山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

ダイソーの150円シューキーパーは果たして使えるのか、試してみました。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ



 




コールハーンを購入以降、自分のなかで盛り上がっている革靴熱。

今まで革靴のリペアやメンテナンス方法を自分でも勉強しつつ、履きやすくなるカスタマイズ方法などもご紹介してきましたが、革靴に必要不可欠なものがシューキーパー(シューツリー)です。

シューキーパーは革靴を履くうえで必要不可欠なもの。靴は履いているとつま先の部分が反り上がってきてしまい、放置しておくと靴底が反ってしまったり、履きジワが目立ってきたりして靴の寿命を縮めてしまいます。なかには革靴だけでなくスニーカーにもシューキーパーが必要という意見すらあります。

僕が使っているシューキーパーは10年以上前に友人の結婚式の引き出物でもらったもの。それをずっとリーガルのプレーントゥシューズに入れていたのですが、シューツリーを入れずにいたクラークスのブーツのソールが反ってしまっていることに最近気づきました。


このクラークスは18年くらい前に購入したもの。あまり履いていないのでソールもかなり残っています。まだまだ履き続けたいのでなにかいいシューキーパーはないかとAmazonで物色してみましたが、評価がそこそこなのは最低でも2,000円くらいはする模様。

Collonil: ¥ 2,995 - ¥ 4,536


 

WoodField:¥ 2,500(返品無料!)


 

もっと安くて良い商品はないかと探していると、Twitterでこんな情報をいただきました。


さすがダイソー!ということで購入してみました。

ひとつ150円なので一足分で300円です。

 

 

木製。チープさはありません。



一般的なシューキーパーはネジでフィット感を調節するものが多いですが、こちらはスプリングで調節。



これが20年もののクラークス。



トゥは履きジワがかなり目立ちますし、





横から見てみるとソールの反りがよくわかります。





ダイソーシューキーパーを入れてみました。



トゥはいい感じ。履きジワが伸びていますし、





ソールの反りも矯正されるようです。



が、問題がありました。こちら。



ちょっと見えづらいのですが、スプリングの圧でかかと部分が盛り上がってしまっています。



ダイソーシューキーパーはかかと部分の接触面積が小さい上に、クラークスのかかと部分が普通の革靴と比べて柔らかいのが原因です。

このまま放置していると、盛り上がったまま型がついてしまうでしょう。シューキーパーを入れて靴の型が悪くなってしまっては意味がありませんね。

ちなみに僕が今まで使っていたシューキーパーを入れるとこんな感じ。







こちらはかかと部分の接触面積が大きいので盛り上がりはありません。





ソールの反りや履きジワもこちらの方がキレイに矯正されています。





ということで、クラークスにダイソーシューキーパーを使うのはやめて、コールハーンの購入により履く頻度がほとんどなくなってしまったリーガルに使うことにしました。リーガルはかかと部分が硬いのでクラークスのように盛り上がってしまうことはありません。

クラークス用のシューキーパーは今後も引き続き探していくつもりです。今のところAmazonで人気のこれかなぁ、と思っているのですが他にいいのないですかねぇ。

​ Collonil: ¥ 2,995 - ¥ 4,536


 


ちなみにAmazonでは20万円を超えるような高級紳士靴が買え、無料で返品できたりします。革靴に興味がある人は試してみていも面白いと思いますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました!