山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

服よりも自分に興味が持たれる自分でありたい。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20200204163412j:plain

今月号のポパイはスタイルサンプル特集。いわゆるストリートスナップですが、ファッション業界人の写真を並べただけの、そんじょそこらのファッション誌とは面白さが別次元です。 

POPEYE(ポパイ) 2020年 2月号 [STYLE SAMPLE'20]

f:id:yamada0221:20200204163721j:plain

|画像タップでAmazon商品ページへ|

 

今号の紹介文がこちら。

2年ぶりに『ポパイ』が世界8都市&日本全国をまわってスナップ。 これはスタイルの教科書ではなく、あくまでサンプル。 世界中でスナップしたファッションはバラバラだ。 服が好きな人もいたし、無頓着な人もいた。 ひとつ共通しているのは、それぞれの理由で服が似合っていること。 そもそも、服が似合うってどういうことなんだろう? それは見た目のことだけ気にする話ではないのは確かだ。2年ぶりに『ポパイ』が世界8都市&日本全国をまわってスナップ。 これはスタイルの教科書ではなく、あくまでサンプル。 世界中でスナップしたファッションはバラバラだ。 服が好きな人もいたし、無頓着な人もいた。 ひとつ共通しているのは、それぞれの理由で服が似合っていること。 そもそも、服が似合うってどういうことなんだろう? それは見た目のことだけ気にする話ではないのは確かだ。

 POPEYE 2020年2月号 | 雑誌紹介 | dマガジン

ポパイのインスタグラムには誌面にも掲載されている画像がアップされています。

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

ライフスタイルが垣間見えるから格好良い

今号のポパイでは、トレンドやブランドの服を着ている、いわゆるファッション誌的にオシャレというような人はほとんど掲載されていません。でも格好良いし、興味をそそられる。上掲の紹介文では「それぞれの理由で服が似合っていること」とありますが、じゃあその理由って何なのでしょう。その答えがウェブの「From Editors」というコンテンツに掲載されていた、誌面でも使われていた画像とそれに対するコメントにありました。

スケーターのボロボロジーンズが格好良いのは、彼がスケボーがうまいから。つまり、スケーターである彼のライフスタイルが垣間見えるから格好良いのです。

 こちらは先日見つけた、オーストラリアの自転車屋さんのインスタグラムです。

 ポパイのスタイルサンプル同様、ファッション誌的なオシャレさんではありませんが、格好良いと思います。こちらも、自転車というライフスタイルが垣間見えるからこその格好良さなのでしょう。

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

「オシャレですね」と言われるのは簡単です

今号のポパイを読んで僕が感じたのは「服よりも自分に興味が持たれる自分でありたい」ということ。服に興味を持たれるのは簡単です。周りの人が着ていないような、ちょっと風変わりな服を着ていれば、簡単に「オシャレですね」と言われるようになります。ですが、それって自分にとって嬉しいかとじっくり考えてみると、少なくとも僕の場合はそうじゃないなーと思うようになりました。

www.instagram.com

自分のライフスタイルにマッチした服。自分の好きを追求した服。そんな服を着ていたいですし、誰もがそんな服を簡単に選べるようになるお手伝いをしていきたいなと思っています。

3月末に発売予定の書籍も、そんなお手伝いのお役に立てると自負しておりますので、お楽しみに!

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!