山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

木梨憲武さんと糸井重里さんに学ぶ「こなれた印象の自分らしい服装」。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ


 

・「オシャレ」をする目的

 











・好きなデザインの服を着るための「普通服」


ブログでシンプルでベーシックなアイテムを推しているせいで、僕はそんな服しか着ないというイメージを持っている人もいるみたいですが、全然そんなことありません。

自分の好きなデザインの服を違和感なく着るために長年試行錯誤を続けに続け、よくやく辿り着いたの方法が「普通服」を活用することです。

今も個性的な服は大好きです。例えば、先日大好きな古着屋さんのインスタで見つけて購入したコムデギャルソンオムプリュスの2000AW「ドッキング」期のシャツ。



過去のコムデギャルソンのコレクションのなかで最もお気に入りのシーズンです。




改めて見てみると、かなり個性的なデザインです。







20代のときにこれを着るとしたら、絶対に全身コムデギャルソンのコーディネートにしていたと思います。ですが、30歳を過ぎた頃から全身コムデギャルソンはちょっときついなーと思うようになりました。

また、前掲のツイートのように今の僕は自分の服装であまり目立ちたくありません。別に街を歩くだけならいいんですよ。特に東京なら別に全身コムデギャルソンでもそれほど目立たないでしょう。ですが、今の僕の生活の中心は子育て。全身コムデギャルソンで保育園の送迎なんかに行ってしまうと、悪目立ちしまくりだと思います。

かといってシンプルでベーシックな服装ばかりでも、ちょっと物足りなくなるときもあります。

そんなときに役立つのが「普通服」です。


男の普通服。

コムデギャルソンのような個性的なデザインのアイテムでもグンゼレギンスパンツやムーンスターのLOWBASKETなど、シンプルでベーシックなアイテムと合わせれば、アラフォーの僕でも違和感なく着られますし、どこに行っても悪目立ちすることはありません

yamadakoji.hateblo.jp

 

yamadakoji.hateblo.jp



また、個性的なデザインの服ってコーディネートが難しいんですよね。ですが、「普通服」ならどんなに個性的なデザインの服にも馴染みます

僕は木梨憲武さん糸井重里さんの服装が好きです。おふたりはコムデギャルソンなどの結構個性的なデザインのトップスを着ていることが多いのですが、ボトムスや靴はシンプルでベーシックなデザインのものがほとんどです


 


 


 


 

例えばひとつめの木梨さんの服装はかなり個性的に見えますが、個性的なデザインのアイテムはジャケットのみ。ベストも色は個性的ですが、デザインはベーシック。あとはどれもベーシックなデザインです。

おふたりの服装を見ていると、個性的なデザインのアイテムは少しだけにしておいて、あとはシンプルでベーシックなものにした方が、こなれた印象になって格好良いのではないかと思います。

現在好評連載中の「解服新書」も以上の考えがベースになっています。

yamadakoji.hateblo.jp


ユニフォームとのコーディネートを最優先にデザインされており、カジュアルファッションとは相性の悪いバスケットボールシューズも、他に着るアイテムをシンプルでベーシックなデザインのものすれば、誰にでも似合うコーディネートが簡単にできあがります。






つまり、「普通服」をベースにすればどこに行っても悪目立ちせず、自分が好きな、自分らしい服装ができるのです。

こんな単純なことに気付くのに、かなり長い年月と沢山のお金を要してしまいましたが、せっかくなのでできるだけ多くの人にシェアできたらいいなと思っています。

なんて最後までご覧いただきありがとうございました!