大好評のドットエアスーツ

そして、2021年春夏にはソロテックススーツ以外にもう1つ、スーツ(セットアップ)が発売されました。それが、「ドットエア2WAY ワークスーツジャケット」「ドットエア2WAY ワークスーツパンツ」によるドットエアスーツ

www.yamadakoji.com

ドットエアスーツは非常に通気性が高く、風が通り抜けるので、夏場の現場作業で大好評だったということを、ワークマンの中の人からお聞きしました。

また、夏場は汗だくになってしまう自転車通勤にも最適な製品でした。

www.yamadakoji.com

 

高通気性織物ドットエアがアップデート

そもそもドットエアとは、東レが開発した機能織物のことで、以下のような特徴があります。

・通気孔があるため、通気性に優れており衣服内を快適に保つ

・メッシュ調の素材が軽量感を演出

・用途により耐久撥水や吸水加工の機能性付与が可能

こちらがドットエアの紹介ムービーです。

www.youtube.com

今回ご紹介する2022年春夏製品では、このドットエア生地がアップデート

高い通気性はそのままに、以前よりも生地のハリとコシが増して、質感が高まっています

f:id:yamada0221:20220303113452j:plain

 

ドットエアジャケットは機能を大胆にアップデート

さて、まずは「ドットエア2WAY ワークスーツジャケット」を見ていきましょう。

f:id:yamada0221:20220303113438j:plain

やはり目立つのは、テーラードジャケットには本来付けられることのないフード。フードは現場作業では用いられることが多い、まさにワークシーンに必須のディテールだそうです。

f:id:yamada0221:20220303113443j:plain

こちらはスナップボタンで着脱可能です。

f:id:yamada0221:20220303113433j:plain

フードを外すと、端正なテーラードジャケットに早変わり。

f:id:yamada0221:20220303113507j:plain

袖口にはロールアップ用のスナップボタンが付けられています。ここを留めておくと、捲くり上げた袖がずり下がりにくくなります

f:id:yamada0221:20220303113457j:plain

現場での機能性の高さを最重視するワークマンならではの機能です。

f:id:yamada0221:20220303113502j:plain

 

機能性重視のアクティブモード

2022年春夏製品では一般的なスーツスタイルに近く品のある印象のスーツモードと、現場作業などで活躍する機能性重視のアクティブモードが設定されています。

f:id:yamada0221:20220303113542j:plain

こちらがアクティブモードです。

f:id:yamada0221:20220303113606j:plain

首元に設けられているボタンを閉じられるようになっています。

f:id:yamada0221:20220303113556j:plain

これで、インナーのシャツやネクタイが汚れにくくなります

f:id:yamada0221:20220303113616j:plain

また、裾のポケットのフラップは中へしまい込むことができます。

f:id:yamada0221:20220303113448j:plain

フラップのひらつきが防止できます。

f:id:yamada0221:20220303113611j:plain

ワークマン×山田耕史共同開発製品の最重要ポイントである、シンプルでベーシックなデザインは、2022年春夏モデルの「ドットエア2WAY ワークスーツジャケット」でも当然踏襲されています。

 

f:id:yamada0221:20220303113517j:plain

テーラードジャケットの特徴的なディテールである背面裾の切り込み、ベントも備えられています。

f:id:yamada0221:20220303113512j:plain

 

通気性と軽量性が更にアップ

フロントをガバっと広げてみると、2021年春夏製品との違いが顕著になります。

 

f:id:yamada0221:20220303113522j:plain

2021年春夏のドットエアスーツはリバーシブル仕様でしたが、2022年春夏製品ではリバーシブル仕様は廃止されました。

その理由は通気性と軽量性を更に高めるためです。

左胸裏側には内ポケット。

f:id:yamada0221:20220303113526j:plain

そして、右胸裏側にもジップの内ポケットが設けられています。

f:id:yamada0221:20220303113532j:plain

こちら、内ポケットだけでなく、ポケッタブルに収納するときのバッグの役割も果たします。

f:id:yamada0221:20220303113551j:plain

本体を折り畳んで収納すると、こんなにコンパクトに。ジャケットであることを表すタグも付いています。

f:id:yamada0221:20220303113819j:plain

「ドットエア2WAY ワークスーツジャケット」には通気性だけでなく、他にも防汚やUVカットなどの機能が満載

f:id:yamada0221:20220303113601j:plain

家庭の洗濯機で気軽に洗えるメンテナンスの楽さも見逃せません。

f:id:yamada0221:20220303113546j:plain

 

シンプルデザインに隠された機能の数々

さて、お次はセットアップ製品である「ドットエア2WAY ワークスーツパンツ」のご紹介です。パッと見はシンプルでベーシックなデザインのスラックス

f:id:yamada0221:20220303113620j:plain

ですが、「ドットエア2WAY ワークスーツパンツ」にも多彩な機能の数々が隠されています。

f:id:yamada0221:20220303113625j:plain

まず、ウエストはベルトループに加え、背面がゴム、そして内側には紐が通されているので、自分の好みに合った穿き方が可能

f:id:yamada0221:20220303113630j:plain

ウエスト内側のロゴはシリコン製で、中に入れたシャツがずり上がるのを防止してくれます。

f:id:yamada0221:20220303113635j:plain

右ポケットの脇には、ジップポケットが隠されています

f:id:yamada0221:20220303113640j:plain

スマートフォンや鍵を入れるのに最適です。

f:id:yamada0221:20220303113645j:plain

「ドットエア2WAY ワークスーツパンツ」にはストレッチ性のある生地が用いられていますが、膝が立体的なつくりになっており、脚の屈伸がしやすさが更に追求されています。

f:id:yamada0221:20220303113720j:plain

 

シンプルな後面に隠されたアクティブモード

後面もパッと見はシンプル。

f:id:yamada0221:20220303113650j:plain

ですが、よく見るとまずポケットが3つあることに気付きます。

f:id:yamada0221:20220303113655j:plain

右側にはポケットが2つ。

f:id:yamada0221:20220303113659j:plain

下のジップポケットの袋布を取り出すと、工具ホルダーが登場

f:id:yamada0221:20220303113704j:plain

f:id:yamada0221:20220303113734j:plain

これが「ドットエア2WAY ワークスーツパンツ」のアクティブモードです。

f:id:yamada0221:20220303113729j:plain

また、後面左側のポケットは、ポケッタブルに収納するときのバッグの役割も果たします。

f:id:yamada0221:20220303113739j:plain

かなりコンパクトになります。

f:id:yamada0221:20220303113815j:plain

そして裾にはジャケット同様、スナップボタンが付けられています。

f:id:yamada0221:20220303113709j:plain

こちらも袖同様、まくり上げた裾のずり下がりを防止する役割があります。

f:id:yamada0221:20220303113715j:plain

 

用途に合わせて着方が選べる

僕(176cm65kg)がLLサイズを着用。ドットエアスーツは、用途に合わせて着方が選べるのが魅力です。まずはスーツモード。

f:id:yamada0221:20220303113802j:plain

ジャケットのポケットのフラップを入れ込んでみました…が、これくらいだと間違い探し状態で、どこが変わっているのかわかりませんね笑。

f:id:yamada0221:20220303113757j:plain

ですが、袖と裾をまくり上げると随分印象が変わるだけでなく、腕や脚の自由度がかなり高まります

f:id:yamada0221:20220303113806j:plain

f:id:yamada0221:20220303113811j:plain

そして、フードを付け、ジャケットの首元のボタンを留めてアクティブモードに移行します。

f:id:yamada0221:20220303113743j:plain

こうすると、下に着ているインナーの汚れが防げますし、自転車のときなどに襟元がバタつきにくくなります。

f:id:yamada0221:20220303113749j:plain

フードは大きめなので、ヘルメットの上でも被れます。

f:id:yamada0221:20220303113753j:plain

 

ジャケットとパンツ合わせて4,800円(税込)

「ドットエア2WAY ワークスーツジャケット」のお値段は2,900円(税込)。

f:id:yamada0221:20220303113537j:plain

「ドットエア2WAY ワークスーツパンツ」は1,900円(税込)。

f:id:yamada0221:20220303113725j:plain

ジャケットとパンツ合わせて4,800円(税込)

カラーバリエーションはグリーンに加え、ネイビーとブラックの3色展開。

4月発売予定です。