山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

ネット古着屋でお手頃価格。コムデギャルソンの個性的なオススメTシャツ集めました。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ



​​ こんにちは。自分が着たい・似合う服が簡単に選べる「ファッションのトリセツ」を製作中の 山田耕史​(@yamada0221)です。

友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。

<当ブログのオイシイところだけをまとめたサイト>

当ブログでオススメしている誰にでも似合い、いつまでも着られる「普通の服」をまとめたサイトです。とりあえずこれを選んでおけば、まず間違いはないというアイテムだけを厳選してご紹介しています。

<オススメ人気過去記事>




 

<ワークマン公式オンラインストアで連載が始まりました!>

プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ 山田耕史ファッションブログ|ワークマン 公式オンラインストア

・やっぱり大好き、コムデギャルソン!


定期的にご紹介している、オンラインブランド古着屋、ベクトルパークでの古着ディグ。



先日は田中啓一デザインのコムデギャルソンオムをご紹介しました。


【オール1万円以下】田中啓一(爆笑問題田中兄)デザインのコムデギャルソンオムをオンライン古着屋でディグ!|山田耕史のファッションブログ

この記事を書いていて、「ああ、やっぱり僕はコムデギャルソンが大好きなんだなぁ」ということを再認識しました。

デザインが個性的で面白いので、コムデギャルソンはこうやってオンラインでディグをしていても見ているだけで楽しいんですよね。

なのでまた、ベクトルパークでディグしたコムデギャルソンをご紹介します。今回は夏らしくTシャツです。デザインをカテゴリに分けてご紹介します。

​​  
​​ ​

・なんだかんだでやっぱり好き!ロゴTシャツ


初めて買ったコムデギャルソンのアイテムはロゴTシャツだった、という人は少なくないのではないでしょうか。

コムデギャルソンのロゴってとても良いデザインだと思うんですよね。



今はそれほどでもなくなっている感覚はありますが、僕がコムデギャルソンにドハマリしていた約20年前はロゴTシャツが大人気。僕のコムデギャルソンデビューは古着でしたが、初めて新品で買ったコムデギャルソンのアイテムはコムデギャルソンオムのロゴTシャツだったと思います。

今はそれほどでもない、と書きましたが今も思いっきりプレミア価格になっているのがシュプリームとのダブルネーム。まぁこれはオススメしませんね。
COMME des GARCONS SHIRT:88,000円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS SHIRT:43,848円(税込)|タップで商品ページへ|


コムデギャルソンのロゴTシャツといえば、この↓ように胸にブランドロゴが入るのが一番オーセンティックかつ、優れたデザインだなぁと個人的に思っています。これは田中オムですね。安いです。

COMME des GARCONS HOMME:3,862円(税込)|タップで商品ページへ|


こちらはパルファムという香水のラインのTシャツ。これ、懐かしいですねー。ちょっと欲しいですねぇ。格好良いです。

COMME des GARCONS PARFUMS:5,200円(税込)|タップで商品ページへ|


他にもベクトルパークではロゴTシャツが色々みつかりました。結構お安くなっているのもありますね。

COMME des GARCONS HOMME PLUS:9,400円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS CDG:10,000円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS EDITED:3,000円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS SHIRT:2,800円(税込)|タップで商品ページへ|


​​  
​​ ​

・コムデギャルソンのお家芸、パッチワーク


コムデギャルソンを代表するデザインのひとつがパッチワークです。1981年にコムデギャルソンがパリコレクションにデビューしたときに、その継ぎ接ぎだらけの服が欧米のジャーナリストに「原爆ルック」と呼ばれたこともありましたが、そのときからパッチワークはコムデギャルソンのお家芸です。様々なバリエーションがあるので見ているだけでも楽しいです。

COMME des GARCONS HOMME:7,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS HOMME:3,100円(税込)|タップで商品ページへ|


COMME des GARCONS HOMME:5,000円(税込)|タップで商品ページへ|
COMME des GARCONS HOMME:4,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS HOMME PLUS:3,800円(税込)|タップで商品ページへ|


​​  
​​ ​

・あと10歳若かったら着たかったブラック


お次に紹介するのはブラックコムデギャルソンというライン。他のラインよりも若干お安めで、僕は若い人向けラインという認識を持っています。若い人なので、デザインがかなりキャッチー。特にナイキとのコラボのはいい感じですよね。でもさすがに僕が着るにはキャッチー過ぎるかなぁと思って買ったことはありません。もし僕が10歳若かったら着たかったですね。
BLACK COMME des GARCONS:7,800円(税込)|タップで商品ページへ|

BLACK COMME des GARCONS:9,800円(税込)|タップで商品ページへ|

BLACK COMME des GARCONS:5,800円(税込)|タップで商品ページへ|

BLACK COMME des GARCONS:5,000円(税込)|タップで商品ページへ|

BLACK COMME des GARCONS:3,400円(税込)|タップで商品ページへ|

BLACK COMME des GARCONS:3,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS SHIRT:3,900円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS SHIRT:6,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS HOMME PLUS:3,200円(税込)|タップで商品ページへ|


​​  
​​ ​

・個性的なプリントTシャツの数々


他にもコムデギャルソンのプリントTシャツは他のブランドではなかなか見られない個性的なデザインのものが多数あります。Tシャツってプリントがかなり個性的でも、パンツと靴をシンプルなものにしておけばおかしくなることはないので、コムデギャルソンの入門アイテムにはぴったりだと思います。
eye JUNYA WATANABE MAN:3,800円(税込)|タップで商品ページへ|

eye JUNYA WATANABE MAN:3,600円(税込)|タップで商品ページへ|

eye JUNYA WATANABE MAN:9,800円(税込)|タップで商品ページへ|

eye JUNYA WATANABE MAN:9,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS SHIRT:5,292円(税込)|タップで商品ページへ|

JUNYA WATANABE MAN:2,900円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS THE BEATLES:9,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS SHIRT:6,000円(税込)|タップで商品ページへ|


​​  
​​ ​

・ちょっとオトナなひとひねりデザイン


コムデギャルソンといえば個性的な派手派手デザインをイメージする人が多いと思いますが、
大人の男性でも着られる、ちょっとした気の利いたデザインのアイテムも結構あるんです。が、今回のディグではあまり見つけられませんでした。ギャルソンはTシャツの生地も良いので、無地Tシャツもオススメです。
COMME des GARCONS HOMME:3,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS HOMME DEUX:6,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS SHIRT:5,800円(税込)|タップで商品ページへ|

COMME des GARCONS SHIRT:5,800円(税込)|タップで商品ページへ|

​​  
​​ ​

・コムデギャルソンディグの思い出


いかがだったでしょうか。僕がコムデギャルソンにハマっていた大学生のときは、大阪のアメリカ村や南船場などにデザイナーズを専門としたブランド古着屋がたくさんありました。

色々な場所に点在していたので、時間をかけて何店舗も歩いて周っていた思い出があります。

それが今は家にいながらインターネットで手軽にできるんですよね。便利になったもんです。ありがたいですね。



最後までご覧いただきありがとうございました!


 
友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。
ファッションに関する質問はPeingでお気軽にどうぞ。
ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
Instagramでは育児やロードバイクなど、プライベートネタが中心です。
不定期ですが育児ブログも書いています!




 
この記事を書いた人
山田耕史 

詳しいプロフィールはこちら​​

 
  ​ ​