山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

あなたは何のためにオシャレをしていますか?

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

 f:id:yamada0221:20191030115936j:plain

「オシャレとは」

ファッションを仕事にしている僕に限らず、ファッションに興味を持った人にとっての永遠のテーマなのかもしれません。そのテーマに対する現時点での僕の答えは「服よりも人。その人独自の個性が格好良さを生む 」ということ。詳しくはこちら記事をご覧下さい。

www.yamadakoji.com

そんな「オシャレとは」というテーマに関するこちらのツイートに、僕は共感しました。

 

好きな服を着て何をするかが大切になった

オシャレをすること自体が目標、という人もいるかもしれません。僕にもそういった時期がありました。1着数万円もするブランドの服を大枚をはたいて買う。でも、そうやってオシャレをして、何をするかと言えば服屋に行くくらいでした。今、ふと振り返るとそれって幸せだったのかなぁ?と考えてしまうことがあります。

結婚して3人の子供がいる今は、その頃に比べ服にかけるお金は格段に減りました。最近のお気に入りは古着屋さんやリサイクルショップで買った数千円のどこにでもある普通の服

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

ですが、高価な服ばかり着ていたときよりも、安物の服を着ている今のほうが確実に幸せだなと思っています。

www.instagram.com

www.instagram.com

もちろん今も昔も服は大好きです。今だってブランドの服を買うこともたまにはありますし、そういった服を着ることに大きな喜びを感じることは変わりません。

ですが、昔の僕は好きな服を着ることが大切でしたが、今の僕は好きな服を着て何をするかが大切になったのだと思います。

「格好良いから」「着てみて似合ったから」などという理由だけで服うのではなく、この服を着て自分はどんな人とどこへ行って何をするのだろう?と想像をしてみると、また違った楽しみ方が見つかるかもしれません。

 

服にかけるお金や時間を減らす

僕は、POPEYEのファッションディレクターも務めていたスタイリストの長谷川昭雄さんから強く影響を受けています。 

こちらの最近の発言にも深く共感しました。

先日、僕はこういったツイートをしました。

「自分の好きな服を見つけられるように、ファッションをわかりやすくご紹介すること」にという目標に加え、長谷川昭雄さんの言葉のように、「暮らしていくことでいろいろお金がかかる」ので、多くの人が服にかけるお金や時間を減らせるようになることも目標にしています。

服にかけるお金や時間を減らすことで、他の楽しいことによりお金や時間がかけられるようにしてもらえれば、と思います。

そのための新しいサイトも現在鋭意製作中です。

予定からは遅れに遅れていますが…頑張ります!

 

最後までご覧頂きありがとうございました!