山田耕史のファッションブログ

服選びをかんたんに、自分らしく。

夏のゆる系アウトドア。ワークマン「ACTIVE デニム半袖シャツ」レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20190604131411j:plain

ワークマンのオススメ商品については基本的にオンラインストアのコラムでご紹介しています。

store.workman.co.jp

ですが、今回ご紹介する商品は展開される店舗が限られているために、僕のブログでご紹介することにしました。

それがこちら。「ACTIVE デニム半袖シャツ」です。

f:id:yamada0221:20190604101038j:plain

お値段は1,780円(税込)。

f:id:yamada0221:20190604124848j:plain

目を引くのはこちらのリフレクター付きの縦ジップポケット

f:id:yamada0221:20190604101056j:plain

コロンビアなどのアウトドアブランドでよく見るディテールですね。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】Columbia◆長袖シャツ/S/ナイロン/KHK/チェック/サビサング...
価格:4212円(税込、送料別) (2019/6/4時点)

楽天で購入

 スマートフォンを入れておくのにちょうどいい大きさ。僕は趣味でロードバイクに乗るのですが、いくらジップポケットが付いていてもパンツのポケットにスマートフォンを入れるのは邪魔になるので、ジップポケット付きのトップスは重宝します。

ボタンはスナップボタン。

f:id:yamada0221:20190604101047j:plain

そして化学繊維の機能素材が多いワークマンには珍しく、ACTIVE デニム半袖シャツは綿100%のデニム素材。といっても薄手でシャリ感があるので、着ていて気持ちいいですし夏になっても涼しそうです。

f:id:yamada0221:20190604101106j:plain

 

気負わないゆる系<アウトドア>コーディネート

アウトドアブランドのアイテムにも採用されている縦ジップポケットがデザインポイントになっていることもありますので、ACTIVE デニム半袖シャツのファッションのジャンルは<アウトドア>。

f:id:yamada0221:20190522102914j:plain

ですのでもちろんアウトドアアイテムとの相性は抜群です。こちらで合わせているパンツは以前もご紹介したワークマンのAERO STRETCH クライミングパンツ。ACTIVE デニム半袖シャツはジャンル的には<アウトドア>ですが、デニム素材であまりガチ感がないので、カジュアルで気負わない雰囲気になります。

f:id:yamada0221:20190604101111j:plain

www.yamadakoji.com

また、<アウトドア>は<アメカジ>との相性が良いので<アメカジ>の代表的なパンツであるミリタリーパンツともマッチします。

f:id:yamada0221:20190604101117j:plain

 

サイズに注意!

僕はワークマンのトップスはたいていLサイズを着ています。ACTIVE デニム半袖シャツもLサイズを選んだのですが、洗濯をして着てみるとやや小さめでした。デニム素材なので洗濯で縮んだのかもしれません。ですので、購入する場合は普段より1サイズ大きめをオススメします。

ちなみに長袖バージョンもあります。

f:id:yamada0221:20190604124303j:plain

が、先述の通り展開されている店舗は限定されており、現時点ではオンラインストアでも取り扱っていないようなので、ご注意下さい。

store.workman.co.jp

 

最後までご覧いただきありがとうございました!