山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

ユニクロのシームレスダウン はクリーニングに出せない?問題とオススメの冬服洗濯方法まとめ。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

・ユニクロのシームレスダウンはクリーニングに出せない?


現在開催中のユニクロ誕生感謝祭でセール対象になっている、シームレスダウン。


ユニクロ|期間限定価格商品|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

偶然でしょうが、クリーニング業界の方の「ユニクロのシームレスダウンは使い捨てだと思って」という趣旨のツイートがバズっているようです。













ツイートでも挙がっているこちらの記事でも触れられていますが、圧着に用いられているポリウレタンが問題のようですね。

「ユニクロのシームレスダウンはクリーニングできない」という投稿が拡散 ⇒ 実はクリーニングできた。(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース

クリーニング業界の見解を聞くために、東京都クリーニング生活衛生同業組合に取材した。
担当者によると、ユニクロに限らず、シームレスダウンをクリーニングする際には、客の承諾をとるよう店舗に連絡しているという。
シームレスダウンの圧着に多く使用されているポリウレタンは、経年劣化により、3年ほどで寿命を迎える
そのため、商品の状態によってはクリーニングの際に剥がれてしまう可能性があることが理由とのこと。

 

ユニクロの担当者に取材したところ、ポリウレタンの寿命は3年ほどであるという認識は組合と共通しており、シームレスダウンの商品ページにも「約3年で劣化(剥離・べたつき)します」という記述がある。


以前から当ブログでもご紹介していますが、ポリウレタン素材は空気中の水分や紫外線などで劣化します。


ポリウレタン素材の弱点を知る | 衣服の寿命について | 東京都クリーニング生活衛生同業組合

その寿命は2〜3年とされています。



ポリウレタン素材はシームレスダウンだけでなく多くの衣類に用いられています。ストレッチ性のある服はたいていポリウレタン素材が用いられていますし、ユニクロのネオレザーに代表されるフェイクレザー生地の多くやユニクロのブロックテックの商品にはポリウレタンコーティングが施されています。


ユニクロ|ネオレザーシングルライダースジャケット|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)



ですので、ポリウレタン素材が含まれている服を買う場合は、2〜3年で着られなく可能性があることを覚悟しておきましょう。

​​  
​​ ​

・ダウンジャケットは家で洗える


さて、上掲のシームレスダウンについてはまだ続きがあります。









僕はダウン製品はずっと家で洗濯しています。



ウール素材なのでエマール的なおしゃれ着洗剤を使っていますが、手洗いはせずにネットに入れて、洗濯機で普通に洗っています。脱水も普通にしています。

ダウン製品は洗濯をするときにたくさんの水を含んでしまい、脱水のときに洗濯機が強く揺れて脱水ができないことがあるので家庭で洗濯機を使った洗濯は推奨されていないということを、以前どこかで目にしたことがあります。

確かにうちでも揺れて脱水が止まってしまうことがありますが、そんなときは洗濯機を押さえつけて脱水させています。まぁそんな方法はオススメすべきではないでしょうから、ダウン製品を洗濯機で洗う場合は手で押して脱水させてから干すのが安全上ではベストなのでしょう。

​​  
​​ ​

・ダウンジャケットだけでなく、たいていのウールアウターも家で洗える


僕はダウン製品だけでなく、たいていのウール素材のアウターは家で洗濯しています。

www.yamadakoji.com

 

使っているのはこの洗剤。

ハイベック ゼロビギンズ500g
¥ 2,473
(記事執筆時の価格です)

|画像タップでAmazon商品ページへ|

僕はこれでコートやブレザーなんかも家で洗濯しています。



詳しい手順は↑の過去記事に書いていますが、仕上げにアイロンをかける必要があるのでアイロン慣れしていない人にはあまりオススメはできない方法です。

​​  
​​ ​

・ダウン素材はリサイクルできます


ちなみに最初のツイートのリプライを見ていた知ったのですが、ダウン素材のリサイクルを推進している団体があるそうです。







Green Down Project | グリーンダウンプロジェクト | 羽毛が変われば、世界が変わる。

アーバンリサーチやグリーンレーベルリラクシングなどの大手セレクトショップも協賛しており、不要になったダウン製品を店頭に持っていけばリサイクルしてもらえるそうです。(リサイクルしてもらえるのはダウン率が50%以上の製品のみ)



回収 | Green Down Project | グリーンダウンプロジェクト | 羽毛が変われば、世界が変わる。

​​  
​​ ​

・「自分のお気に入り」に1人でも多くの人が出会えるように


「安いから」「トレンドだから」と服を買うのもファッションの楽しみ方ではありますが、消耗品を除き個人的にはクオリティ的にもデザイン的にも数年で着られなくなってしまう服はできるだけ買いたくないな、と思っています。

前掲のダウンベストは10年近く着ていますが、自分の大好きなデザイン、かつ納得できるクオリティなので10年間毎年ヘビーローテションしています。


(ギャルソンやヴィヴィアンも使っているスコットランドのLOCHCARRON社のタータンチェック柄が超お気に入りです)

ですが、僕も含め多くの人は長い年月ずっとヘビーローテションし続けられるくらいお気に入りの服とはなかなか出会えていないでしょう。

世の中には無数の服がありますから、自分のお気に入りになるであろう服はどこかに存在しているはずだと思います。

僕は「ファッションのトリセツ」でファッションのジャンルを明確化したり、他のブログ記事やnoteでブランドの特徴をご紹介することで、無数にある服のなかから自分の目当ての商品にアクセスしやすくして、1人でも多くの人が自分のお気に入りの服に出会えるようになればと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました!