山田耕史のファッションブログ

自分らしい服がわかるファッションブログです。

なぜ僕はB'zのTシャツを着るのか。〜90年代J-POP Tシャツ人気の背景を推察する〜

こんにちは。ファッションアナリスト/ワークマンマスター/兼業主夫の山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ




・ハマり中の90年代J-POP Tシャツ


去年の7月にこんな記事を書きました。

yamadakoji.hateblo.jp



この頃はまさか、TKが引退するなんて思いもよりませんでした…、なんてことは関係ありません。当時ハマり始めていた、90年代J-POPのTシャツに関する記事です。

この記事では手に入れたばかりのTMNのTシャツをご紹介しています。2017年の夏、一番気に入って着ていたTシャツで、撮影が入る取材のお仕事にも着て行ったりしていました。


オトナの服選び。〜高円寺Lampa 遠山さんが選んだ過去と現在〜FACY





このTシャツはヤフオクで2,900円で落札しましたが、この後もヤフオク、メルカリで少しずつ90年代J-POPTシャツを落札しています。








今の手持ちのラインナップはこんな感じです。

一番気に入っているのがB'zの1995年の「BUZZ」ツアーTシャツ。このライブが収録されたビデオはほんと、擦り切れるくらい観ましたね。

ポップなカラーのプリントの良いんですが、手持ちの90年代J-POP Tシャツは総じて大きめサイズで、それが今の気分なんですよね。おそらく当時のツアーTシャツはワンサイズでしか販売しておらず、それがメンズのL〜XLサイズだったのだと思います。



後ろのフォントはなんか違うな…と思うんですが。



こちらは1997年のツアー「FIRE BAL」のTシャツ。これは当時、大阪ドームで開催されたライブに行って買ったものです。実家に眠っていましたが、年末に帰省したときにサルベージしてきました。寝間着としてガンガン着ていましたが、なぜかかなり丈夫で全然へたっていません。



こちらは1994年に発売されたTMNの「GROOVE GEAR」というベスト盤の特典Tシャツ。



ボックスロゴです笑 シンプルなので使いやすいですね。

 



こちらの槇原敬之Tシャツは購入したもののインパクトがあり過ぎて、まだ2回しか着ていません。秋になってインナー用途として活躍…してくれるかどうか笑






​​  
​​ ​

・J-POP Tシャツが高騰中!


と、こんな感じでJ-POP Tシャツをこっそり収集していたんですが、先日座談会でもお馴染みで最近始められたブログも人気のお友達、齋藤さんのこんなツイートを目にしました。



J-POP Tシャツが急激に高騰ですか!まぁ確かにJ-POP Tシャツの注目度は高まってきつつあったんですよ。こちらは4月の齋藤さんのツイート。




日本を代表する有名古着店、ベルベルジンでラルクのTシャツが取り扱われるなんて想像もしていませんでした。

 
LABORATORY/BERBERJIN®さん(@laboratory_berberjin_r)がシェアした投稿 -



・なぜJ-POP Tシャツは人気を集めているのか


今、こうしてJ-POP Tシャツが人気を集めている理由は大きく2つあると思います。1つ目が「90年代ブーム」。2つ目が「ダサいもの人気」です。

去年の90年代座談会はツイッター上でもそこそこな話題になりましたが、それにはやはり90年代の注目度が高まっていたことが大きな原因になっていたと思います。


雑誌で振り返る、おじさんたちの90年代ファッション座談会〜前編〜FACY

また、当ブログでご紹介しているように、ヘルムート・ラングなどの90年代に人気を集めたデザイナーズブランドの古着が高騰しているなど、「90年代」は数年前から注目されはじめ、その人気は2018年の今が最高潮ではないでしょうか。

yamadakoji.hateblo.jp


また、「ダッドシューズ」やヴェトモン人気に代表されるように、今まで「ダサい」とされていたデザインやブランドが支持を集めています。

yamadakoji.hateblo.jp

 

yamadakoji.hateblo.jp


同じく数年前から人気となっていた、バンドTシャツ。メタリカやガンズ・アンド・ローゼズといったロックバンドが中心でしたが、この「90年代ブーム」と「ダサいもの人気」の影響を受けて昨年あたりから、90年代洋楽ポップミュージシャンTシャツが目に付き始めました。このホイットニー・ヒューストンTシャツも完全に90年代のダサさを狙っているでしょう。



で、この90年代洋楽ポップミュージシャンからの流れで90年代J-POPが注目され始めているのが2018年の今の状況なんだと思います。

・僕はなぜB'zのTシャツを着るのか


で、タイトルに戻ります。僕はなぜB'zのTシャツを着るのか。理由は2つあります。1つ目は「ダサいもの人気」の影響を受けたからです。特に影響を受けたのが齋藤さんと齋藤さんが教えてくれた大阪の古着屋、古着屋十四才。齋藤さんがコレクションしているTシャツや、古着屋十四才のインスタを見ていて、「こんなダサさの楽しみ方っていいなー」と思ったのがきっかけです。



 
十四才さん(@jyuyonsai)がシェアした投稿 -


 
十四才さん(@jyuyonsai)がシェアした投稿 -



僕はB'zやTMNや槇原敬之は大好きですが、お世辞にもいわゆるファッション的に「オシャレ」な存在ではないと思います。

特に、B'zなんかは世間的にそのファッションをいじられることが多いですよね。


https://blogs.yahoo.co.jp/shion178504jp/GALLERY/show_image.html?id=12852790&no=3

僕的に90年代のB'zやTMNや槇原敬之の「ダサい」雰囲気があるTシャツが、今の「ダサい」ものを楽しむ気分にマッチしたんです。

例えば、槇原敬之のTシャツにはオシャレなデザインのものも結構あるんです。ア・ベイシング・エイプやオーバーザストライプスといったブランドとコラボしたツアーTシャツもありますし、90年代のTシャツでも普通に着られるデザインのものもあったりします。でも、普通に着られるTシャツだと刺激がなくて楽しくないんですよね。話のネタにもなりませんし。


★APE×槇原敬之 新品同様!会場限定 マイロTシャ... - ヤフオク!


メール便可 槇原敬之 マキハラノリユキ MAKIHRA ... - ヤフオク!

あと、僕はJ-POP以外にもテクノやジャズなどが好きなんですが、テクノやジャズってそれだけでなんかオシャレなイメージがありますよね。オシャレなイメージのあるミュージシャンのTシャツを着ていてもやっぱり面白くありません

 
かといって、僕的に90年代J-POPミュージシャンならなんでもいいという訳ではないんです。僕は大好きとまではいかなくても、ある程度以上好きなミュージシャンのTシャツを着ることにしています。だって、ミュージシャンのTシャツを着ていると、そのミュージシャンが好きな人に話しかけられる可能性がありますからね。「好きなんですか?」と聞かれて、「いや、別に…」と返答するのはなんか悪い気がしますし。

あと、例えばB'zならなんでもいいという訳でもありません。というか、B'zのTシャツは着たいと思えないデザインのものがほとんどです(上掲の「FIRE BALL」Tシャツも今なら買わないと思います笑)。僕はヤフオクやメルカリで検索に引っかかる玉石混交の商品のなかから、気に入った商品を見つけるという行為も楽しんでいるのだと思います。いわゆる「ディグる」という感じですね。

  


​​  
​​ ​

・「好きなものを好き」と言える時代


あと、僕が90年代J-POP Tシャツを着るのに、こんな理由もあります。






今は「自分の好きなものを好き」と言える時代です。特に、ファッション業界の都合でつくられた「トレンド」なんて気にする必要なんて、これからの時代は全くありません。


自分の価値観を恥ずかしがることなく服装で表現しましょう。当ブログではそのお手伝いをしていけたらと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました!