山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

「流行の服」は格好良いフランス人の個性までも消し去ってしまいます。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

3月末に書籍発売決定!

タイトル「結局、男の服は普通がいい」

最新情報はツイッターで。

f:id:yamada0221:20190605112745j:plain

少し前にツイッターのタイムラインに流れてきたこちらのツイート。

「 フランス人の良さが皆無」「着せられてる感」って指摘にとても共感しました。「いいね」が100件以上付いているので、僕以外にも共感した人は多かったのでしょう。

ちなみに元のインスタはこちら。中目黒の人気セレクトショップ、1LDKのパリ店のアカウントですね。

www.instagram.com

同じモデルさんの画像は他にもあります。

www.instagram.com

いや、オシャレなんですよ。充分モデルさん自体もそれぞれ格好良いですし。でもなんかやっぱり「着せられてる感」があるんですよね。

www.instagram.com

ちなみに日本人スタッフらしき画像もあります。

www.instagram.com

最初にこの画像だけを見たら別に何も思わなかったのかもしれませんが、こうやって改めて見ると「着せられてる感」、ありますよね。

www.instagram.com

 

ライフスタイルが感じられないから「着せられてる感」が生まれる

オシャレだと感じるけど、着せられてる感がある。これって以前の記事でご紹介した「オシャレな人」の2つ目の定義、「他人からオシャレだと思われる人」にあたるんだと思います。簡単に言うと、「流行りの服を着ているだけの人」ですね。

www.yamadakoji.com

上掲インスタのフランス人は皆さん格好良いんですね。それぞれ個性的ですし。でも、流行りの服で全身を固めることでその人自身が持つ個性が打ち消されてしまっているのではないかと思います。

www.instagram.com

www.instagram.com

個性が打ち消される理由は、全身流行の服にしてしまうとその人のライフスタイルが感じられないからでしょう。

ファッショニスタ的な、いわゆるオシャレさんのファッションが僕には格好良く思えないのは、生活感がないから​でしょう。
その服を着る必然性がないので、体の上に服が乗っかっているだけで、その人らしさが伝わらないのだと思います。第三者からしたら「あの人オシャレな服着ているねー」、だけで終わり。服の格好良さは認識されるんでしょうが、その人の印象なんて残らないでしょう。

www.yamadakoji.com

これと真逆なのがmister mortでしょうね。自分が生活に必要とする服、自分が好きな服しか着ていないので着せられてる感ゼロです。

www.instagram.com

www.instagram.com

もちろん「他人からオシャレだと思われることが一番」という価値観もあるでしょう。それはそれでアリだと思います。

ですが、今回のフランス人の画像を見てやっぱり「流行の服」って怖いなと思いました。わざわざ高いお金を払って買う服で、自分らしさが消し去られてしまうなんて。

僕は他人からオシャレだと思われることよりも、自分が生活に必要とする服や自分が好きな服だけを着ていたいと改めて強く思いました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!