山田耕史のファッションブログ

自分らしい服がわかるファッションブログです。

未来の古着屋ではユニクロが「ヴィンテージ」として扱われているかも。

こんにちは。ファッションアナリスト/ワークマンマスター/兼業主夫の山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

・リユースショップでユニクロのクオリティの高さを再認識


先日リユースショップディグについての記事を書きました。

yamadakoji.hateblo.jp


いわゆる古着屋には無くて、リユースショップにはたくさんあるブランド。

それはユニクロです。

クオリティの高い有名ブランドものから、本当に二束三文のクオリティの低い服まで多種多様な服があるリユースショップでディグをしていて再認識したのですが、品質、デザイン共にユニクロってかなりのクオリティだと思います。


​​  
​​ ​

・過去のUTには名作がいっぱい!


↑の記事でご紹介したブックオフや上野のたんぽぽハウスなどの商品量が豊富なリユースショップでTシャツをディグるときは、とにかくスピードが命になります。



僕のTシャツ選びは基本的にデザイン(ネタ)重視なので、一枚一枚プリントを一瞬で確認しながらディグっていくのですが、プリントで「おっ」と思ってタグを見るとUTだった、ということは何度もあります。特にスヌーピーものや企業コラボものは出来が良いものが多いですね。


今はブログで毎週レビュー記事を書いていることもあるのでユニクロの商品は全ラインナップくまなくチェックしていますが、以前はそれほど熱心にチェックしておらず、今見ると「お、こんな良いデザインがあったのか」という商品がたくさんあります。

「UT スヌーピー」「UT 企業コラボ」で検索すると、昔の良デザイン商品がたくさん見つかります。ここらへん、全部UTだそうです。僕は店頭で見た記憶はないんですが、良いデザインですよね。普通に着られると思います。特に出光。いいっすねぇ。


https://ameblo.jp/guitar358/entry-11823913119.html


https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x487056664


https://fashion.aucfan.com/yahoo/b159250427/


https://fashion.aucfan.com/yahoo/g154987359/

・玄人お墨付きの高品質


また、品質に関してはこんなご意見もあります。



当ブログでもお馴染みの、古着に造詣が深い齋藤さんもこんなツイートをされています。



リユースショップをディグしていて僕が驚いたのは、ユニクロのデザイナーズコラボもののクオリティの高さ



最近だと、Uniqlo UのTシャツはクオリティが高く評判が高いようです。確かにこの品質のTシャツが1,000円で買えるのは驚異的だと思います。というか、値段が数倍、下手したら10倍するセレクトショップオリジナルなどでもこのUniqlo UのTシャツよりもクオリティが劣る商品はたくさんありますしね。


ユニクロ|クルーネックT(半袖)|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)


​​  
​​ ​

・将来ユニクロがヴィンテージとして取引される可能性


現在ヴィンテージとして高値で取引されるリーバイスXXなどのジーパンも、元々は大量生産されたワークウェアでした。

もちろんユニクロは昔のリーバイス以上に大量生産されているでしょうから、リーバイスXXのように100万円を超すような値段が付く、ということはないでしょう。

BerBerJin S506XX WW2 - BerBerJin Staff Blog

ですが、将来的にユニクロの古着に定価以上の価値が付く可能性はゼロではないと思います。

例えば現時点では1シーズンしか展開されなかったイネスコレクションのメンズはそのクオリティの高さとデザインの良さから、将来的に価値が出てもおかしくはないかなと思います。
 

 

yamadakoji.hateblo.jp

 
現に今も、イネスコレクションのメンズを探している人がいるくらいですし。
 
 

・デザイナーの夢を叶えるのはユニクロ?

 


 

今まで雑誌でたくさんのファッションデザイナーのインタビューなんかを読んできましたが、↑みたいなことを言うデザイナーさんって本当に多いんですよね。

デザイナーズブランドにも特徴が色々あるので一概に言うのはちょっと乱暴ですが、デザイナーズブランドって結構クオリティがイマイチなことが多いんですよね。

今回の記事でもご紹介したように、ユニクロの商品には時代を超えるクオリティがあります

なので、「自分がつくった服が古着屋に並んで欲しい」というファッションデザイナーの夢を叶えるには、ユニクロとコラボするのが一番確実なのかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました!