山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

古着好きに朗報!楽天市場なら簡単に目当ての古着をディグれます。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

・紫の服が着たいんです


最近、紫が気になっています









紫は好きな色なんですが、ラベンダー色のシャツを1着持っているだけです。春に着るようなラベンダー色じゃなくて、濃い紫が着たいんですよね。


古着は大好きで毎日古着屋さんのブログをチェックしています。

yamadakoji.hateblo.jp


ですが、実際に古着屋さんに足を運んで目当ての商品をディグるとなると、相当な時間が必要ですよね。しかも紫のコーデュロイシャツなんてあまり売ってなさそうですし。

​​  
​​ ​

・実は使える、楽天市場


…と、このようなときに便利なECがあるんです。

それが、楽天市場。



意外ですけど(失礼)、楽天市場の検索機能が古着ディグにかなり使えるのです。

楽天市場のスマートフォンアプリで実際に検索してみましょう。まずは検索窓に「コーデュロイシャツ」と入力。「コーデュロイシャツ メンズ」を選択。



検索結果ページの右上に「詳細検索」があるのでこちらをタップします。



すると、ジャンルや価格帯などの絞り込みができるのですが、



そのなかに「コンディション」という選択肢があります。こちらをタップすると



「中古品」が選べるのです。



で、改めて検索結果を見てみると、古着が。



スクロールしても古着、



古着…と古着の商品ばかりが表示されるようになります。



また、絞り込み検索でサイズや



生地の種類、



袖の長さも選択できます。



​​  
​​ ​

・PCだと更に細かく絞り込み可能


と、これだけでもかなり便利ですが、PCのブラウザだともっと細かく絞り込みができます。先程と同じように「コーデュロイシャツ」で検索をかけました。左側で絞り込みができます。



スマートフォンアプリで選択だったコンディションやサイズなどに加え、ブラウザでは「カラー」も選択できるようになっています。(つか、なんでスマホアプリでは選択できないんでしょ?)



紫を選んでみました。



このなかで良さげなのはこれですかね…大阪の有名古着屋さん、JAMのオンラインストアですね。

 


商品ページにはサイズだけでなく、生産国やデザインの特徴も記載されています。



​​  
​​ ​

・ブランド古着も楽々ディグ!


楽天市場でディグれるのはレギュラー古着だけではありません。もちろんブランド古着もディグれます

例えば、以前ご紹介した90sアニエスベー。

yamadakoji.hateblo.jp


この記事を書いたあとに、ご紹介したアイテムがやっぱり欲しくなってベクトルパークを再訪したんですが、既に売り切れてて涙を飲んだんですよね…。





諦めきれなくてヤフオクやメルカリでも探しているんですが、ヤフオクメルカリは商品画像が素人のスマホ撮影で生地感などがわかりづらいですよね。

掲載されている情報量も少ないので例えばブルゾンなら綿ツイルなのかナイロンなのかスウェットなのかすらわからないものがあるし、出品者に詳細を質問したとしても素材の知識がある可能性は低いでしょうから、手を出しづらいんですよね。

楽天市場でアニエスベーを検索し、「中古品」で絞り込みをかけると、お手頃価格のアニエスベーが出てくる出てくる。






 



 



 



楽天市場なら生地感もわかる鮮明な画像
がほとんどなので安心して買い物ができます。

​​  
​​ ​

・オンライン古着は今後に期待!


今までファッションのオンラインストアは新品が中心でしたが、このように古着もどんどん探しやすくなってきているのが嬉しいですね。今までは街に出て古着屋さんを巡らなければなりませんでしたが(巡る楽しみもありますが)、こうやってスマホで隙間時間に古着をディグできるってのは本当便利な世の中になったと思います。

ですが、まだまだ商品数は少ないなーという感じなので今後も更にオンライン古着市場が活性化することを期待しています。

 最後までご覧いただきありがとうございました!