山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

「イケてない服」が「イケてない」理由をはっきり言います。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

・「イケてる/イケてない」の理由ははっきりさせてみる


先週書いたこちらの記事に対して、こんなご意見をいただきました。

www.yamadakoji.com

うーむ、なるほど…。
当ブログでは今まで意識して、特定の商品に対して「イケてる/イケてない」を明確にジャッジしないようにしてきました。その理由は「好みは人それぞれ」だからです。そしてもっと突き詰めて考えれば、僕個人としては「別にイケてなくても自分が好きならそれでいい」と思っているからです。
「イケてる/イケてない」の観点で言えば、今僕がハマっているB'zのTシャツなんかは完全にイケてない側ですしね笑

www.yamadakoji.comとはいえ、「イケてないのは嫌だ」という人も少なからずいらっしゃるでしょう。
ということで、今回はAmazonで販売しているビームスのシャツを例に、僕の「イケてる/イケてない」の判断基準をご紹介してみます。
わざわざお断りすることでもないかもしれませんが、今回ご紹介する「イケてる/イケてない」の判断基準は僕の個人的な好みによるものです。
僕は広末涼子さんが大好きですが、世間にはそうでない人もたくさんいるでしょう。それと同じように、「イケてる/イケてない」の判断基準は人それぞれ。全ての判断基準が正解です。
Happy 20th birthday―広末涼子写真集

…やっぱりヒロスエはイケてますね。

       

​​  
​​ ​

・過去に流行したが定番にはなっていないデザイン

僕は以前から「トレンドなんてどーでもいい」というような趣旨の発言を繰り返していますが、厳密に言うと、100%「どーでもいい」訳ではありません。
確かに、トレンドであることを理由に服を買うことはつまらないと思います。
ですが、トレンドが過ぎてマス化してしまった服は着たくありません
わかりやすいのが、先週の記事でも登場したこちらのシャツ。
BEAMS/トリコロール パラシュートボタン 7分袖 シャツ :¥ 6,350 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)

f:id:yamada0221:20190212150902j:plain
この商品のポイントになっているトリコロールのテープのディティールは約10年前のトレンドデザイン


当時、トムブラウンというデザイナーズブランドが大ブレイクし、そこから大流行したデザインです。

Thom Browne: ネイビー ハーフ & ハーフ カーディガン | SSENSE 日本
このデザインはマスのマスまで浸透し、しまむらなどの低価格ショップやキッズの商品にも取り入れられています。というか、マスまで浸透しきったのももう何年も前の、手垢がつきまくったデザインなのです。

f:id:yamada0221:20190212151119p:plain
トリコロールテープが大流行した後に流行したのがこちら。
BEAMS / パラシュートボタンシャツ :¥ 6,480 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)

f:id:yamada0221:20190212151026j:plain
パラシュートボタンです。こちらもトリコロールテープ同様、手垢がつきまくったデザイン。

この商品の部分配色デザインも、トリコロールテープやパラシュートボタンほどではありませんが、そこそこ流行したデザインです。
BEAMS/オックスフォード ショートスリーブ ボタンダウンシャツ :¥ 6,350 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)

f:id:yamada0221:20190212152033j:plain


こんな感じの、過去に流行したが定番にはなっていないデザインは、僕的には「イケてない」存在です。
ちなみに、トリコロールテープはトムブラウンのシグネチャー的なデザインで、トムブラウンは今もトリコロールテープを用いた商品を毎年発売していますが、僕はトムブラウンの商品は「イケてない」とはあまり感じません。それは先日の記事でご紹介したように、デザイナーズブランドの商品には確固たる世界観があるからです。

www.yamadakoji.com


​​  
​​ ​

・あまりに過剰なデザイン

また、過去に大流行したことがないデザインでも、あまりに過剰なデザインの商品も「イケてない」と感じます
例えばこんなの。着る人のキャラクターにもよりますが、多くの男性にとって総星柄のシャツ、しかも赤と青の派手なカラーは明らかにデザイン過剰だと思います。
BEAMS シャツ 長袖 カットジャカード :¥ 7,128 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)

もっとわかりやすいのがこの商品。アロハ柄のうえにドット柄がプリントされています。
BEAMS/NEW STANDARD ドット オーバープリント アロハシャツ :¥ 6,156 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)

f:id:yamada0221:20190212151419j:plain
デザイン過剰になってしまうのは柄だけではありません。こちらのシャツは、MA-1のようなリブが裾と袖口に付けられています。
BEAMS / 裾リブ タイプライターシャツ :¥ 5,940 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)

f:id:yamada0221:20190212151436j:plain

この裾リブデザインは、今大人気のデザイナーズブランド、sacaiのデザインから着想を得たのでしょう。

sacai: リブチェックシャツ 通販 セレクトショップ-Why are you here?
このような、売れ筋のブランドから着想を得ていることが透けてみえるような商品も、僕は「イケてない」と感じます。
こういった売れ線のデザインをなぞっただけの商品はそのデザインが大流行しなくても数年後にはかなり古臭く見えるようになると思います。
 

先日の記事で僕が「服の墓場」と表現した、リユースショップのセレクトショップコーナーにある数年前の服がまさにこれに当たります。
有名ショップのタグが付いているのに、信じられないくらい古臭いのです。

 

・僕が「イケてる」と思う判断基準は…

じゃあAmazonにあるビームスのシャツのなかで、僕が「イケてる」と思うのはどんな商品か。意外と数が少なかったのですが、これらは「イケてる」と思います。
BEAMS / ヘビーオックスフォード イージーフィット ボタンダウンシャツ :¥ 7,128 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)
f:id:yamada0221:20190212151551j:plain
BEAMS/シアサッカー 半袖 シャツ :¥ 4,860 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)
f:id:yamada0221:20190212151559j:plain
BEAMS/テトロン コットン ツイル ワークシャツ :¥ 4,914 (返品無料!)(記事執筆時の価格、返品条件です)

f:id:yamada0221:20190212151555j:plain

どれも表面的なデザインが施されていない商品ばかり。
つまり、僕がビームスのシャツのなかで「イケてる」と感じるのはシンプルでベーシックなデザインのアイテムです。

・行き着いた答えが「シンプルでベーシックな服」

以前も記事でご紹介しましたが、僕も以前は「トレンドだから」という理由で服を買っていたことがありました。

www.yamadakoji.com

ですが、トレンドという判断基準で買った服は次の年にはほとんど着なくなってしまいます。その次の年には、たいていの場合捨ててしまいます。その服の価値はトレンドだけで、トレンドが過ぎてしまうと価値はゼロになってしまいますから。
こういった自分の経験を基となって行き着いた答えが「シンプルでベーシックな服」です。僕と同じような無駄な経験をしてしまう人を少しでも減らすために、こんなまとめサイトもつくりました。

こちらのサイトを見ていただければわかりますが、「シンプルでベーシックな服」の多くはユニクロで手に入ります。ユニクロの商品は低価格なうえに充分満足できるクオリティなので、同じようシンプルでベーシックな服でも値段が数倍するセレクトショップオリジナルアイテムを買うことは、ほとんどなくなりました。

​​  
​​ ​

・「好き」=「イケてる」

かといって、僕は「シンプルでベーシックな服」ばかりを着ているわけではありません。昔から大好きなコムデギャルソンの服は今でもずっと着続けていますし、前述のB'zのような、人から見たら悪趣味と思われるかもしれないアイテムも着ています。実際先日買ったこのTシャツは、妻にはっきりとディスられました笑。
ですが、僕にはこのTシャツが「好き」だから、他人の判断基準なんてどうでもいいんです。
僕は「イケてる/イケてない」よりも「自分が好き/好きじゃない」という判断基準のほうが圧倒的に大事だと思っています。
トレンドというつまらない価値観に左右されず、自分の美意識に合った「好き」な服を着ることが一番「イケてる」はずです。

最後までご覧いただきありがとうございました!